男性の言葉に笑いをこらえた女性 「あえて笑ってあげて」「可愛い」の声も

grape


半径3メートルのカオス
日常の出来事や忘れられない人々との出会いを漫画にしている、カマタミワさん。

ある日、カマタさんは知り合いの男性と一緒に、酒を飲みに行ったそうです。

そこで男性のある発言がツボに入ってしまい、「笑いをこらえるのが大変だった」といいます。

どのような発言だったかというと…。

出典:半径3メートルのカオス

きっと男性は、六本木ヒルズ内の高級住宅に住む人を指す「ヒルズ族」といいたかったのでしょう。

しかし、「ヒルじゅじょく」と、ザ行をすべて噛んでしまったのでした。

確かに、声に出して「ヒルズ族」といおうとすると、少しいいにくさを感じます。もしかしたら、酒が入っている状態だと噛んでしまう人も多いかもしれません。

カマタさんのエピソードを読んで、このような声が上がっていました。

・声に出してみたら「ヒルじゅ族」になってしまった…。

・噛んだことに焦って、ますますいえなくなるパターンですね。

・そこは思い切り笑ってあげたほうがよかったかも。

・普段噛みそうにない人が噛むと、可愛く見えますよね。

予期せぬ時に噛んでしまうことは誰にでもあること。

ここまで間違えた時は、笑いをこらえるよりも、あえて笑ってあげたほうがいいかもしれませんね。


[文・構成/grape編集部]

当記事はgrapeの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ