マツコ、初の女子高生役で制服ショット披露&心境吐露「精一杯かわいく…」

E-TALENTBANK

2019/4/17 21:10


新商品『ヤマサ 鮮度生活 絹しょうゆ減塩』の新テレビCM“マツコのお弁当”篇(15秒)が4月17日(水)から放送された。

【写真】マツコ、女子高生姿のオフショットも公開

本CMキャラクターには、マツコ・デラックスが起用され、CMで初となる女子高生役を演じている。鉄板皿にのった、しかもマツコのサイズに合わせたかなり大きなおろしハンバーグをお弁当に持ってくるという、女子高生のお昼ご飯をコミカルに描いたCM。おろしハンバーグにかける『ヤマサ 鮮度生活 絹しょうゆ減塩』もボトルごと持参するということで、商品の印象を強く訴求している。エキストラには現役の女子高生も交え、現実離れしているけれども、どこかリアリティがあって、女子高生の昼休みが垣間見えるCMともなっている。

撮影は3月下旬に東京近郊のスタジオで行われた。千葉県出身のマツコは小学生の頃、社会科見学でヤマサ醤油の銚子工場に行ったことがあり、お土産でもらったヤマサの卓上びんを長く使っていたエピソードを明かし、なごやかな雰囲気になったところで、撮影はスタート。女子高生役を演じることについてマツコは「40すぎのおっさんだから限界はある、(私を起用したことを)後悔してない?がんばって、いつもよりは精一杯かわいくしてみたんだけど」と気遣っていたが、制服姿にスタッフは「かわいい!」と声を上げていた。

当記事はE-TALENTBANKの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ