大人ヘアは前髪が重要!40代からの前髪カタログ5選

OTONA SALONE

2019/4/18 20:30



前髪が決まらないと1日憂鬱なんてことも多いですよね。

やはり前髪は女性にとって、命と言っていいほどの存在ではないでしょうか!

40代になると、前髪を作るか・作らないかで悩むと思いますが、どちらも大人ヘアにぴったりのメリットあるんです。

前髪なし&ありのスタイルをご紹介していきます!

前髪なしの人は……

8:2分けの流し前髪で小顔見せ


表面に入れたレイヤーと前髪がつながるようにカット。前髪だけが独立せず、自然な流れができる。前髪は根元を立ち上げてふわっとさせるのがポイント。担当/加藤貴大さん(Ramie)

女っぽさをアピールしたい、ちょっとカッコよく見られたい、顔をシャープに見せたい人におすすめなのが、長め前髪を8:2くらいで分ける方法。

篠原涼子さんや井川遥さんのような華やかでカッコいいスタイル。まさに大人の女性といった色っぽさを感じるかき上げ風前髪です。

写真のスタイルはあごのラインで前髪をカットし、流しやすいようにレイヤー(段)を入れています。

ポイントはこめかみから頬骨にかかる毛束。こめかみを隠すことで顔の面積が狭くなり、顔が小さくなったように見えるのです。丸顔だから前髪なしは無理!というのは思い込みで、サイドに流すことで顔が縦長に見えて卵型に補整され、ぽてっとしたフェイスラインも気にならなくなります。

顔を覆うようにしてしまうともっさりと暗い印象になるので、外方向に流すのがポイントです。

前髪なしはこめかみと頬骨を隠すのが決め手


リップラインくらいでカットした長めの前髪を7:3くらいで分け、外へ流したスタイル。毛先を外ハネにして頬骨にかけるのがポイント。


ボブやミディアムヘアでも前髪なしなら女性らしさが際立ちます。

分け目はセンターでもサイドでもふわっと外方向に流すことで、フェイスラインをほどよく削ることができ、顔がキュッと小さく見えます。また、おでこが出ることで顔が明るく見える効果も。

髪のボリュームも減ってくる年代なので、ふわっとしたボリュームを前髪からサイドにつけることで若々しく見えます。頬もこけてきますから、シャープにおろすよりも“ふんわり感”がこれからは大切になってくるのです。

>>チェック!→「顔のたるみ」をカバー!女っぷりも上がる40代の前髪とは( https://otonasalone.jp/36396/ )

前髪ありの人は……

目ラインギリギリのおろし前髪で目力強化


パツンとならないよう、毛先に細かいカットが施されています。自然と流れやすいようになっているので、スタイリングも楽。 担当/NAOMIさん

定番のフルバング(おろし前髪)は年代問わず、目力を高めてくれます。注意したいのが、厚みや毛先の動き。

ティーンや20代のように厚みをもたせ、毛先をパツンとそろえるほうが目元の印象は強まりますが、40代がやるとイタイ印象になりがち。

逆にスカスカだと貧相に見えるので、適度な厚みは残しつつすき間を少しあけて流すと若々しい印象に。

眉が隠れるくらいから目の上のフレームまでのあいだがバランスのよい長さ。目のフレームぎりぎりに設定するとより目力効果が高まります。まぶたのたるみが隠せるだけでなく、まつ毛と前髪がつながったように見えてパッチリ度がアップ。サイドへつながる部分はこめかみを隠すようにすると、顔の面積がキュッと狭まり小顔効果も得られます。

前髪をおろすことでおでこのシワが隠せるので、40代でも前髪ありのスタイルはオーダー率が高いそう。

三角ゾーンをつくって目力を高める


二等辺三角形を意識してスペースをあける。

現状、前髪がある人ならすぐできる方法がコレ。片側の黒目上に三角のすき間をあけることで目元の印象が強まります。左右の目の大きさって微妙に違うので、大きい方の上をあけるのがポイントです。

顔が丸い、フェイスラインがたるんできているという人も縦の印象が強まるのでシュッとした印象に。目の上の抜け感がカギ!

サイドのこめかみを隠す毛束はここでも必須です。顔が大きく見えると目が小さくなったような錯覚に陥るので、できるだけ顔を小さく見せることも目力アップには大切なんです。

トレンドの眉上前髪でリフトアップ


個性的になりすぎないよう、表面にレイヤーを入れてふんわり感を出した大人可愛スタイル。 担当/山内大成さん

オン・ザ・眉毛の前髪なんて無理! 若づくりでしょ?と思いがちですが、ヘア&メイクさんや美容師さんから「40代のほうが似合うし、顔型をカバーしやすいんですよ」とよく聞きます。

石田ゆり子さんも少し短くカットされていますよね。がっつりと短くするのは抵抗があると思いますし、職場で浮いてしまいそうという不安もあるので40代におすすめなのは眉上1cmくらいの短さ。

視線が上にあがるので、たるみも気にならなくなります。また、顔が明るく見えるのでど肌色もトーンアップしたようになるんです。

定番のおろし前髪と同様、毛先をパツンとそろえてしまうと若づくりになりがち。お顔によってはモード感が強くなってしまうこともあるので、ほんの少しすき間をあけて流すのがおすすめです。

どのスタイルにもいえることですが、40代はペタッとさせるよりも「ふんわり感」を意識すると、華やかで若々しい雰囲気になります。

顔が大きさが目立つから短くするのは無理と私も思っていましたが、「丸顔の人こそ短めにトライしてほしい」と山内さん。顔の縦幅が長く見えることで、丸みが気にならなくなるそう。

>>チェック!→前髪セットで目元を明るく魅力的に。40代に似合う前髪セット術3つ( https://otonasalone.jp/36987/ )

当記事はOTONA SALONEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ