マツコ“失言”に持論「ネットメディアとかでは望まれてる発言」

※画像は、マツコデラックス — ナチュラルエイト より

4月15日放送の『5時に夢中!』(TOKYO MX)では、コラムニストのマツコ・デラックスが、数々の失言によりオリンピック・パラリンピック担当大臣を事実上更迭となった桜田義孝氏の話題から“失言”に対する持論を述べた。

マツコ「5時に夢中!」で飲み込んだ言葉は「無い」

番組では「復興よりも議員が大事!」という意味の発言でオリンピック担当大臣を事実上更迭となった桜田義孝氏の“失言辞任問題”について触れた。

この流れで失言について尋ねられたマツコは「今、難しいよね。線引きが」と眉間にしわをよせると「“ちょっと失言”ぐらいなことがいわゆるネットメディアとかでは“望まれてる発言”じゃない」とし「むしろ失言してないのに“失言した風”とかに見出し付けるじゃない。あの人たちは」と指摘した。

続けて「だからもうさあ、言ってないのに失言みたいにされることとかがあったり、あと言ってることとまったく真意が伝わらない全然“逆の意味”とかに取られちゃうような見出しを付けられたりとかっていうのもあるから。自分がしてないのに失言にされちゃったり、逆に言った後“これはヤバかったかな?”と思うことが、もうネットでも世間でも何の話題にもならなかったりとか。だからもう分かんない!」と、メディアによる報じ方によるので自身の発言が失言かどうか判断できないというマツコ。

この意見を聞いたMCのふかわりょうが「飲み込む言葉とかはありますか?」と突っ込んで聞くと、マツコは「うーん。この番組では飲み込んだこと無いかな」と答える。すると株式トレーダーの若林史江が「ウソ……。わたし昔、太川P(元番組プロデューサー)に放送禁止用語集をもらいましたよ。『史江ちゃん!これを読みなさい』って」と明かし、これにスタッフらが爆笑。

得意げに話す若林に向かってマツコは「それは飲み込むとか飲み込まないのレベルじゃないから!」とツッコミを入れ、ふかわも「あともう一つ言うと、失言はそれ(放送禁止用語)だけじゃないですから」と注意しスタジオが大爆笑となった。

(めるも編集部)

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ