やっちゃダメ…! 女性200人に聞いた「失敗したダイエット」4つ

ananweb

2019/4/17 19:50

ようやく暖かくなってきたこの時期。今まで隠れていた、二の腕や太ももが気になるのではないでしょうか。そこで今回は、美意識の高い20~30代女性が集まるアンアン総研200人のみなさんに、ダイエットの失敗エピソードや体型維持の秘訣を教えてもらいました。
文・harako

【アンアン総研リサーチ】

■ 82%がダイエットを経験

本題に入る前に、ダイエットに関する2つの質問をしたところ……。

■ Q. 体型維持のために、何か工夫をしたことはありますか?

・ある(82%)・ない(9%)・どちらとも言えない(9%)

■ Q. 今まで試したことがあるダイエット方法はどんな内容ですか?

第1位 運動や筋トレ、ストレッチなど 38%第2位 食餌制限、低カロリー食品 36%第3位 エステや美容外科に通う 7%第4位 断食、ファスティング 5%第5位 酵素やシェイクなどで置き換える 2%

その他 12%※その他のコメントには、「上記の選択肢のもの、全て試した」(22歳・大学生)、「毎日、湯舟につかる」(24歳・会社員)などがありました。

運動や筋トレ、食餌制限を筆頭に、8割の女性がダイエットの経験があることがわかりました。なかには、できることは全て試した!とストイックな声も。果たして、効率よく痩せるにはどこに気をつけたら良いのでしょうか。

■ 失敗したダイエット4つ

反面教師にしたい、続かないダイエットはこちら。

■ 1.トレーニング

「筋トレ。一回休んだらダメだった」(31歳・自営業)「パーソナルトレーニング。運動が元々大嫌いなので、行くのも嫌になりあっという間にやめた」(31歳・専門職)

■ 2.食餌制限

「グルテンフリーダイエット。ラーメンが食べたくなり、すぐ断念」(31歳・会社員)「炭水化物を抜くダイエットは無理だった。ご飯も麺も好き…」(29歳・会社員)

■ 3.ファスティング

「ファスティング。2日酵素だけを取るファスティングをやろうと思ったら、2日目の朝貧血みたいになり倒れてしまった」(31歳・専門職)「ファスティングは辛すぎて発狂するレベルだった」(32歳・自由業)「ファスティングしても、ずっと食べることを考えてしまうし、次の日の開放感ですごい食べちゃう」(34歳・自由業)

■ 4.同じものだけ食べる

「置き換えダイエット。どうしても飽きるし続かない」(29歳・公務員)「りんごダイエットなど、一つのものだけ食べるのは飽きてしまい続けられなかった」(32歳・会社員)

ダイエットが続かない理由には共通点がありますね。「これをやらないと太る」と、“義務”のような感覚になってしまうと、失敗する可能性大です。

■ 成功したダイエット4つ

うまくいくダイエットには、コツがある……!?

■ 1.ひとつに絞らず組み合わせて!

「週3ジム、食べものは気持ち程度に制限(特に夜)、痩身エステに通った」(32歳・経営者)「ヨガ、ご飯を食べるようにする、朝フルーツでデトックス、この3つ!」(32歳・公務員)「加圧トレーニングの後に水泳、高タンパクを意識した」(32歳・デザイン、クリエイティブ関連)

■ 2.目的や仲間を作って楽しむ!

「ランニングの大会に出ていたら自然と引きしまるようになった」(32歳・専門職)「『結婚式までに』など期限が決まっているダイエットは本気度があがるので成功しやすい」(32歳・公務員)「夫とジムに通っているので、筋トレで引き締まってきた」(29歳・公務員)

■ 3.小さな生活習慣を見直す!

「飲み会もほぼ行かず仕事をしまくったら、食生活が規則正しくなって痩せた(やろうと思ってやったというより、気づいたら痩せていた)」(24歳・会社員)「レコーディングダイエット。どの食べ物がどのくらいカロリーがあるのか把握できるので、食生活の改善になった」(30歳・会社員)

■ 4.自分だけのルールを決めて!

「夜に炭水化物を抜くようにしたら、スルスルと痩せた」(22歳・大学生)「肉や野菜は食べても炭水化物は少なめ、昼は何でも食べてOK、夜は低カロリーなものあればOKという、逃げ道のあるマイルールを作ったこと」(30歳・公務員)「寝る前10回だけ腹筋するのを続ける、デザートはやめないけど飲み物でジュースは飲まない、など自分に合う方法でゆるく続ける」(24歳・会社員)

失敗したダイエットに比べてどうでしょう。ハードルを高くしないことや、仲間を見つけて楽しみながらやることなど、“義務”から“趣味”のように習慣化できれば自然と痩せることができそうですね。

■ 「これならできそう」を見つけよう!

美意識の高い女性は、どこからダイエット情報を得ているのでしょうか。

■ ・専門家に聞く

「ランニングのコーチ。現状に合った栄養の摂取方法を教えてくれるので」(32歳・自由業)「ヨガのインストラクターの食生活」(30歳・会社員)

■ ・SNSで検索

「ダイエット系のインスタ記事」(31歳・会社員)「TwitterでRTされる記事」(22歳・大学生)「インスタのダイエットアカウント」(24歳・公務員)

■ ・雑誌やテレビ

「主婦向けの番組では難しいことやつらすぎることを特集しないので始めやすいものが多い」(32歳・会社員)「雑誌の特集記事」(23歳・公務員)

■ ・クチコミ

「友達」(31歳・専門職)「友達に直接聞いて選ぶ」(27歳・自由業)

現状とかけ離れた理想像を描くより、すぐに取り入れられそうな小さな習慣から探すのがダイエット成功のカギです。ぜひ、露出が増える時期に備えて情報を集めてみてくださいね♪

(C)Voyagerix/Gettyimages(C)Oksana_Bondar/Gettyimages(C)mihailomilovanovic/Gettyimages(C)Vasyl Dolmatov/Gettyimages

当記事はananwebの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ