ヒカキンに意外な過去 あの世界的アスリートの練習パートナーを務めていた

 人気ユーチューバーのHIKAKIN(ヒカキン・29)が17日放送の日本テレビ「衝撃のアノ人に会ってみた!」(水曜後7・00)に出演。お笑いコンビ「霜降り明星」の2人がヒカキン宅を訪問し、トークを繰り広げた。

 トップユーチューバーとして、日本中の子どもたちのあこがれの的となっているヒカキン。実は意外なトップアスリートと接点があったという。

 その人の名は高梨沙羅(22)。スキージャンプのワールドカップでシーズン個人総合優勝4回を誇る世界的プレイヤーだが、実は高梨が子供の頃、練習相手を務めていた頃があったという。ジャンプ競技では、相手の腹部を支えて飛行態勢をとるイメージトレーニングをするが、ヒカキンいわく「沙羅ちゃんを持ち上げていた」そうだ。

 「そしたらあんなビッグになっちゃった」と感慨深げなヒカキン。それを聞いた「霜降り明星」せいや(26)は「(沙羅ちゃん、ヒカキンさん)お互いにでしょ」とツッコんだ。

 ヒカキンは高校までスキーのジャンプ競技をやっており、全国で8位に入るほど。「小中学の頃の夢はオリンピックに出たい」と考えるくらいに情熱を傾けていた。ちなみに高梨と一緒になったのは「北海道の選手と合同で合宿していた時」。ヒカキンが中学生で高梨が小学校1年生の頃だったという。

 ヒカキンはノルディック複合にもチャレンジ。夕方からの部活で20km走るトレーニングを行うなど「青春のすべてをスキーに捧げていた」とういう。

 世間のイメージ的にはどうしても軽そうに見えるヒカキンだが、意外にもバリバリのスポーツマンだったのだ。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ