「ほぼ日」による「生活のたのしみ展」にHISTORIE soil art jewelryが初参加

NeoL

2019/4/17 12:00



「生活のたのしみ展」は、さまざまなアーティスト、目利き、ブランド、ショップ、企業などのかたがたと「ほぼ日」が一緒につくる、お買い物を中心としたイベント。その生活のたのしみ展に、セラミックジュエリーブランドのHISTORIE soil art jewelryが初参加。「東京と世界」をテーマに世界のわくわくするものを集めた今回のイベントのなかで、東京を中心に活躍するアーティストが参加するTOKIAガレリア会場内のリトルジュエリーパーティーブースに出店する。白土、黒土、半磁土など様々な陶土を組み合わせた定番人気のシリーズから、ネックレス、リング、ピアスやイアリングを出品。また、新作はNew Mexicoを愛したアーティスト、ジョージア・オキーフの描く大地の色をモチーフに陶土から制作したO’Keeffe Pinkシリーズのアイテム。明るいピンク色の柔らかさと、土の素材感を残した作品だ。

36B7AE9E-E5FD-4BF4-B42C-A3AB4210F3F7

IMG_3591

SHOPPER_1

第4回 生活のたのしみ展 | 東京・丸の内開催テーマ:「東京と世界」開催期間:2019 4/17 wed -21 sun 時間:11時~20時※丸の内仲通りは12時~19時場所:東京・丸の内仲通り/丸ビル1階マルキューブ・3階回廊/Marunouchi Café×WIRED CAFÉ/TOKIAガレリア入場:無料主催:株式会社ほぼ日協力:三菱地所株式会社・丸の内15丁目プロジェクト

当記事はNeoLの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ