東京の絶景離島11選!日帰りで行ける島も!島旅のプロが教えるおすすめのスポットなど

じゃらんnews

2019/4/17 19:30




東京の離島には、週末や連休に意外とサクッと行けちゃう島がたくさん!日帰り可能な島も!
絶景スポットをはじめ非日常な大自然を、気軽に楽しめるのが魅力です。

今回は島旅のプロとして、離島と島旅の情報サイトを運営する島旅研究家「いづやん」氏に、島ごとの特徴や、おすすめスポット・過ごし方を教えていただきました!

記事配信:じゃらんニュース

<目次>
■東京の離島の魅力とは?
■東京の離島
・大島
・利島
・式根島
・新島
・神津島
・三宅島
・御蔵島
・八丈島
・青ヶ島
・父島
・母島


■東京の離島の魅力とは?
東京の離島は、「アクティブにも、ゆったりも過ごし方は自由自在!ここにしかない自然や食、文化を楽しめるアクセスの良い島々」とのこと!
魅力1:日帰りできる島も!手軽に大自然を楽しめる
小笠原諸島・母島乳房山からの眺望小笠原諸島・母島乳房山からの眺望
東京の離島には、伊豆諸島などアクセスのよい島が多くあります。たとえば大島なら、日帰りも可能!他の島も2~10時間の船旅で行くことができるにも関わらず、海の青さや山などの自然の雄大さは同じ都内とは思えないほどです。

渡航方法の豊富さも、他の地域の島には見られない特徴です。その時々の状況により行き方を考えることができ、一泊二日でもアクセスの良さ・多彩さから十分にレジャーを楽しむことができます。

●フェリー
浜松町の竹芝桟橋から、毎日夜22~23時に出て翌朝各島に到着します。
●ジェットフォイル(水中翼船)
大島、利島、新島、式根島、神津島への航路には、日中に3便ほどジェットフォイルが運航しています。
●飛行機
大島、三宅島、新島、神津島には、調布飛行場からプロペラ機が、八丈島には羽田空港からジェット機が就航しています。

自然は、ダイビングやシュノーケル、海水浴といったマリンレジャーがだいたいどの島でも楽しめ、釣り客が多く訪れる釣りスポットも豊富!
島なので海はもちろんですが、伊豆諸島は火山島であるため、黒々とした溶岩の大地や、うっそうとした深い森など、変化に富んだ山に登れる島もいくつかあります。ハイキングスポットとしても楽しむことが可能です。八丈島など、温泉が湧いている島もいくつかありますよ♪
魅力2:ピッチピチ!新鮮な海の幸と特産品
大島・波浮地区で食べられる寿司大島・波浮地区で食べられる寿司。島の魚を堪能できる
気になる食に関しては、やはり海の幸が最大の魅力!それらを活かした様々な料理を堪能できます。上の写真のような一般的な寿司はもちろん、ネタをヅケにした「島寿司」も伊豆諸島の名物です。

特産物として野菜や果物を生産している島もあり、お土産や料理として楽しむことも出来ます。


■東京の離島

大島
日帰り可能!火山によってできた起伏に富んだ島
大島ジェットフォイルで1時間45分、日帰りできる「火山の島」
大島の魅力はなんといってもアクセスの良さ。他の島は「頑張れば日帰りも可能」くらいですが、大島はジェットフォイルなら1時間45分で到着するので、日帰りでも余裕。

現在は穏やかですが、大島は過去何度も噴火した歴史があり、その名残をとどめる三原山に登ることができます。噴火した溶岩が流れ出してできた「裏砂漠」では、異国感あふれる独特の風景を見ることができます。
また、椿の島としても知られ、椿油などの生産も盛んです。

三原山登山とお鉢めぐり
三原山の「裏砂漠」日本で唯一の“砂漠”である、三原山の「裏砂漠」。黒っぽい溶岩礫が広がる
ハイキングルートが整備されていて、火口の展望台まで往復1時間半程度です。お鉢めぐりをして元気があればそのまま裏砂漠まで足を伸ばすと、大島を形作った火山の力が堪能できるコースとなるでしょう。
ハイキング後は、元町地区にある御神火温泉で疲れを癒やしましょう。

小説の舞台にもなったレトロな街並み「波浮(はぶ)地区」
波浮(はぶ)地区「伊豆の踊子」の舞台、ノスタルジックな風景が残る波浮(はぶ)地区
古い街並みに興味があれば、島の南西にある波浮(はぶ)地区へ。
川端康成の小説「伊豆の踊子」の舞台となった港屋旅館が「踊り子の里資料館」として保存されており、当時の様子を模した展示も楽しめます。グルメを楽しむにもおすすめのスポットです。

大島
住所/東京都大島町
アクセス/竹芝桟橋から高速ジェット船で約1時間45分・大型客船で約6時間、調布飛行場から飛行機で約25分
「大島」の詳細はこちら


利島
20万本の椿に覆われた小さな島
宮塚山ヤブツバキの木に覆われた宮塚山
海上から見ると、富士山のような綺麗な島影が望める利島は、周囲8キロで小さな島。ですが、20万本もの椿が群生し、冬の時期は島全体が花に覆われます。

また、野生のミナミハンドウイルカが棲みついているので、ドルフィンスイムを楽しめる島として知る人ぞ知る場所となっています。
宮塚山をハイキング

利島の宮塚山は標高508メートルで、気軽に登れる山です。
山全体がヤブツバキの木に覆われ、1年を通して緑の中を散策することができます。

山頂の少し手前に展望台が設置され、晴れていれば大島や伊豆半島、富士山まで見晴らすことができます。
また、段々畑のような階段状の山肌に植えられた椿の様子も、ここならではです。
ドルフィンスイム

利島のもうひとつの大きな楽しみは、ドルフィンスイム。同じ伊豆諸島の御蔵島に比べるとまだあまり知られていないスポットなので、挑戦してみては?
ドルフィンスイムドルフィンスイムの穴場スポット! 利島
住所/東京都利島村
アクセス/東京竹芝港から高速船で約2時間20分・大型客船で約9時間、調布飛行場から飛行機で約30分+ヘリで約10分
「利島」の詳細はこちら


式根島
ぐるっと散策♪温泉めぐりもできる
神引(かんびき)展望台からの絶景神引(かんびき)展望台からの絶景
周囲12キロと歩いて回れる大きさは、のんびり散策するにはもってこい!

リアス式海岸で入り組んだ海岸の景色が美しく、島のあちこちで湧いている温泉は内湯、露天とバリエーション豊か。特に、地鉈(じなた)温泉は海岸の岩場に湧く野趣あふれる温泉です。
電動アシスト自転車を借りて散策
泊海岸穏やかな入り江の泊海岸
集落で電動アシスト自転車を借りたら、夏場であれば抜群の透明度を誇る泊海岸へ。静かな入江になっており、泳ぎが得意でなくても安心です。

泳がないのであれば、神引(かんびき)展望台へ。神引山の山頂まで登れば、周囲の島々を見渡す、360度の海のパノラマが楽しめます。

集落にあるスーパー&お弁当屋さん「ファミリーストア みやとら」で「島のり弁」や名物の「たたき丸」を買って、ここで絶景ランチタイムはいかが?
地鉈温泉
地鉈(じなた)温泉地鉈(じなた)温泉。島のあちこちで温泉が湧いている
散策を楽しんだら、断崖を降りた先の海岸にある地鉈温泉へ。温泉が海水と混じり合い、潮の満ち引きでお湯加減が変わる珍しい温泉です。

打ち寄せる波を眺めながら入るお湯は格別です♪
式根島
住所/東京都新島村
アクセス/東京竹芝桟橋からジェット船で約3時間・大型船で約10時間、調布飛行場から飛行機で約35分+連絡船で約15分
「式根島」の詳細はこちら


新島
伊豆諸島では珍しい、白い砂のロングビーチ
新島白い砂浜を持つ新島。サーフィンや海水浴を楽しめる
伊豆諸島の海岸は、溶岩由来の黒っぽいものが多いのですが、ここ新島は随所に白い砂浜が。特に羽伏浦(はぶしうら)海岸は6.5キロも続く超ロングビーチ!
また波が良く、地元のみならず全国各地からサーファーが訪れ、世界大会も開催されています。

そして、島のあちこちには「モヤイ像」が。ここ新島とイタリアの島の二箇所でしか産出されないコーガ石が使われ、新島独特の景観を作っています。ちなみに、渋谷駅前にあるモヤイ像も新島産です!
サーフィン→露天風呂の王道コース

夏場であれば、海水浴がおすすめ。初心者でも楽しめるサーフスポットがあるので、ボードをレンタルしてアクティブに楽しむのも良いでしょう。

その後は、港近くにある湯の浜露天温泉へ水着のままザブン!パルテノン神殿を彷彿とさせる露天風呂では、湯船に浸かりながら海と周辺の島々を眺められます。
「新島ガラス」の手作り体験
新島ガラス新島の特産品「新島ガラス」はお土産にぴったり
島特産のコーガ石から、美しい緑色の新島ガラスが作られます。「新島ガラスアートセンター」では、手作り体験もできます。お土産にぴったり♪
新島
住所/東京都新島村
アクセス/東京竹芝桟橋からジェット船で約2時間20分・大型船で約10時間35分、調布飛行場から飛行機で約35分
「新島」の詳細はこちら


神津島
神話の舞台となった島
天上山水分けの神話の舞台となった天上山(てんじょうさん)
伊豆諸島の「水分けの神話」の中心地である神津島。その名の通り神話の舞台や水が特徴的です。
水分神話の舞台となった天上山は、島にあるとは思えない変化に富んだ景色を見せてくれる山です。神話の通り、島にも関わらず湧き水が豊富で実際に「東京の名湧水57選」に選ばれた多幸湧水が、島の人に愛されています。
多様な景色を楽しめる天上山

神津島を訪れたなら、必ず足を運びたい場所のひとつ。
最初の登りこそキツイですが、頂上部まで登ればあとはなだらかな丘陵が続きます。

灌木帯の中を歩いていたかと思えば、白い砂漠、雨が降るとハートの池が現れる不動池、眼下に広がる海など、様々な山の景色を存分に味わえます。
冒険したくなる赤崎遊歩道
赤崎遊歩道入江に木道を巡らせた赤崎遊歩道
島の北の赤崎の入江に木道を巡らせた、冒険心をそそられるスポットです。

夏場は木道から海に飛び込んだり、シュノーケリングを楽しんだり。
入江なので波がなく、安心して遊べます。ダイバーにもおすすめ。
神津島
住所/東京都神津島村
アクセス/東京竹芝桟橋からジェット船で約3時間・大型船で約10時間、調布飛行場から飛行機で約45分
「神津島」の詳細はこちら


三宅島
噴火によって形を変え続ける、火山とともに生きる島
旧阿古小中学校噴火で埋もれた旧阿古小中学校
伊豆大島と同じく、周期的に噴火を繰り返している生きた火山の島、それが三宅島です。
現在火山活動は落ち着いていますが、島の地形は今なお変わり続けており、まさに地球は生きている、ということを実感できる場所です。
火山が作り出したダイナミックな風景を見ることが出来ます。
火山の島ならではのスポット巡り

上の写真の旧阿古小中学校の校舎は、1983年の噴火で溶岩に埋もれましたが、現在は間近で見ることができます。
また、有名なミュージシャンのPV撮影も行われたことで知られる新鼻新山は、噴火活動により一夜にして誕生した場所。

2000年の噴火で埋もれた椎取神社の鳥居も見ることが出来ます。
ボルダリング体験
三宅村レクリエーションセンター手軽にボルダリング!「三宅村レクリエーションセンター」
クライミングに適した岩場が多く、近年ではボルダリングの島として有名に。
屋内施設として三宅村レクリエーションセンターが開設され、ボルダリング用の壁の他に、ロープクライミングの設備も揃えられています。

いきなり大きな壁はちょっと…ということであれば、島のクライミングクラブを立ち上げた店主が営む「カフェ691」へ。自家焙煎のコーヒーを飲みながら、小さなウォールでちょっとしたボルダリング体験ができます。
三宅島
住所/東京都三宅島
アクセス/竹芝桟橋から大型船で約6時間30分、調布飛行場から飛行機で約50分
「三宅島」の詳細はこちら


御蔵島
イルカをはじめ多様な生き物が暮らす島
御蔵島ドルフィンスイムはぜひとも体験したい
“リトル屋久島”の異名も持つ御蔵島。一番の魅力は、その森が生み出す陸と海の多様な生き物。
特に御蔵島の周りに棲み着くミナミハンドウイルカでしょう。船に乗って15分も探せばほぼ確実にイルカに逢える島として、多くの人を惹きつけています。

森には巨大なシイノキが並び、オオミズナギドリの世界有数の繁殖地となっています。
ドルフィンスイム

御蔵島の楽しみはなんといってもドルフィンスイム。島に行く前に予約は必須ですが、シュノーケルやフィンをつけて、海で野生のイルカと泳ぐ体験は絶対におすすめ。

イルカの機嫌が良ければ向こうから寄ってきてくれることもあります。
ガイドさんの案内で森を散策
御蔵島の森悠久の時を感じさせる大樹が生い茂る
山の大部分は入るにはガイドの同行が必要。知識の豊富なガイドさんと行けば御蔵島の森の魅力を知ることが出来ます。

500本近い巨樹からおすすめを紹介してくれたり、オオミズナギドリの巣穴や生態を森の中を歩きながら教えてくれることでしょう。
御蔵島
住所/東京都御蔵島村
アクセス/竹芝桟橋から大型船で約7時間25分
「御蔵島」の詳細はこちら


八丈島
多彩な自然や文化を持ち、どの季節に来ても楽しめる島
八丈富士出典:じゃらん 観光ガイド八丈富士
二つの火山を持つ八丈島は、それぞれの山の麓で異なった自然が広がっています。比較的新しい火山である八丈富士の麓には、溶岩が作り出した荒々しい景観、古い火山である三原山の麓では、深い森や温泉を堪能することができます。

流人から受け継いだ文化や郷土料理も魅力。黄八丈といった織物や八丈太鼓などの文化・芸能や、島寿司や焼酎など食も魅力です。島で採れた果物や野菜も島外に知られるようになってきています。
温泉めぐり
みはらしの湯みはらしの湯
二日間バス乗り放題・温泉入り放題のチケット「BU・S・PA(バスパ)」を購入すれば、八丈島の温泉をたっぷり楽しめます。
島ならではグルメを楽しむ
いそざき園の郷土料理ランチ刺身、海藻や野草の煮物、麦雑炊などがセットになったいそざき園の郷土料理ランチ
入浴後は、八丈島の食に舌鼓。島の郷土料理が食べられる店は、いそざき園、梁山泊などがおすすめです。明日葉、くさや、焼酎などを堪能してください♪

その他、お寿司屋さんやスーパーでは八丈島の代表的な郷土料理「島寿司」を買うことができます。
八丈島
住所/東京都八丈島
アクセス/竹芝桟橋から大型船で約10時間20分、羽田空港から約55分
「八丈島」の詳細はこちら


青ヶ島
日本で唯一「死ぬまでに見るべき絶景」に選ばれた二重カルデラの島
青ヶ島特徴的な二重カルデラの空撮写真で、一躍世界的に有名になった島
2014年にアメリカで発表された「死ぬまでに見るべき絶景13」に日本で唯一選ばれた青ヶ島。その二重カルデラの印象的な景色と、今なお続く火山の島の恵みが青ヶ島らしさといえます。
世界に誇る二重カルデラ

やはり二重カルデラの壮大さを見るのが一番のおすすめです。

集落から歩いて15分ほどでたどり着ける島の最高地点「大凸部(おおとんぶ)」は外輪山に当たる場所で、そこからは内輪山の丸山を囲むように外輪山が広がっている眺望が楽しめます。
「ひんぎゃ」を使った体験
地熱釜地熱釜で食材を蒸して食べることができる
島の火口付近では「ひんぎゃ」と呼ばれる地面から湧き上がる蒸気口を利用し、島の恵みを体験できます。
火山で熱せられた水蒸気が立ち上る「地熱釜」でじゃがいもや卵、くさやを蒸して食べてみましょう。

蒸している間、これまた湧き出る蒸気を利用した「ふれあいサウナ」で30分ほど汗を流したら、ほくほくの食べごろに♪

蒸気を利用した製塩所もあり、島内で「ひんぎゃの塩」という名前で買うことができます。この塩を蒸し上がった食材にかけて食べれば最高です!
青ヶ島
住所/東京都青ヶ島村
アクセス/まずは八丈島まで東京竹芝港から大型客船で約11時間・羽田空港から飛行機で約50分+ヘリで約20分・連絡船で約2時間30分(東京からの直行便はなし)
「青ヶ島」の詳細はこちら


父島
世界自然遺産、小笠原諸島の拠点となる島
無人島・南島1日100人しか立ち入ることのできない無人島・南島
小笠原は、かつて一度も大陸と陸続きになったことがない島で、東洋のガラパゴスとも呼ばれるほど独自の生態系が広がっており、ここでしか見られない植物、動物の宝庫です。

海の色は「ボニンブルー」と呼ばれる深い青で、通年でイルカ、冬場はザトウクジラが回遊してきます。

シュノーケリングやダイビング、シーカヤックなどのマリンレジャーも充実。また、満天の星も簡単に見られます。
ドルフィンスイム&南島上陸

野生のイルカと泳ぐ「ドルフィンスイム」と、南島上陸がセットになったツアーは、ぜひ一度体験してほしいアクティビティです。

イルカを探しながら、岩礁が立ち並ぶ場所を抜け、徒歩では行けないビーチに船をつけてお昼を食べたり、南島では新東京百景に選ばれた扇池の絶景を目に焼き付けたりと、小笠原の海の入門としてはベストといえます。
森の中の戦跡を巡るツアー
戦跡ツアー戦跡が各所に
もうひとつ、父島での変わった体験としては、戦跡ツアーがあります。

防空壕や砲台などが未だに森のなかに残っており、それを巡るガイドツアーは、ただ綺麗なだけの自然ではないことを思い出させてくれます。
父島
住所/東京都小笠原村
アクセス/竹芝桟橋から大型船で約24時間
「父島」の詳細はこちら


母島
野趣あふれる自然を体感できる島
母島乳房山の山頂からは、東崎や大崩湾などの絶景を一望
父島が比較的平らな地形なのに対し、母島は急峻な断崖や古い森も多く残り、より秘境感のある島、といえます。
小笠原諸島有人島の最高峰、乳房山を擁し、父島では見られない樹木が多く残っているため、トレッキングに向いています。

人の手が入っていない海岸もあるので、プライベートビーチ感も味わえますよ。
乳房山トレッキング

小笠原諸島有人島の最高峰・乳房山へのトレッキングは、母島の森を体験するにはうってつけです。
島唯一の集落の沖村内に登山口があり、アクセスも便利。

途中巨大なガジュマルの木や、サトウキビを煮炊きした釜、世界で母島とその属島の無人島にしか棲んでいない特別天然記念物の鳥、ハハジマメグロも見ることができるはずです。
初日の出スポットの小富士
小富士出典:じゃらん 観光ガイド 小富士
島の南へ舗装路を行くと、終点は「都道最南端」。そこから遊歩道に沿って歩き、亜熱帯特有の林を抜けるとサンゴ礁が広がる南崎にたどり着きます。

すぐそばの小富士は、一般人が立ち入れる場所としては日本で一番早く見られる初日の出スポットとして、毎年元旦に島民、観光客が大勢訪れる場所です。
母島
住所/東京都小笠原村
アクセス/まずは父島まで竹芝桟橋から大型船で約24時間、その後定期船で約2時間
「母島」の詳細はこちら
まとめ

満員電車、人込み、高層ビル・・・などの一般的な「東京都」というイメージからは想像がつかない、豊かな自然を感じられる離島。手軽に日帰りも、じっくり長期旅行も、好みにあわせて楽しみ方は様々です。“東京の楽園”に、ぜひ一度足を運んでみては?

※この記事は2019年3月時点での情報です
※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください

当記事はじゃらんnewsの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ