キアヌ・リーブスが出禁に! 主演シリーズ最新作『ジョン・ウィック:パラベラム』の日本公開が決定

SPICE

2019/4/17 15:30


キアヌ・リーブス主演の映画『ジョン・ウィック』シリーズ最新作『ジョン・ウィック:パラベラム』が10月に日本で公開されることが決定した。

関連記事:キアヌ・リーブス&チャド・スタエルスキ監督インタビュー ウォシャウスキー兄弟から学んだ“意味のあるこだわり”とは

『ジョン・ウィック』は、キアヌ・リーブス演じる殺し屋ジョン・ウィックの死闘を描くアクション映画シリーズ。銃による射撃と近接格闘術をミックスしたアクション“ガン・フー”や、個性豊かな殺し屋たちが登場する独特の世界観で人気となり、2015年の『ジョン・ウィック』はスマッシュヒット。2017年の続編『ジョン・ウィック:チャプター2』は、全米でオープニング8日間で1作目の2倍以上の成績(約3千万ドル=約30億円)を上げ、トータル興収約4.6千万ドル(46億円)のヒットを記録した。


「殺し屋を始末する殺し屋」「1本の鉛筆で3人を瞬殺した」など、数々の伝説を持つ殺し屋ジョン・ウィック。1作目では、亡き妻の残した愛犬の命を奪ったロシアンマフィアを崩壊させ、2作目では我が家を爆破したイタリアンマフィアを壊滅。3作目となる『ジョン・ウィック:パラベラム』では、殺し屋ギルド“コンチネンタル・ホテル”の「館内で殺しを行ってはいけない」という掟を破り、ホテルの利用を禁じられたジョン・ウィックが窮地に追い込まれる姿が描かれる。解禁されたビジュアルも、「伝説(キアヌ)。遂に、出禁。」とのコピーが印象的。なお、キアヌの言葉によれば、タイトルの「パラベラム」は、ラテン語の格言「Si vis pacem, para bellum(汝平和を欲さば、戦への備えをせよ)」から引用したもの。

前2作に引き続きメガホンをとったのは、チャド・スタエルスキ監督。『マトリックス』などに参加し、スタントチーム・87Elevenを率いてハリウッドのアクションの最前線に立ち続けてきた人物だ。キャストでは、イアン・マクシェーン、ローレンス・フィッシュバーンらが前作から出演することに加え、新たに、ジョン・ウィックとの過去の因縁を持つ謎の女・ソフィア役でハル・ベリーの参加が決定。そのほか、暗殺者・ゼロ役で『クライング フリーマン』『ブラック・ダイヤモンド』や海外ドラマ『Hawaii Five-0』『エージェント・オブ・シールド』で知られるマーク・ダカスコスも出演している。

『ジョン・ウィック:パラベラム』は、2019年10月全国ロードショー。

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ