深田恭子×大野いと “可愛いジュース”映えショットに「メナード姉妹」の声

深田恭子(36)と大野いと(23)は同じホリプロの先輩後輩で、どちらもメナード化粧品のCMキャラクターを務めている。大野いとが4月16日にインスタで「可愛いジュースと愛しいきょんちゃんと。ダブルで嬉しい気持ちに」とその2人がカラフルなドリンクを前にするインスタ映えショットを投稿してフォロワーを喜ばせた。

「こんなに綺麗な美女が二人揃うことはなかなかないでしょう!!」と反響があるなか、やはり「メナードの二人 可愛い」、「メナードコンビ最高!」、「メナード姉妹」、「まさに『美人姉妹』! メナードさん、素敵なCMなのが良く分かります」という声が多い。

ただ、大野いとが「この日もたくさんお話できて幸せでした」というように充実した時間を過ごすなか、深田恭子はいろいろと思うところがあったようである。

深田もインスタに「久々のいとちゃん しばらく会えてなかったのですがあっという間に大人になっておねえちゃんは眩しいです」とツーショットを投稿している。

すると彼女は大野とのデートを振り返りながら、「最近周りが若い方だらけのことが多く一緒にはしゃいでしまうけど、自分の年齢を考えると現実逃避したくなる時があります笑」「もう!! こうなったら素敵で魅力溢れる大人になりたいと今更決意を固めた今日この頃でした」と胸のうちを明かすのだった。

「#でもどうしたらいいのかな笑 #時間かかりそう… #皆様はどんな大人に憧れますか」という彼女に、フォロワーから「唯一無二のステキな大人である深田恭子さん! 本当に憧れています そのままでいてください」、「年齢はただの数字です 楽しいことは楽しい! 好きなものは好き! いい大人だから…とか考えずに自分の感性を大事に過ごしていけたら♪と思います」などのコメントが寄せられている。

1996年に『第21回ホリプロタレントスカウトキャラバン』でグランプリを受賞して、翌年にはドラマ『海峡』で女優デビュー、さらにその翌年はアイドルユニット「HiP」に参加と活躍が続き、今もなお“深キョン”の愛称で親しまれる人気ぶりだ。そんな深田恭子もこのように悩むとは意外だが、その姿勢こそ魅力を維持する秘訣なのかもしれない。

画像は『大野いと 2019年4月16日付Instagram「可愛いジュースと愛しいきょんちゃんと。」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ