整形男子アレンもボロボロに!? セラミックやジルコニア、人工歯トラブルの実態をきぬた歯科解説


 歯みがき粉「アパガード」CMの「芸能人は歯が命」というキャッチコピーが、かつて大きな話題を呼んだことを覚えているだろうか。このCMは今から20年以上も前のものだが、「歯の印象が、人の見た目に大きな影響を与える」のは、いまや常識となっている。人から見られる職業である芸能人はもちろんのこと、一般人の中にも「見た目の美しい歯を手に入れたい」と、ホワイトニングに力を入れたり、歯列矯正をする人は多く、中には、健康な歯を削って、セラミックなどの人工歯を被せる人も珍しくなくなった。

しかしそんな中、「整形男子」としてメディアに登場するタレント・アレンが、ブログで人工歯のトラブルを告白。アレンは5年前、自身の歯16本を小さく削り、神経を抜き、そこにジルコニアと呼ばれる人工歯を被せたというが、「土台からジルコニアが揺れるようになった」とのこと。差し替えた際に、歯をより綺麗に見せるため、元の前歯を削って、ジルコニアを4mmほど内側に倒したといい、その負荷が原因なのではとつづっている。応急処置として、前歯のジルコニアの後ろ側を少し削ったものの、今度は顎関節症のような症状が出て、アゴには疲労感が、また頭と首にも痛みが走るようになり、「自殺したくなるほど」の心境にまで陥ったという。

アレンのこの告白は、人々に「健康な歯を削るリスク」について、あらためて知らしめることとなったが、果たしてこの事態を、歯科医はどう見るのか。今回、インパクトの強い看板でお馴染みの八王子きぬた歯科院長・きぬた泰和先生に取材を行うと、「アレンさんのトラブルは、実は日常的によくある話なんです」とのこと。歯の美しさを求める人にとっては他人事ではないこのトラブルを解説してもらった。

――アレンさんの人工歯トラブルですが、率直にどのような感想を抱かれましたか。

きぬた泰和先生(以下、きぬた) まず、アレンさんはブログで「神経を抜いた」と書いていましたが、神経を抜くと歯が弱くなるため、そもそも「神経を抜かなければよかったのではないか」という話なんです。しかし神経を抜くと、水や空気が当たって凍みることがなくなるので、歯をより多く切削できる面があります。元の歯を小さく削れば削るほど、人工歯の角度を自由自在にできる、つまり見た目の美しい歯にしやすいのです。これが彼を担当した歯科医の作戦だったのではないでしょうか。気持ちはわかります。

また、彼はジルコニアの人工歯ですが、セラミックの人工歯は、パウダーを焼き付けて重ねていくことで多層構造を作り、よりリアル感のある色にしていくものでして、その場合、元の歯は小さければ小さいほど、色合わせが自由自在となる。ただし、繰り返しますが、彼が被せたのはジルコニアであり、これはセラミックとは違ってパウダーを重ね合わせて色合いを調整する素材ではないんです。恐らく担当した歯科医が、セラミックと同じ要領で神経を抜いて、歯を小さく削ったのではないかと思われます。

――歯科医が、そんなミスをするものなんですか。

きぬた ミスかどうかはわかりませんが、サメの歯のように小さく削るのは、美容歯科系に多いですね。セラミックをきれいに作るための訓練をしているので、「ジルコニアを被せる」という認識がなく、自動的に歯を小さく削ってしまった可能性はあります。また、ジルコニアの歴史が浅いのも、セラミックと同じ要領で削ってしまったことに関係しているかもしれません。ジルコニアが歯科領域に登場したのは、ここ10年くらい。人工ダイアモンドと呼ばれるほど硬い素材で、当初は土台として使用されていました。神経を抜くと歯が弱くなるので、それを補強するために、歯の中に芯を入れて土台を作るんです。被せ物として使われるようになったのはまだ5年くらいで、彼が差し替えたのは、まさに「出始めの頃」だったのでしょう。

――被せ物としてのジルコニアの安全性は、まだ確立されていないんですね。

きぬた ジルコニアであれば、大きく切削する必要はないし、神経を残したままにしてもよかったかな? とは思います。それでも彼の場合、やはり歯の角度を変えるため、神経を抜いて元の歯を小さくしなければならなかったのかもしれません。ちょっとくらい角度を調整するのなら、神経を抜かなくてもよかったはずですが、彼は前歯を内側に4mm倒したと。これって、かなり思い切った数字で、僕がやるとしたら、MAXで1mm。普通は倒したとしても1mm以下です。あくまでも僕の基準ですが。

――アレンさんはそれが原因で前歯部分のジルコニアに負荷がかかり、「土台からジルコニアが揺れるようになった」と言っています。

きぬた 顎というのは上下、前後、左右と、あらゆる角度で自由自在に動くものですが、アレンさんはジルコニアに差し替えた際、前歯を内側に倒したため、上の前歯と下の前歯がクローズ状態となり、稼動域が限られてしまった。それでも、今まで通りに顎を動かそうとして、上の前歯と下の前歯がガンガンぶつかり、負荷がかかったというわけです。セラミックは、負荷がかかると割れて、それが「このままでは歯根に無理が生じますよ」という警告になるのですが、いかんせんジルコニアは強力に硬い。すると、歯根が衝撃を受け続ける状態になるのです。

――ジルコニアは無傷なのに、その中の歯根がダメになるのですか?

きぬた 車を例に説明しましょう。昔、車のボディーというのは硬かったのですが、最近は柔らかい材質になっています。というのも、車がぶつかった際、ボディーが硬いと、ボディー自体は平気なのですが、衝撃が中に乗っている人に伝わるのです。なので、死亡事故も多かった。一方、ボディーが柔らかいと、ボディー自体はグシャッと潰れるものの、そこで衝撃を吸収してくれるので、中の人への影響は少なくなります。ジルコニアに負荷を与え続けると歯根がダメになる原理と同じです。

――アレンさんは土台については言及していましたが、歯根に関しては特に何も言っていなかったので、歯根が折れるまではいっていなかったかもしれません。

きぬた 土台がそもそも「浅かった」ので、土台がグラついたという面もあるのではないでしょうか。実はこれ、不幸中の幸いなんです。土台が深かったらその衝撃がより歯根に響いて、折れていたと思いますよ。

――結局、アレンさんは、土台ごと抜けた上の歯の部分は、土台ごと作り直し、ジルコニアをスーパーボンドで固定したそうですが、それは正しい治療法と言えるのでしょうか。

きぬた アレンさんは、サメのようになった小さな歯が「ボロボロ崩れちゃって」と書いていたので、歯根状態になっているとみられます。そこに自分の歯と近い、けれど少しだけ内側に入れた土台を作り、そこに「仮歯」を被せて様子を見るのがいいと、僕は思いました。もしそれで調子が悪いならば、さらに土台と仮歯を調整していき、問題ないとなったら、正式な歯を取り付けるんです。歯根があるのだから、土台を何度も作り変えればいいのではないでしょうか。

また、彼は、前歯部分のジルコニアの裏側を少し削ってもらったとも書いていましたが、それは、上の前歯と下の前歯がクローズ状態となっている噛み合わせの当たりを、弱くするのが狙いでしょう。歯の動きに多少、遊びができるようにしたわけです。確かに急場をしのぐにはその方法しかありません。しかし、それは同時に奥歯への負担が大きくなることにもつながります。つまり、前歯に遊びができた分、ものを噛んだときに、奥歯だけしか上下の歯が噛み合わなくなり、異様な感覚が口内に広がっていると思いますよ。

――顎関節症の症状が出たり、頭や首に痛みが走るようになった原因は噛み合わせの変化なのでしょうか。

きぬた いえ、噛み合わせとの因果関係は証明しにくいですね。顎関節症は、メンタルの不調が原因だとも言われているので、恐らく噛み合わせが急激に変化したことにより、アレンさんの精神の均衡が崩れたのではないかと思われます。

――先生の話を聞いていると、安易に見た目のために健康な歯を削るべきではないと感じます。

きぬた そうですよね。でも、リスクを背負ったとしても、芸能人の方など「どうしても今、歯を綺麗にしなければいけない」という人はいると思います。じゃあ、どうするのか。僕だったら、神経を抜かないで、元の歯をサメの歯のように小さく削らないようにします。そして、ジルコニアではなくセラミックを使います。強度を不安視されるかもしれませんが、最近のセラミックは硬くなっていますし、その半面、先ほど言った通り、負荷がかかったときは、欠けることでちゃんと“警告”してくれるんです。そして、そのセラミックを「仮止め」します。今はいろいろな種類の接着剤があるので、仮止めといっても日常生活にはまったく問題はありません。また、自分の歯の表面に、0.5mmくらいの厚さでセラミックを貼り付ける「ラミネート」という方法もあります。それだけだと剥がれ落ちてしまうことがあるので、歯の裏側にも少しだけセラミックを引っ掛ける方法もあるんです。刺青と同じで、今はいいけどのちのち後悔することがあると思うので、このような“引き返せる”治療を選ぶのが大事なんですね。

――美容目的の治療で、健康な歯の神経を抜いたり、小さく削ることで、将来的に自分の歯がなくなってしまうのは怖いです。

きぬた 歯がなくなったり入れ歯になると、ものを噛んでも脳に刺激がいかず、認知症のリスクが上がるという話もあるので、確かに怖いですよね。ただ、インプラントにすればその心配はありません。インプラントは、口腔内の骨に人工の歯根を作り、その上に新しい歯を作るという方法で、もしアレンさんも歯根がダメになったら、最終的にはインプラントにすることになるでしょう。

最近では、それ以外に美容目的で「スピード矯正」を謳う歯科医院で治療を受ける女性もいますが、実際の矯正と違い、噛み合わせをあまり考慮せずに、綺麗に並んだセラミックを短期間で、ケースによっては 1日で被せてしまうため、以前からトラブルがささやかれています。その人それぞれのケースによるので一概には言えませんが、怖いですよね。そういった心配のない一般矯正や舌側矯正、最近ではマウスピース矯正が人気になっているようです。美容目的で歯科治療をする人は、そのリスクをしっかり考えた上で臨んでほしいと思います。

きぬた泰和(きぬた・やすかず)
日本歯科大学新潟生命歯学部卒。東京・八王子のきぬた歯科/インプラントセンター八王子院長。都内をはじめ神奈川、埼玉のあらゆる場所に設置される「看板」が話題に。好きな言葉は「すべての業には時がある」。
公式サイト

当記事はサイゾーウーマンの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ