川島海荷、『ZIP!』卒業後も「早寝の習慣は抜けない」

クランクイン!

2019/4/21 15:25

女優の川島海荷が21日、都内で開催された写真集「月刊 川島海荷・元」発売記念イベントに出席。19日に発売された同写真集は、25歳になった川島の今後の女優業への新たな一歩を表現する一冊になっているが、「今までの私のイメージとは違った写真集が出来上がったので、皆さんの反応を見るのが楽しみです」と自信をのぞかせた。

【写真】写真集発売イベントを行った川島海荷&写真集厳選ショットも

写真集タイトルの『元』はスタッフに提案してもらったらしく、「元号が変わるタイミングなことと、漢字に“始まり”って意味があるみたいなので、ちょうどいいなと思いつけました」とニッコリ。撮影は昨年9月、10月に使われていない古い洋館で敢行。「本当に天気が良い日で、自然光が差し込む中で撮影できたので、心地よかったです」と言いつつも、「少し寒い時期で、薄手の生地が多かったのでちょっと鳥肌は立ちました」と苦笑いしながら振り返った。

カメラマンは作家性の強い野村佐紀子氏が担当。大人っぽい表情のカットが多いが、「女の人だからこそ自分も抵抗がなかったかも」といい、「笑顔が少ない写真集が成立していてうれしかったですね。これを見て25歳って大人なんだと実感しました」としみじみ。

お気に入りのカットは、白いシーツをかけた2人がけのソファで寝転んでる写真をあげ、「カメラマンさんが真上にきて、2人っきりで撮影していて。まさかこんなキレイな写真を撮ってくれているとは思わなくて。あそこでサラっと撮ったものが2ページで使われているのを見て驚きました」と理由を説明した。

3月に朝の顔をとして約2年半務めてきた『ZIP!』(日本テレビ)のレギュラーを卒業。当時は3時半に起きていそうで、「今は7時くらいに起きますが、夜はすごく眠くなってしまって。早寝の習慣は抜けないですね」とまだ新生活には慣れていない様子。

番組を卒業してから運転免許を取得したといい、「これからドライブを楽しみたい。鎌倉とか近場に、犬を連れていってお散歩したいです。友達も乗せたいけど、人乗せるのは不安なので、最初は親から。いずれしたいです」と宣言。さらに今後は、「地方でドラマや映画の長期ロケをやりたいですね。中でも時代もので、所作とかを習いたい。しなやかな女性に憧れます」と語っていた。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ