川島海荷 25歳大人を実感、笑顔少ない写真集「それが成立したことがうれしかった」

dwango.jp news

2019/4/21 18:04


女優の川島海荷が『月刊川島海荷・元』(小学館)をリリース。発売記念イベントが都内で行われた。

写真集を手にした川島は、「今までの私のイメージと違った写真集が出来上がったと思います。皆さんの反応を見るのが楽しみです」と挨拶。タイトルに付いている「元」の意味について聞かれると「元号が変わるタイミングでもあるので、この「元」を提案していただいたんですよ。その「元」の意味は始まりでもあるので、それがしっくりしたので、このタイトルにしてみました」と説明した。



撮影エピソードについて聞かれた川島は、「使われていない古い洋館で撮影をしたんですけど、本当に天気がよい日で、自然光が差し込む中で撮影ができて、自分自身も心地よかったです」と話した。その中でも一番のお気に入りのカットは黒い布を身体にまとっている写真を選んだ川島。「二人掛けくらいのソファーに白いシーツを敷いての撮影で、このときにカメラマンさんが真上にきまして、ふたりっきりで撮影をしていたのでどんな写真になるか想像もつきませんでしたけど、まさかこんなキレイな写真を撮ってくれていたなんて思っていなくて、出来上がった写真を見てうれしかったです」と喜んだ。大人っぽいカットが多い同作だが、「普段はおしゃべりなんですけど、撮影のときは口数が少なかったような気がします。カメラマンが女性だったので抵抗もなくできたのかと思います」と振り返った。

撮影を終えて成長したところについて聞かれると「今までは笑顔が多い写真集などが多かったんですけど、今回は笑顔が少ない写真集になりまして、それが成立したことがうれしかったですね。これを見て25歳って大人なんだなと実感しました」とコメントした。

3月に2年半司会を務めていた朝の情報番組『ZIP!』(日本テレビ系)を卒業して、新生活のスタートとなったが、「朝の番組をやらせてもらっているときは、起きたら夜中みたいな感じだったんですよ。窓から朝日が差し込んでいることに感動しました。当時は3時半くらいが起床時間で、今は7時くらいに起きています。もう番組が半分以上は終わっている時間ですけどね。いまはゆっくりさせてもらっています。まだ番組を卒業したばかりなので、夜は早く眠くなってしまいますね。早寝の習慣は抜けなくなりました」と明かした。

番組を卒業して始めてことについて聞かれると「先週ですけど車の免許を取りました。これからドライブとか楽しみたいです。近場ですけど鎌倉あたりをドライブしたいです」と明かした。そのドライブに一緒に行きたい人について聞かれると「犬とか連れていってお散歩したいです。友達も乗せてみたいですけど、まだ人を乗せるのが心配なので、最初は親とかに乗ってもらおうかと思っています。私の思い描く優雅なドライブはまだまだ先のような気がします」と残念そうな表情を浮かべた。

今後チャレンジしてみたいことは、「地方にこもってドラマとか映画の撮影をやりたいですね。そういうお仕事をやってみたいです。地方での撮影は本当にチームワークが高まるので、すごく入り込んで撮影ができる気がするので、長期ロケをしたいです」と意気込んだ。

当記事はdwango.jp newsの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ