元カレと友達ぶる女は薄情者!?指原莉乃も納得の「元交際相手への接触禁止」ルール

AbemaTIMES

2019/4/17 18:00

 HKT48の指原莉乃と、お笑いコンビブラックマヨネーズの小杉竜一、吉田敬がMCを務める『指原莉乃&ブラマヨの恋するサイテー男総選挙』#97(毎週火曜よる9時~)が4月16日、AbemaTV(アベマTV)にて放送。同番組は女性が幸せな恋愛をするために、ゆがんだ恋愛観を持つサイテー男たちから極悪非道なエピソードを聞き出して教訓にしていくトークバラエティ番組だ。

今回番組にはサイテー男5人&ヤリテー女5人が集結。『恋愛の新ルールを決めよう』のコーナーでは、『古い価値観を見直し新しい考え方で恋愛の新ルールを決めよう』というコンセプトの元、サイテー男&ヤリテー女がそれぞれ独自のルールをプレゼン。指原と小杉が採用or却下を判定していく。
 芸人・山田愛実(TEAM BANANA)が提唱するのは『元交際相手への接触禁止』というルール。男性が元カノに会いたがる理由は『ヤりたい』、女性が元カレに会いたい理由は『寂しい』であると定義付け、「元交際相手への接触は悪い事しか起こらない」と主張した。また、山田は「別れた元カレを『友達だから大切にしたい』と訴える女性に限って女友達のピンチは救わない」と声を大にする。

このルールに対して、スタジオの見解はバラバラに。元ホスト・京は「元カノに会っちゃダメってなるんだったら、付き合わずにヌルッとした関係を保つ男が増えそう」と危惧するいっぽう、「付き合う時はマジと思ってもらえるかもしれない」とも語った。また、バーテンダー・池上亮は「ダメと言われるとやりたくなる」とルールの制定が逆効果になるのではないかと語る。しかし吉田は「これ、破ったら死刑ですよ」とルール違反に重罰を科し、スタジオをざわつかせた。VRガール・マルキドはかつてラッパーの彼氏に元カノとの接触を禁じていたらしく、「付き合っていた時に出た新曲を聞いたら、それが元カノの曲だった」という。マルキドは「禁止にされると気になるのかな」と池上の説を支持し、「会うより曲の方がイヤ」と複雑な心境を語った。
 これらを受け、指原と小杉が下した判定は両者ともに『採用』!指原は「今から国でやるべき。ほんとに嫌だ」と新ルールを強く支持し、「政党のリーダーばりに怒ってる」と小杉からツッコミを受けた。

(c)AbemaTV
【Abemaビデオで無料配信中】ヤリテー女参戦!H前の告白NG!?

当記事はAbemaTIMESの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ