シャマラン監督「ミスター・ガラス」の特別予告編解禁

鬼才M.ナイト・シャマラン監督が、「アンブレイカブル」の“その後”を描いた衝撃のサスペンス・スリラー「ミスター・ガラス」。4月17日より先行デジタル配信がスタート、24日にはブルーレイ+DVDセット(4,000円/税別)が発売となるが、このたび新たな特別予告編映像が解禁となった。

今回解禁された映像は、今までの予告編映像では明かされていなかった、主人公の“ミスター・ガラス”の人物像に迫る内容。

精神分析医によって、フィラデルフィアのとある施設に3人の特殊な能力を持つ男が集められ、“禁断の研究”が始まる。彼らの共通点はひとつ―自分が人間を超える存在だと信じていること。非凡なIQと、生涯で94回骨折した壊れやすい肉体を持つ“ミスター・ガラス”。決して壊れない不死身の肉体と、悪を感知する能力を持つデヴィッド。そして“潔癖症の青年”“9歳の少年”“女性人格”などの24もの人格を抱え、現れた人格によって体型や体質まで驚異的に変化する多重人格者のケヴィンだ。

主人公は、過去に起こした自身の犯罪行為を誇らしげに告白し、自分はスーパーヴィランの“ミスター・ガラス”だと宣言して以来、ずっと施設に収容されている。車椅子生活を送るが、監禁されているほとんどの時間は秘められた能力を抑えるため、大量の鎮静剤を処されて過ごしているのだった。

“ミスター・ガラス”ことイライジャ・プライスを演じたのは、「アベンジャーズ」シリーズや「スター・ウォーズ」シリーズで大活躍のサミュエル・L.ジャクソン。「イライジャは今でも計算高く、今でもとても注意深く、今でも強い。ただ彼は隔離されているけど、そのおかげで彼には自分の見解やプランをまとめて、自分の信じていることを今まで以上に深く掘り下げることができているんだ」と、自身の役どころを分析。一見、不自由そうに見える“ミスター・ガラス”が考える、とんでもない策略とは?

ブルーレイには、本編には収まりきらなかった貴重な未公開シーン(デジタル配信[購入]にも一部収録)をはじめ、シャマラン監督が語る製作秘話なども収録。「アンブレイカブル」から「ミスター・ガラス」へ、18年の時を超えて秘かに存在し続けた、シャマラン監督の罠、そして最後に明らかになる驚くべき“真実”とは?――。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ