「NGT48は超仲良し!」柏木由紀“事件”完全シカトのコメント大炎上!

まいじつ

2019/4/23 07:30

柏木由紀 
(C)まいじつ

4月21日、『NGT48』が専用劇場で現チーム体制での千秋楽公演を行い、昨年、暴行被害に遭い、運営側の対応を批判していた山口真帆が卒業を発表した。さらに事件前から山口と仲が良かった長谷川玲奈と菅原りこも卒業を発表し、ファンが想定し得る〝最悪〟の結果となってしまった。

チームGの公演に先立って、昼にはチームN3が千秋楽公演を行い、山口との確執が囁かれているメンバーも出演。しかし、事件に関して何も言及することなく、この日を最後に『AKB48』との兼任が解除となる柏木由紀に対して、チームメンバーたちは多くのねぎらいの言葉を添えた。

柏木は公演中のコメントで《正直辞めたくないなとは思いますけど、でも4年も居させてもらえてスゴく楽しかったです》と感謝を述べた。さらに、「NGT」の初期メンバーオーディションなど立ち上げから関わっていたこともあり、《ドラフトで潟姉(西潟茉莉奈)と由佳ちゃん(荻野由佳)を指名して、2人が新潟に来てくれて…》などと、事件の〝疑惑メンバー〟としてネット上でウワサされているメンバーへの思いも馳せた。

その後も、《1期生はオーディションから見ているので本当に同じメンバーっていう気持ちと親心だったりっていう気持ちもあった》と、メンバー間の絆の強さを強調。「NGT」メンバーの良いところについては、《1人のために、1人のうれしいことに全員で喜べて、1人がつらかったり1人が寂しいなと思ってるときに全員で声を上げて声を掛けれる》と、まるで事件のことなど全く知らないかのように語った。

揚げ句には、《(ファンがメンバーを支えていると)すごく感じていて、それはファンの皆さんの温かさでもあり、メンバーががんばってきた証しなのかなと思いながら、ファンの皆さんとメンバーの関係がすごく素敵だなと思っていました》とコメント。山口の事件によって、ファンとの過度なつながりが問題視されている現在の状況までをも完全に無視するという徹底ぶりを見せた。

炎上で事件を風化させない知略か?と勘ぐってしまう


この柏木の〝われ関せず〟を貫く姿勢に、世間からは憤怒の声が殺到。

《柏木由紀とは何だったのか。自分の保身ばかり》
《柏木のアホコメントどうにかしてくれん?》
《こんな突っ込まれると誰でも分かるようなことをナゼ言うのかね》
《柏木は、1人だけ事件がなかった世界線上で生きているのかな?》
《運営はもちろんクソだけど、柏木もヤバ過ぎる。 直の先輩が、その件をスルーしてるって見て見ぬふりしてるのはクソ野郎だわ》
《お前は、手越とのゴシップ載った黒い身だもんな!》

など、大炎上している。

「再起を期す運営に逆らってもいいことは何もない。柏木が意味不明なコメントをしたのは、そういうことでしょう。しかし、たとえそうだとしても、わざと〝あおる〟ようなコメントをしたのはどうかと…。事件には触れられずとも、せめて卒業するメンバーへ送る言葉があるのが普通だと思うのですが…」(芸能記者)

柏木は今年28歳になるアラサー。十分に思慮分別をわきまえることができる年齢のはずだ。きっと、何か深い深い考えがあるに違いない。

当記事はまいじつの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ