1万円札になる男・渋沢栄一が、三菱の創設者・岩崎弥太郎には勝てなかった“能力”とは


 政府は5年後をメドに紙幣デザインを一新し、新1万円札の肖像を渋沢栄一、新5千円札を津田梅子、新1千円札を北里柴三郎にすると発表した。

新1万円札に選ばれた渋沢栄一。一般にはなじみの薄いこの人物は、「日本近代資本主義の父」と呼ばれる。なぜか。それは、栄一が設立(もしくは設立に参加)した法人を見ればわかるだろう。

1873年 第一国立銀行(のち第一銀行、第一勧業銀行を経て、現・みずほ銀行)を設立。
1873年 王子製紙株式会社(現・王子ホールディングス)を設立。
1875年 商法講習所(現・一橋大学)の設立に参加。
1878年 東京株式取引所(現・東京証券取引所)を設立。
1879年 東京海上保険会社(現・東京海上日動火災保険株式会社)を設立。
1880年 横浜正金銀行(のち東京銀行、現・三菱UFJ銀行)創立委員長。
1881年 日本鉄道会社(のち日本国有鉄道、現・JR東日本)の設立に参加。
1885年 東京瓦斯(現・東京ガス)の設立に参加。
1886年 東京電燈(現・東京電力)の設立に参加。
1887年 帝国ホテルの設立に参加。

●勤王から幕府側へ、そして欧州渡航

渋沢栄一(1840~1931年)は、天保11年に武蔵国榛沢郡血洗島村(埼玉県深谷市)の豪農の子として生まれた。同い年の人物に、2015年のNHK大河ドラマ『花燃ゆ』で重要な登場人物であった長州藩の久坂玄瑞がおり、1つ年上に高杉晋作、1つ年下に伊藤博文がいる。

当時の若者がそうであったように、渋沢栄一も尊皇攘夷運動に感化され、栄一は数人で高崎城乗っ取りを企てるのだが、同志が捕縛されたことにより攘夷運動をあきらめる。そして、江戸遊学で知り合った一橋徳川家家臣の推挙で、同家の家臣となる。勤王から幕府側に急展開。イデオロギーもクソもあったものではない。ところが、これが栄一の運命を大きく変えていく。

1866年に一橋徳川家の当主・徳川慶喜(よしのぶ)が征夷大将軍に就任。渋沢は幕臣に取り立てられるのだ。しかも、翌1867年に開催されたパリ万国博に、将軍の名代として慶喜の実弟・徳川昭武が派遣されると、栄一は昭武に随行して使節団に加わり、欧州各地を視察することとなった。ここでの経験が、のちに「日本近代資本主義の父」と呼ばれる素地をつくったのだろう。欧州のすぐれたインフラ基盤を体験した栄一は、この便利な生活を日本でも実現したいと思ったに違いない。

●徳川家臣から政府高官、そして会社製造マシーンへ

ちなみに1867年は慶応3年、翌1868年が明治元年である。栄一が1868年に帰国すると、彼を派遣した江戸幕府は潰れていた。意外に知られていないが、大政奉還の後、徳川将軍家は静岡藩70万石の殿様に格落ちとなった。将軍・慶喜は謹慎して、養子の徳川家達(いえさと)が藩主となったが、当時はまだ満5歳の幼児だった。

栄一は静岡で慶喜に面会してそのまま同地にとどまり、静岡藩に出仕した。そして、「商法会所」という半官半民の企業を設立し、大きな利益を上げる。その手腕が明治政府に認められ、栄一は、大蔵省(現・財務省)の有力者・井上馨の補佐(大蔵大丞)に抜擢される。だが、1873年に政府内部の意見対立により、栄一は井上馨と共に退官する。

栄一は大蔵省在任中に手がけていた国立銀行条例を実行し、同年に日本初の銀行である第一国立銀行(のち第一銀行、第一勧業銀行を経て、現・みずほ銀行)を設立(国立銀行というのは、ナショナル・バンクの邦訳で、国立という意味ではない)。1873年にはその総監役に就任する。そして冒頭に述べたように、王子製紙、東京海上保険、東京株式取引所などを次々と設立していくのである。

●財閥には大成せず

このように、渋沢栄一は数多くの企業設立に参与したが、それら企業間には資本的な関係が希薄で、財閥のような固まりにはならなかった。つまり、栄一は次々と企業を創ってはいったが、それらの株式を押さえて「渋沢家の家業」にはしなかったのである。

渋沢栄一研究家の島田昌和氏は、渋沢の株式所有行動について「まずいくつかの会社を軌道に乗せて配当を行い、自身はその会社の株式を一部売却して、その資金を新たな会社の設立資金にしていった」と指摘している。つまり栄一は、ひとつの企業の株式を保有し続けて支配下に置くことをせず、株式を売却して支配を放棄し、そのカネで新たな企業を設立するための原資としたのだ。

おそらく、栄一は若かりし20代の頃に見た、欧州の近代的なインフラを日本にも創り出そうと思ったのだろう。それはいち企業を支配下に置くことよりも、きっと楽しいことだったに違いない。

●三菱の岩崎弥太郎とは合わなかった

栄一はのちに「わしがもし一身一家の富むことばかりを考えたら、三井や岩崎にも負けなかったろうよ。これは負け惜しみではないぞ」と子どもたちに語ったという逸話が残っている。ここでいう「岩崎」とは、いわずと知れた三菱財閥の創業者・岩崎弥太郎である。明治初年の経済界の大物といえば、渋沢栄一と岩崎弥太郎だった。しかし、2人はあまり仲がよくなかった、というか意見が合わなかったらしい。

弥太郎は、「三菱会社は、たまたま名称も体裁も会社のようにしているが、多くの出資を集めるために会社形式を採ったわけではない。その実態は岩崎家単独の事業であるから、事業に関する判断や従業員の人事などはすべて、社長・岩崎弥太郎の決裁を仰ぐように」と宣言した人物である。

一方の栄一は「合本(がっぽん)主義」の権化で、多くの人々から資本を集めることによって企業を設立する、株式会社形態をもっとも有効活用した人物だった。栄一は、古河財閥の古河市兵衛、大倉財閥の大倉喜八郎、浅野財閥の浅野総一郎などとも親しく、彼らを支援したり、共同して企業を設立したりしている。

ただし、弥太郎と栄一が意気投合して、いずれかの方向にしか尽力しなかったら、日本の産業界はもっと遅れていただろう。
(文/菊地浩之)

●菊地浩之(きくち・ひろゆき)
1963年、北海道札幌市に生まれる。小学6年生の時に「系図マニア」となり、勉強そっちのけで系図に没頭。1982年に國學院大學経済学部に進学、歴史系サークルに入り浸る。1986年に同大同学部を卒業、ソフトウェア会社に入社。2005年、『企業集団の形成と解体』で國學院大學から経済学博士号を授与される。著者に、『日本の15大財閥 現代企業のルーツをひもとく』(平凡社新書、2009年)、『徳川家臣団の謎』(角川選書、2016年)、『三井・三菱・住友・芙蓉・三和・一勧 日本の六大企業集団』(角川選書、2017年)など多数。

当記事はビジネスジャーナルの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ