“令和”初のGWはどう過ごす? 旅行しない家族が多数!?

Entame Plex

2019/4/18 17:36



日本トイザらス株式会社は、 2019年3月26日~28日の期間において、全国の6歳以下の子どもを持つ男女500名を対象に「令和初のGWの家族の過ごし方」に関するアンケート調査を実施。このたび、その結果が発表されました。

まず、GWに家族旅行する頻度について聞いてみると、半数近くが「ほとんどしない・したことがない」(47.4%)と回答。「したことがある」(52.6%)という回答の内訳は「毎年」(25.0%)、「2~3年に1回」(23.6%)、「4~5年に1回」(4.0%)という結果に。

次に、「旅行することの多い連休」について調査してみると、最も多かったのは「通常の3連休」(39.0%)。続いて「GW」(38.8%)、「お盆」(34.6%)という結果となりました。「通常の3連休」を選ぶ理由としては、「(GW・お盆・年末年始よりは)交通費が安いから」(17.4%)いう意見も。混雑シーズンを避けることで移動費用を抑え、かしこく旅行プランを立てている家族もいることがうかがえます。「GW」「お盆」を選ぶ理由としては、「家族の休みが合うから」(GW:86.1%/お盆:88.4%)という回答が多い結果となりました。

また「その他」の中には、子どもの夏休みや春休みに合わせて旅行するという意見も。働き方改革の影響で、平日に休みを取りやすい職場が増えているのかもしれません。



今年のGWの過ごし方について調査すると、「遠方へ旅行する」(31.2%)と回答した人は3割程度にとどまりました。GWに旅行する頻度について「毎年旅行に行く人」が25%だったことを考えると、今年は旅行に行く家族がやや増えていることがうかがえます。一方で「遠方へ旅行しない・わからない」(68.8%)と回答した人は約7割と、実はGWに“旅行しない派”が主流だということが見て取れます。

続いて、「遠方へ旅行しない・わからない」(68.8%)と回答した人を対象に、「近場に出掛ける予定はあるか」という質問で調査してみると、半数近くが「ある」(45.3%)と回答。



近場で出掛ける場所の中で、最も人気だったのは「ショッピングセンター」(70.5%)、続いて「公園」(60.3%)と、普段の休日と大きく変わらない場所が上位を占めました。多くの人は10連休も普段の休日と同様の過ごし方をする予定であることがうかがえます。



次に、「公園」と回答した人にフォーカスを当て、具体的な過ごし方を調査してみると、「遊具で遊ぶ」(86.2%)、「砂場遊び」(42.6%)、「ピクニック」(38.3%)と定番の過ごし方が上位を占めました。4位には「自転車の練習」(19.1%)がランクイン。自転車以外にも、「三輪車や足けり自転車の練習」(12.8%)という回答も見られ、幼児向けの乗り物の練習に励む家族が一定数いることが分かります。長い連休には集中的に練習できるので、子どもが乗り方をマスターするのには最適な時期なのかもしれません。



では、子どもが何歳くらいの頃から子ども用自転車を持ち始めるのか。「子ども用の自転車を持っているか」という質問には、6割以上が「持っている」(60.8%)と回答。

次に、年齢別で見ると3~6歳の所有率の平均は、0~2歳に比べて34.5ポイント高い結果となりました。さらに「自転車を持っている」割合は、3歳の62.5%から4歳の83.1%にかけて一気に割合が増えています。初めての自転車を購入する“自転車デビュー”の年齢は、3~4歳頃が多いことが予測できます。

本調査では、10連休の“令和初”となるGWを、いつもの休日の延長として過ごす家族が多いことが明らかに。そんないつもの休日にワンアクセントを加えるのが、これまで出来なかったことへのチャレンジ。「公園」の過ごし方の回答で見られたように、子どもの乗り物の練習はGWのアクティビティとして最適なのかも!?



今回のアンケート結果を発表したトイザらスではそんな家族のチャレンジを支えるべく、4月19日(金)より、自転車&ウィールグッズ特集フェアを実施。5月6日(月・祝)までの期間、自転車、三輪車、トレーニングバイク、キックボード、スケートなどの乗り物グッズ約100点が期間限定特価で販売されるので、要チェックです。

当記事はEntame Plexの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ