子供と旅行で行きたい観光スポット13選!家族旅行におすすめ!最新スポットも

じゃらんnews

2019/4/19 17:00




家族旅行なら、子供のワクワクを盛り上げる体験型の旅先がおすすめ!
2019年にオープンした新施設から、はずせないメジャーな定番スポットまで全国の子連れ旅行で行きたい観光スポットをご紹介します。

ぜひお子様に合ったプランを見つけてくださいね。

記事配信:じゃらんニュース
旭山動物園【北海道】
動物たちのありのままの生活や行動を間近で観察。1日では回りきれない広大な敷地に、ワクワクがいっぱい!
旭山動物園アザラシの視点からホッキョクグマを観察できるシールズアイ(カプセル)。
旭山動物園で人気の施設の一つ「ほっきょくぐま館」。運が良ければ、巨大プールで豪快に泳ぐホッキョクグマの姿も見られます。水の中で伸び伸びと動かす大きな手足、波打つ白い毛、間近で見ると大人も大興奮です。放飼場に設置されたシールズアイ(カプセル)から顔を出すと、クマさんと目が合っちゃうかも!?
旭山動物園アザラシの特徴的な泳ぎを観察できる大水槽とマリンウェイ。
「あざらし館」のマリンウェイ(円柱水槽)では、下から上にスイ~と泳いでいくアザラシの姿を楽しめます。人にも慣れていて、よく人間観察をしています。つぶらな瞳でじーっと見られたらたまりません。「もぐもぐタイム」も必見です。
旭山動物園360度見渡せる水中トンネルで“空飛ぶペンギン”を観察。
「ぺんぎん館」では4種類のペンギンが飼育されています。人気の水中トンネルからは、360度どこからでもペンギンが泳ぐ姿を観察することができます。ヨチヨチ歩いたり、プカプカ浮かんだりしている姿を想像していたらとんでもない!ものすごいスピードで泳ぎます。
旭山動物園カイウサギやモルモットと触れ合える「こども牧場」。
「こども牧場」では子供に人気のモフモフの動物たちがお出迎え。カイウサギとモルモットは毎日「ふれあい時間」が設定されています。とにかく敷地が広いので、入園時にお目当ての動物とのふれあい時間をチェックして計画的に行動しましょう。
ここにはイヌやネコも暮らしています。これは、ペットの飼育について考えてもらうための展示。ただかわいがるのではなく、人間と一緒に暮らす動物たちについて、家族で考える機会になるといいですね!
旭山動物園とにかく広い!北海道ならではのスケールの大きさに感動。
敷地面積は広いのに、動物との距離感はとても近い。行動展示にこだわった旭山動物園の醍醐味は、動物のありのままの姿見られること。考え尽くされた設備と、スタッフの細やかな気遣いに、大人も心から楽しむことができます。ぜひ、歩きやすい靴でお出かけしましょう。
旭山動物園
住所/北海道旭川市東旭川町倉沼
営業時間/4月下旬~10月中旬9:30~17:15 10月中旬~11月上旬9:30~16:30 (最終入園16:00)11月中旬~4月上旬10:30~15:30 (最終入園15:00)※詳しくは施設HPをご確認ください。
定休日/4月上旬~4月下旬、11月上旬~11月中旬、年末年始(12月30日~1月1日) ※休園日は施設HPをご確認ください。
アクセス/(電車)新千歳空港駅から札幌駅まで快速列車で約40分、札幌駅から旭川駅まで特急列車で約1時間30分 (高速バス)新千歳空港から旭川市まで直行の高速バスで約3時間 ※その他、レンタカー、路線バス、旭川空港からのアクセスなど詳しくは施設HPをご確認ください。
子供料金/無料(中学生以下)
大人料金/820円(高校生以上)
駐車場/無料駐車台数:約180台(正門)・約300台(東門)・近隣に有料駐車場あり
「旭山動物園」の詳細はこちら
小岩井農場まきば園【岩手県】
自然、動物、乗り物、手作り体験、おいしいご飯。なんでも揃って1日楽しい。
小岩井農場まきば園のびのび広場から岩手山を臨む。
小岩井農場は、1891年に創業した歴史ある農場。広大な敷地に美しい自然が広がっています。雄大な岩手山を眺めながら、思う存分走り回ったりのんびり過ごしたり、楽しみ方はいろいろ。
小岩井農場まきば園初心者でも安心な乗馬体験。
岩手山を眺めながら、乗馬も楽しめます。身長130cm未満のお子様はポニーで挑戦。スタッフが綱を引いてくれるので安心です。また、ミニチュアホースやウサギが見られる「ふれあいコーナー」もあります。
小岩井農場まきば園搾りたて生乳を使った濃厚ジェラート。
搾りたて生乳を使ったデザートは農場のお楽しみの一つですね。たくさん遊んだ後は、ぜひ濃厚ジェラートを味わってみてください。レストランでは農場産の食材を使用した本格的な食事も楽しめます。自然の恵みを自然の中で味わえる幸せを、家族で満喫してください。
小岩井農場まきば園水上ハムスター。
直径2mほどの透明のビニールボールの中に入って水上を走り回る水上ハムスター。立つことも走ることも難しく、ボールの中で大暴れする子供たちに見ている大人も大笑い!一度体験すると病みつきになること間違いなしです。
身長120cm以上なら、草原を転がるアルマジロボールも2名1組で楽しめます。普段は遊べない遊具にテンションも上がります。もちろん大人も楽しめます。
小岩井農場まきば園
住所/岩手県岩手郡雫石町丸谷地36-1
営業時間/9:00~17:00 (最終入場16:00)
定休日/年中無休(冬期・施設点検休業あり)
アクセス/車:東北自動車道盛岡ICより約15分 電車:JR盛岡駅から路線バスで約35分「小岩井農場まきば園」下車すぐ
子供料金/300円(5歳~小学生)
大人料金/800円(中学生以上)
駐車場/無料 1500台
「小岩井農場まきば園」の詳細はこちら
ツインリンクもてぎ【栃木県】
大自然の中で都会では体験できない遊びを満喫!
ツインリンクもてぎ森の中を駆け抜けるジップライン。
「ツインリンクもてぎ」は、広大な森を心ゆくまで楽しめる施設。森の中に作られたジップラインや、自然体験イベントなど、都会では体験できない遊びがたくさんあります。「森のジップラインムササビ」で空中散歩を楽しもう!
ツインリンクもてぎ39ヶ所のアスレチックポイントを制覇しよう。
場内には子供たちが安全に楽しく遊べるアトラクションがいっぱい。「森感覚アスレチック DOKIDOKI」には39ヶ所のアスレチックポイントがあり、小学1年生から大人まで家族みんなで楽しめます。
ツインリンクもてぎ「森のふしぎみっけ!」で森について身体で学ぼう。
森を散策しながら森にすむ生きもの不思議を見つける、クイズ型アトラクション「森のふしぎみっけ!」もおすすめ。水生生物研究室や哺乳類研究室に立ち寄って生き物について学べます。
ツインリンクもてぎモビパークには子供向けの乗り物がいっぱい。
モビパークでは子供もいろいろな乗り物にトライできます。「森の教習所」は交通ルールを学びながらゴールを目指すもの。5歳から一人で利用することができます。小学生ならレーシングカートやモトレーサーにもチャレンジできます。
ツインリンクもてぎ国内最大級の屋内ネットアスレチック「巨大ネットの森SUMIKA」。
2019年3月9日にオープンした日本最大の屋内ネットアスレチック「巨大ネットの森 SUMIKA」は、生きものの棲みかをテーマに、光と音で自然豊かな里山を再現。リアルな森の雰囲気の中で逃げて隠れて楽しめるアトラクションです。ぜひ親子で楽しんで!
ツインリンクもてぎ
住所/栃木県芳賀郡茂木町桧山120-1
営業時間/9:30~17:00 ※季節・曜日により異なる
定休日/なし ※施設メンテナンスによる休業あり
アクセス/(車)常磐自動車道 水戸ICより40分・北関東自動車道 真岡ICより50分 (電車・バス)JR宇都宮駅からバス90分 ※土日祝のみ運行
子供料金/(小学生)600円(3歳~未就学児)300円
大人料金/(中学生以上)1,200円
駐車場/あり 1日1000円
※レース、イベント時の入場料・駐車料は特別料金
「ツインリンクもてぎ」の詳細はこちら
ムーミンバレーパーク【埼玉県】
湖畔のほとりでムーミンの世界観を味わえる。子供も大人も楽しめる新スポット。
ムーミンバレーパークシンボルのムーミン屋敷がお出迎え:ムーミン谷エリア
埼玉県飯能市に2019年3月16日にオープンしたムーミンバレーパーク。一歩足を踏み入れれば、そこはまるで『ムーミン』の世界。パーク内には「ムーミン谷」「コケムス」「おさびし山」「はじまりの入り江」の4つのエリアがあり、それぞれのムーミンの物語を楽しむことができます。
ムーミンバレーパーク「ムーミン谷への不思議な旅(1977)」の挿絵が立体展示に:コケムスエリア
コケムスとはフィンランド語で「体験」の意味。ここではオリジナルバッジづくりなどのワークショップや、絵本をモチーフにした立体展示などが楽しめます。吹き抜けに広がる8mを超える世界最大のムーミン谷の巨大ジオラマも必見!
ムーミンバレーパークツリーハウス「ヘムレンさんの遊園地」:おさびし山エリア
「おさびし山」にはツリーハウスやアスレチックがあり、子供が思う存分遊ぶことができます。湖畔を望む景色も美しく癒されます。湖の上を約400mも滑空するジップラインもあります(身長120cm以上)。
ムーミンバレーパークおしゃれなカフェでパンケーキを:はじまりの入り江エリア
ムーミン谷のキャラクターも大好きなパンケーキが食べられるレストラン「Lettula (レットゥラ)」。テラス席もあり、湖を眺めながらひと休みできます。隅から隅までフォトジェニックなムーミンバレーパーク、ぜひご家族でお出かけください。
(C)Moomin Characters(TM)
ムーミンバレーパーク
住所/埼玉県飯能市宮沢327-6 メッツァ
営業時間/【平日】10:00~20:00【土・日・祝】10:00~20:00
定休日/不定休
アクセス/車:首都圏中央連絡自動車道狭山日高ICより15分 電車:西武鉄道 東飯能駅または飯能駅よりバスまたはタクシーで約10分(直行バスあり)
子供料金/1,000円(4歳以上小学生以下)
大人料金/1,500円(中学生以上)
駐車場/あり【平日】1,500円【土・日・祝】2,500円 ※前売りWEB予約の場合。当日WEB予約は空きがある場合のみ予約・購入可能。その際の料金は予約時間により異なります。※駐車料金は変動する可能性があります。
「ムーミンバレーパーク」の詳細はこちら
マザー牧場【千葉県】
かわいい動物とふれあえるだけじゃない!四季折々の花や味覚狩り、家族で楽しめることが盛りだくさん♪
マザー牧場広大な牧場で約150頭の羊が大行進。
千葉県富津市にあるマザー牧場は、広さ250万平方メートル、なんと東京ドームが約53個分!その広大な敷地で、たくさんの動物たちがのびのびと暮らしています。中でも約150頭の羊の群れが行進する風景は壮観。毎年春には何頭もの赤ちゃん羊が生まれ、その姿に大人も子供も癒されます。
マザー牧場めずらしい動物たちとふれあえる。ヤギの空中散歩もかわいい。
「ふれあい牧場」では、カピバラ、マーラ、リクガメなど、めずらしい動物たちと直にふれあうことができます。場内に組まれたアスレチックのような足場を器用に歩くヤギたちの姿は、房総の山々の背景と相まって、さながら空中散歩しているように見えます。
マザー牧場旬の味覚狩りもできる。量り売りもうれしい。
マザー牧場は動物だけではありません。春には「いちご狩り」や「フルーツトマト狩り」が楽しめます。量り売りなので焦らず好きな分だけ摘むことができます。摘みたてはベンチに腰掛けておやつに。
マザー牧場春には菜の花のじゅうたんが広がる、「花の大斜面・西」。
春になると、斜面にダイナミックに咲き誇る菜の花は、マザー牧場の風物詩の一つです。約1万5000平方メートルの山肌が350万本の菜の花で真っ黄色に染められた景色は感動もの!遠くに広がる雄大な山並みも美しく、実は都心から近くにいるのだということも忘れてしまいそう。
マザー牧場
住所/千葉県富津市田倉940-3
営業時間/【2~11月】平日9:30~16:30、土日祝9:00~17:00 【12~1月】平日10:00~16:00、土日祝9:30~16:00
定休日/12月と1月にあり
アクセス/(車)館山自動車道君津PA下りスマートICから約10分(電車)JR内房線「君津駅」から直通路線バスで30~40分
子供料金/(4歳~小学生)800円
大人料金/(中学生以上)1,500円
駐車場/普通乗用車900円
「マザー牧場」の詳細はこちら
長井海の手公園 ソレイユの丘【神奈川県】
乗り物、遊具、動物…広い公園に子供の大好きがいっぱい!
長井海の手公園 ソレイユの丘大人気の「芝そりゲレンデ」は見晴らしも最高。
長井海の手公園ソレイユの丘の芝そりは全長44m、幅約12m、最大斜度は18度もあり、スリル満点!頂上からの見晴らしも最高です。小学生からは大人の付き添いも不要で、滑って登ってのエンドレスループに覚悟して…!子供が滑ってくるのを観客席で見ていると、大人も滑りたくなっちゃうかも♪近くには無料で遊べる大きなアスレチックもあります。
長井海の手公園 ソレイユの丘みんな大好きゴーカート。
長井海の手公園ソレイユの丘のゴーカートは全長約800m。池の周りのコースが気持ちいい!身長140cm未満は大人の付き添いが必要です。親子で豪快にドライブを楽しんで。
長井海の手公園 ソレイユの丘おもしろ自転車、たくさんあって迷っちゃう。
おもしろ自転車コーナーは小さい子供から大人まで誰でも参加できます。一人乗りの自転車や家族で一緒に乗れるもの、どうやって漕ぐのか一瞬迷ってしまうヘンテコな自転車まで、いろいろ選べるのも楽しい。他にもミニショベルカーやボートなど、子供が好きな乗り物系アトラクションが数多くあります。
長井海の手公園 ソレイユの丘ふれあい動物村でかわいい動物たちに会える。
ふれあい動物村には、アルパカ、カピバラ、カンガルー、ウサギ、モルモットなど、珍しい動物から身近な動物まで、かわいい動物がいっぱい。100円で餌を買って与えることもできます。3歳から小学4年生までのお子様はポニー乗馬もおすすめ。バードショーでは、タカやミミズクなどの猛禽類の迫力あるフライトショーもあります。

広い敷地内には四季折々の花が咲き誇り、土日祝日には野菜の収穫体験もできます。ぜひご家族で出かけてみてくださいね。
長井海の手公園 ソレイユの丘
住所/神奈川県横須賀市長井4丁目地内
営業時間/9:00~18:00 ※冬季(12月~2月)は9:30~17:00
定休日/年中無休
アクセス/車: 三浦縦貫道路「林」出口を南へ約4km 電車・バス:京急線三崎口駅から京急バス「ソレイユの丘行」約15分
料金/入園無料(園内に有料の施設あり)
駐車場/あり 普通車(車高2.7メートル未満)1000円/回
「長井海の手公園 ソレイユの丘」の詳細はこちら
伊豆大島【東京都】
都心から1時間45分(最短)で出会える大自然。海も山も温泉も、家族で楽しめる東京都の楽園。
伊豆大島都心からのアクセスがいい伊豆大島は透明度の高い美しい海が魅力。
東京都に属している伊豆大島へは、高速船や飛行機で気軽にアクセスできます。黒潮の影響で暖かく過ごしやすいのどかな島。海開きの前には観光客も少ないので、波音を聴きながらのんびり過ごすのもいいものです。透明度が高いのでカラフルな熱帯魚が見えることも。子供たちは貝殻やシーガラスを集めるのも楽しいですね。
海のふるさと村キャンプ場海のふるさと村キャンプ場。
伊豆大島は海、山、森と豊かな自然に恵まれています。存分に味わうならキャンプもおすすめ。島の東海岸沿いにある「海のふるさと村キャンプ場」は施設も充実していて、初心者でも安心してキャンプが楽しめます。
朝日が海から昇ってくる景色や満点の星空、波の音、朝の小鳥のさえずりなど、大人もゆっくりと時間を感じることができます。
浜の湯温泉に浸かりながら伊豆半島に沈む夕日を眺める。浜の湯。
伊豆大島の玄関港・元町港にほど近い公共温泉露天風呂「浜の湯」からは、美しい海が一望できます。遠く広がる水平線はどこまでも青く、晴れていれば富士山も望めます。島から出て行く高速船が浮き上がる瞬間が見られるので乗り物好きの子供には楽しいかも!水着着用の混浴なので家族揃ってのんびりできます。
東京都立大島公園動物園島の動物園「東京都立大島公園動物園」。
東京都立大島公園の一部である動物園は、島の子供達にとってもお楽しみスポット。入園は無料。溶岩でできた伊豆大島の地形をそのまま生かした展示は都心の動物園とは一味違ったワイルドな印象です。モルモットとのふれあいや、一部の動物への餌やり体験も楽しめます。
伊豆大島・各施設
海のふるさと村キャンプ場
住所/東京都大島町泉津字原野2-1
営業時間/お申込・お問い合わせ受付8:30~17:00
定休日/なし
アクセス/元町港より車で30分
子供料金/セントラルロッジ1泊1人1,600円 デッキテントサイト1泊1人150円等利用設備により異なる。
大人料金/セントラルロッジ1泊1人2,000円 デッキテントサイト1泊1人300円等利用設備により異なる。
駐車場/無料
「海のふるさと村キャンプ場」の詳細はこちら
元町浜の湯
住所/東京都大島町元町字トンチ畑882
営業時間/13:00~19:00 (7月・8月は11:00~19:00)
定休日/なし
アクセス/元町港より車で3分
子供料金/150円
大人料金/300円
駐車場/無料
「元町浜の湯」の詳細はこちら
東京都大島公園動物園
住所/東京都大島町泉津字福重2
営業時間/8:30~17:00
定休日/なし
アクセス/到着港または空港より大島公園行バスにて終点下車、徒歩2分
子供料金/無料
大人料金/無料
駐車場/無料
「東京都大島公園動物園」の詳細はこちら
JMB富士見パノラマパラグライダースクール【長野県】
小学生から体験できる!パラグライダーで空を飛ぼう。
JMB富士見パノラマパラグライダースクールパラグライダー体験コースは小学生から参加できる。
冬はスキー場として賑わっている富士見パノラマリゾートですが、春にはパラグライダースクールが開講します。ここではなんと小学生からパラグライダーができるのです!空を飛ぶなんて夢のよう…。忘れられない思い出になること間違いなしです!
JMB富士見パノラマパラグライダースクール緩やかな斜面で子供でも安心。
パラグライダーには緩やかで適度な斜面が必要です。ここ、富士見パノラマは、冬に家族連れのスキー客が賑わうゲレンデ。パラグライダーにも最適な場所なのです。
JMB富士見パノラマパラグライダースクール親子でパラグライダーを楽しもう。
小学1年生から参加できるフライト体験では、受付のあと映像でパラグライダーの乗り方を確認します。イメージができたらヘルメットとプロテクターを装着し、いざフィールドへ!簡単な操作を習ったら風を待ちます。1m~2mほどの浮遊体験ですが、八ヶ岳の大絶景が目の前に。フライト体験はインストラクターの手の届く範囲で行うので安心です。
JMB富士見パノラマパラグライダースクール八ヶ岳の大絶景をバックに、大空へ。
富士見パノラマパラグライダースクールからは、南アルプスや八ヶ岳などの美しい山々が見渡せます。都心からのアクセスもよく、大人も子供も楽しめること間違いなし!
JMB富士見パノラマパラグライダースクール
住所/長野県諏訪郡富士見町富士見6666-703富士見パノラマリゾート内
営業時間/8:00~18:00(パラグライダー体験は4月中旬~)
定休日/不定休
アクセス/(車)中央自動車道諏訪南ICから車で約10分(新宿から約2時間)(電車)新宿駅から特急あずさ号で小淵沢駅まで約2時間、中央線で富士見駅下車富士見駅から送迎あり
子供料金/6,600円(半日体験)
大人料金/6,600円(半日体験)
駐車場/あり(無料)
「JMB富士見パノラマパラグライダースクール」の詳細はこちら
名古屋港水族館【愛知県】
シャチが間近で見られる!かわいいイルカやベルーガもお出迎え。
名古屋港水族館シャチの「リン」がお出迎え。
日本では2ヶ所でしか見られないシャチは、名古屋港水族館の見所のひとつでもあります。シャチプールにはシャチの家族が仲良く暮らしていますが、その水中での様子を目の前で見られます。人懐こく、お客さんの目の前にやってくることも。遊歩道から覗いてみることもできます。
名古屋港水族館ボールで遊ぶベルーガ。公開トレーニングも必見。
北極海周辺に生息するベルーガは、別名シロイルカとも呼ばれています。表情や仕草がとても愛くるしく、名古屋港水族館でも人気者!現在6頭のベルーガが仲良く暮らしています。公開トレーニングではその生態についてトレーナーから学ぶこともできます。
名古屋港水族館大迫力のイルカパフォーマンス。
イルカパフォーマンスが行われるメインプールは日本最大規模。正面のハイビジョン大型映像装置には、イルカたちの生態や自然界での様子が映し出され、とても見応えのあるパフォーマンスです。子供には縦4m×横29mの広いガラス面からのんびり泳ぐイルカたちを見られる水中観覧席がおすすめ。じゅうたん敷きになっているので腰を下ろしてゆっくりでき、大人にもうれしいですね。
名古屋港水族館ペンギンの中で世界最大のエンペラーペンギン。
名古屋港水族館には世界最大のペンギン、エンペラーペンギンがいます。大きいものだと体長100cm~130cmくらいになるというからビックリ!4種類のペンギンが集団生活している「ペンギン水槽」はいつも子供達で賑わっています。
名古屋港水族館愛知県周辺の磯の生き物を実際に触れるタッチタンク。
海の生き物を実際に触れるタッチタンクには、ヒトデやナマコなど、愛知県周辺の磯に生息する生き物が暮らしています。タッチタンクがある南館には、他にもトンネル水槽や黒潮大水槽など見応えのある展示があります。朝一番に入館したら、北館のイルカたちを見たい気持ちを少し押さえて南館へ。まだ人が少なく大きな水槽も独り占めできちゃうかも!
名古屋港水族館
住所/愛知県名古屋市港区港町1番3号
営業時間/通常9:30~17:30、冬期9:30~17:00、GW・夏休み9:30~20:00
定休日/月曜日(祝日の場合は翌日休)※GW・7~9月、冬・春休みは無休
アクセス/車:「港明IC」より道なり直進、築地・名古屋港方面へ約10分
電車: 名古屋市営地下鉄名港線「名古屋港」駅3番出口より徒歩5分
駐車場/あり(100円/30分、24時間以内上限1,000円)
子供料金/小中学生1,000円、4歳以上500円
大人料金/大人・高校生2,000円
「名古屋港水族館」の詳細はこちら
アドベンチャーワールド【和歌山県】
遊園地、動物園、水族館を一度に楽しめる!ジャイアントパンダの家族にも会える。
アドベンチャーワールドジャイアントパンダの親子。末っ子「彩浜(さいひん)」もデビュー。
アドベンチャーワールドのジャイアントパンダに新しい家族「彩浜(さいひん)」が加わりました。お母さんの「良浜(らうひん)」に甘える姿や、木登りに調整する様子にほっこり…。
アドベンチャーワールド「パンダラブ」では間近にジャイアントパンダを見られる。パンダツアーも人気。
アドベンチャーワールドのジャイアントパンダはガラス越しではなく、直接、しかも間近で見ることができます。ガラスがないので竹を食べている音も聞こえます。
アドベンチャーワールドキリンと同じ目の高さでおやつをあげられる。
アドベンチャーワールドにいるのはもっとも背の高い動物、アミメキリン。キリンテラスからはキリンと同じ目線でおやつをあげることができます。キリンの舌は何色?どうやって食べるのかな?家族で会話も弾みます。
アドベンチャーワールドマリンライブ「Smiles」 でのイルカたち。
アドベンチャーワールドに来たら、サファリワールドだけでなく、マリンワールドも外せない!マリンライブ「Smiles」では、音楽に合わせてイルカと人が共演。息のあったライブに歓声があがります。イルカの他にも、アシカやアザラシによるライブ「アニマルアクション」もおすすめ。ふれあいタイムが設定されているライブもあるので、念入りに計画を立てることをおすすめします。
アドベンチャーワールド
住所/和歌山県西牟婁郡白浜町堅田2399番地
営業時間/10:00~17:00(季節により変動あり)※詳しくは施設HPをご確認ください。
定休日/不定休※休園日は施設HPをご確認ください。
アクセス/(電車)JR京都駅より紀勢本線特急約2時間50分 JR新大阪より紀勢本線特急約2時間30分 JR天王寺駅より紀勢本線特急約2時間 JR名古屋駅より新幹線+紀勢特急約3時間50分(車)紀勢自動車道南紀白浜ICから約10分
子供料金/(4~11歳)入園券1DAY:2,500円 2日間入園券:3,900円 (12~17歳)入園券1DAY:3,500円 2日間入園券:5,800円
大人料金/入園券1DAY:4,500円 2日間入園券:7,900円
駐車場/5000台 1日1,200円(普通車)
「アドベンチャーワールド」の詳細はこちら
四万十川学遊館あきついお【高知県】
「四万十市トンボ自然公園」にあるトンボと魚の自然史博物館で、清流四万十川に触れよう。
四万十川学遊館 あきついお美しい自然に集まるたくさんのトンボ。珍しい種類も見られる。
日本最後の清流として有名な四万十川には、その美しい自然を満喫できる体験スポットがたくさんあります。子供と行くならぜひここでしか味わえない体験を。ご紹介する「トンボ王国」は、世界初のトンボ保護区。トンボやその他四万十川に生息する生物について学べるのが「四万十川学遊館あきついお」です。
四万十川学遊館 あきついお豊かな自然に生物もいっぱい。※保護区では動植物の採取は禁止されています。
トンボ王国では1年通して60種類以上のトンボを見ることができます。その数は日本で最多。また、水辺の生物や四季折々の草花も観察でき、のどかな風景は大人にとってはどこか懐かしく、子供にとっても都会では味わえない田舎遊びに心が躍ります。※公園は保護区の為、動植物の採取は禁止となっています。学校の体験学習やイベントの時のみ採取することがあります。
四万十川学遊館 あきついお四万十川学遊館あきついお「とんぼ館」。
「とんぼ館」には、世界のトンボ標本が約1000種3000点展示されており、単一施設の常設展示としては日本一を誇っています。日本のトンボに関してはほぼ全種の200種の標本が並び、昆虫好きにはたまらない空間です。
四万十川学遊館 あきついお四万十川学遊館あきついお「さかな館」。
「さかな館」には四万十川に生息する魚類を中心に、世界中の淡水・汽水魚約300種が飼育・展示されています。一度にこれだけの種類の魚が見られるところは他にありません。図鑑で見るのとは違うリアルな色彩や動きを観察しましょう。
四万十川学遊館 あきついお家族で楽しめる体験メニューもたくさん。自然の中で遊ぶ贅沢を味わって。
四万十川学遊館では、世界最大の淡水魚ピラルクのエサやり体験、ビーズで作るトンボの携帯ストラップ作り体験、メダカすくいなど、家族で楽しめる体験メニューも数多くあります。
四万十川学遊館 あきついお
住所/高知県四万十市具同8055-5
営業時間/9:00~17:00
定休日/月曜日(月曜が祝祭日の場合は翌日)
アクセス/(車)高知自動車道四万十中央ICから車で約70分 (電車)土佐くろしお鉄道中村駅から車で約10分
子供料金/(中高生)430円(4歳~小学生)320円
大人料金/860円
駐車場/無料
「四万十川学遊館 あきついお」の詳細はこちら
九十九島パールシーリゾート(九十九島水族館海きらら・九十九島遊覧船)【長崎県】
長崎のきれいな海を思い切り楽しめる!たくさんの島の間を海賊気分でいざ出航!
九十九島パールシーリゾート208もの島々が集まる九十九島。遊覧船で自然を満喫。
長崎・佐世保湾から北へ、平戸までの約25kmの海域にある九十九島には、実に208もの島々が密集しています。そのほとんどが無人島で、自然のままの姿はどこか謎めいた印象…。そんな九十九島を存分に味わえるのが、「九十九島パールシーリゾート」です。
九十九島海賊遊覧船みらい九十九島海賊遊覧船みらいは子ども達に大人気。
九十九島遊覧船では、九十九島の絶景を存分に楽しむことができます。特に海賊ハットをモチーフにした九十九島海賊遊覧船みらいは、子ども達に大人気!
現在は船内で体験型謎解きクルーズ「海賊船みらいの謎2~呪われたクック船長を救え~」を開催しています※2019年3月23日~5月6日。船内に隠された謎を解き明かし、クック船長を救うことができるでしょうか!?ぜひ家族で謎解きに挑戦してみてください。
九十九島湾大水槽九十九島湾の環境を再現した「九十九島湾大水槽」。
九十九島水族館「海きらら」は、国内でも珍しい屋外型の水槽「九十九島湾大水槽」や映像と癒しの音楽の中、水槽で泳ぐクラゲを楽しめる「クラゲシンフォニードーム」など見どころがたくさん。
魚が餌を食べる様子を観察する「パクパクウォッチング」やアコヤ貝から真珠を取り出す「真珠の玉出し体験」など家族で楽しめる体験プログラムも充実しています。
現在、特別展コーナーでは、春の特別展「見つけた!かくれんぼ生きもの展」を開催中 ※2019年3月16日~5月12日。世界中のかくれ上手な生きものが大集合します。期間中は餌やり解説プログラムも実施し、普段隠れている生きものたちがどのようにエサを食べるのか観察することができます。
九十九島パールシーリゾートシーカヤックで海面すれすれの大冒険。
4月~10月にはマリーナ内でシーカヤックも楽しめます。穏やかな海なので初心者でも安心。4歳から体験可能なので親子でぜひ参加してみてください。
九十九島パールシーリゾート(九十九島水族館海きらら・九十九島遊覧船)
住所/長崎県佐世保市鹿子前町1008番地
営業時間/【九十九島水族館海きらら】9:00~18:00(最終入館17:30)【九十九島遊覧船】/出航予定時刻〈九十九島海賊遊覧船みらい〉10:30頃、11:30頃、13:30頃、14:30頃※臨時便、増便あり
定休日/なし
アクセス/(電車)西九州自動車道佐世保中央ICより約7分 (バス)佐世保駅から路線バス パールシーリゾート・九十九島水族館行き約25分(快速18分)
子供料金/(4歳~中学生)【九十九島水族館海きらら】720円【九十九島遊覧船】700円
大人料金/(高校生以上)【九十九島水族館海きらら】1,440円【九十九島遊覧船】1,400円
駐車場/あり ※30分まで無料、30分~4時間200円、以降、規定時間帯ごとに別途加算されます。
「九十九島パールシーリゾート(九十九島水族館海きらら・九十九島遊覧船)」の詳細はこちら
沖縄美ら海水族館/国営沖縄記念公園(海洋博公園)【沖縄県】
ジンベエザメに会いに行こう♪ここはまるで沖縄の美しい海の中!
沖縄美ら海水族館「黒潮の海」で悠々と泳ぐジンベエザメやマンタ。
巨大なアクリルパネルでできた大水槽「黒潮の海」の前に立つと、まるで沖縄の美しい海の中に入ってしまったような錯覚に!目の前を悠々と泳ぐジンベエザメやマンタの姿に、大人も子供も感激します。15時と17時に開催されるジンベエザメの給餌解説は必見!ダイナミックなお食事光景に歓声が上がります。「カフェオーシャンブルー」では「黒潮の海」に泳ぐ魚たちを見ながら食事が楽しめます。
沖縄美ら海水族館沖縄の海に生息するカラフルな熱帯魚。
沖縄のサンゴ礁域を再現した「熱帯魚の海」水槽。カラフルな熱帯魚が楽しそうに泳ぎまわり、時が経つのを忘れるほどの美しい光景です。子供たちに人気なのはやはりカクレクマノミ!?「サンゴ礁への旅 個水槽」ではチンアナゴもお出迎え!
沖縄美ら海水族館イノーの生き物たちに触れるタッチプール。
「イノー」とは「サンゴ礁に囲まれた浅い海」という意味の沖縄の方言。水族館に入ってすぐにある「イノーの生き物たち」では、生きているヒトデやナマコに触れることができます。プールの高さは子供の身長に合わせて作られています。触り心地はどんなかな?
国営沖縄記念公園(海洋博公園):オキちゃん劇場青い海をバックに繰り広げられるダイナミックなイルカショー。/国営沖縄記念公園(海洋博公園):オキちゃん劇場
沖縄の海をバックに繰り広げられるイルカたちのダイナミックなショーは見所のひとつ。目の前で回転ジャンプしたり尾ビレを振ったり歌ったり、観客の歓声に応えます。「美ら海水族館」についたら、まず、「オキちゃん劇場」でのイルカショーの時間をチェックしてくださいね。
国営沖縄記念公園(海洋博公園):沖縄美ら海水族館息を飲むほどの美しさ。海洋博公園と沖縄美ら海水族館。/国営沖縄記念公園(海洋博公園):沖縄美ら海水族館
国営沖縄記念公園(海洋博公園)には、「沖縄美ら海水族館」、イルカショーが楽しめる「オキちゃん劇場」の他にも、真っ白な砂浜「エメラルドビーチ」、子供に人気の「ちびっことりで」など、たくさんの施設があり、1日では物足りないほど。ぜひ家族で満喫してください。
国営沖縄記念公園(海洋博公園)
住所/沖縄県国頭郡本部町字石川424番地
営業時間/
(3月~9月)8:00~19:30(施設は8:30~19:00、入館締切18:30)
(10月~2月)8:00~18:00(施設は8:30~17:30、入館締切17:00)
定休日/毎年12月第1水曜日とその翌日
アクセス/
「許田IC」で降り、海沿いの国道58号線~449号線を通過し、県道114号線へ
※那覇空港より直行バスあり
駐車場/全9ヶ所(無料)
子供料金/入園無料
大人料金/入園無料
※一部有料施設あり
「国営沖縄記念公園(海洋博公園)」の詳細はこちら
沖縄美ら海水族館
住所/沖縄県国頭郡本部町字石川424番地(海洋博公園内)
営業時間/
(3月~9月)8:30~20:00(入館締切19:00)
(10月~2月)8:30~18:30(入館締切17:30)
定休日/毎年12月第1水曜日とその翌日
アクセス・駐車場/国営沖縄記念公園(海洋博公園)と同じ
子供料金/高校生 1,230円、小・中学生 610円、6歳未満 無料
大人料金/1,850円
※4時からチケット、団体割引、年間パスポートあり
「沖縄美ら海水族館」の詳細はこちら

※掲載の価格は全て税込価格です。

※この記事は2019年4月時点での情報です
※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください

当記事はじゃらんnewsの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ