櫻井翔「ガチガチに緊張した嵐が…」 紅白初出場を振り返り感慨


アイドルグループ・櫻井翔が17日、東京・渋谷のNHKで行われた同局の特番『総決算! 平成紅白歌合戦』(4月29日 第1部19:30~20:55 第2部22:00~23:30)の囲み取材に、歌手の北島三郎と松田聖子とともに出席した。

平成の30年間の『NHK紅白歌合戦』を振り返る同番組。櫻井は第1部「感動! 30年間の名歌唱名場面決定版」の司会を務め、この第1部では、平成の紅白を代表する3組のアーティスト、嵐、北島三郎、松田聖子が集結し、感動の思い出や今だから話せるエピソードを語る。

櫻井は「私は昭和57年生まれで、昭和生まれですが、平成元年になったときが小学校1年生。物心ついたすべてが平成なので、紅白を締めくくる番組の司会のお話をいただいたときは本当に驚きました」とオファーを受けたときの心境を明かし、「北島さん、松田さん、そして嵐としてもご一緒できることをうれしく光栄に思っています」とコメント。

取材は収録前に行われたが、司会の櫻井は映像を事前に確認したとのこと。「嵐として初めて出させていただいたのが2009年。初登場でガチガチに緊張した嵐が、大先輩の北島さんに“紅白とは”と聞いているシーンがあって、ここからご一緒させていただいてるんだなとグッとくるものがありました」と初出場時の北島との思い出を感慨深げに振り返り、松田との思い出については「聖子さんは、2011年に『上を向いて歩こう』を歌われたシーンがとても印象的でした」と話した。

そして、平成30年間の紅白が自分にとってどんなものだったか聞かれると、「最初の10年はジャニーズ事務所に入る前だったので、視聴者として見ている番組でした。次の10年はジャニーズ事務所に入り、到底届かない憧れの舞台。最後の10年となる最初のタイミングで紅白に出させていただいて、以来お招きいただいている。毎年お声がけいただくたびに夢の舞台、1年間頑張ってきてやっと出られる舞台というのは変わらない」と、3つの段階に分けて説明。

さらに、昨年白組司会を務め、「その年にデビューしたような方から、北島さんのような長く第一線で活躍されている方々…これだけ幅の広い番組はないと痛感した」と言い、新時代“令和”に向けて「憧れの夢の舞台であると同時に、デビューしたばかりの方にもチャンスのきっかけがあるような番組であってほしい」と思いを語った。

なお、第2部「涙! 感動! ハプニング! 全部まとめて平成紅白伝説」では、「紅白でしか見られないスペシャルステージ」の名場面やハプニング集を紹介。平成最後の紅白で総合司会を務めた内村光良が司会を務め、平成で4回ウラトークのMCを務めたバナナマンも出演する。

左から櫻井翔、北島三郎、松田聖子

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ