鈴木奈々、みちょぱがバストの悩み告白 意外な事実判明に有吉興奮「聞いてないよ」

しらべぇ

2019/4/17 12:30




女性のあいだで囁かれる「美」や「若さ」に関する噂を検証・調査するバラエティ番組『レディース有吉』(フジテレビ系)。

「バスト」をテーマにした16日放送回で、みちょぱこと池田美優や鈴木奈々が自身のバストへの悩みや衝撃事実を吐露。司会の有吉弘行らを興奮させた。

■減胸が人気


豊満でグラマラスなバストが支持されてきた時代を経て、ハリウッドセレブのあいだでバストサイズを縮める手術「減胸」が流行するなど、美バストの定義が変わりつつある昨今。

番組では、エステやその道の達人によるバストアップやケア方法を紹介。鎖骨の中央からバストトップを繋いだ線が「正三角形」の軌跡を描く「ハンサムバスト」を目指す手段を探る。

■鈴木の悩み


Aカップで「乳首が長くて離れてきた。明るいところでは旦那に見せられない」と悩む鈴木は、モデルたちのバストアップを成功させてきたエステに潜入。

激しいマッサージでは痛みに悶絶、「メスを使わない豊胸」ともいわれる光豊胸も経験し120分の施術を終える。

施術前はトップ70.5㎝、アンダー65.5㎝だったものの、施術後はトップ74㎝、アンダー65㎝に。明らかにふっくらと盛り上がり、自身も揺れを楽しめるサイズになり一時的ではあるがBカップへの豊胸に成功した。

■みちょぱは大きくなりすぎて…


歪だった三角形がハンサムバストの指標である正三角形に近づいたことに「限りなく自信が持てた」と喜ぶ鈴木。施術後、別の現場で「胸が大きくなった」と指摘されたと明かすと、有吉は「そんなセクハラな現場ある?」と困惑。

スタジオではハライチ・澤部佑が「今日、ちょっと大きいなって思った」と直視しつつ感想を述べると、鈴木は「やめてよ」と女の顔を見せながら照れた。

バストアップの実感について語った鈴木は流れで、みちょぱのバストが「貧乳のイメージがあったけど大きくなった」と明かすと、有吉は「ちょっと何それ、話が違うじゃない」と興奮気味に食いつく。

ここ2~3年で急に大きくなったというみちょぱだが、目立つとモデル業の妨げになるため「小さくなりたい、減胸手術できるならしたい。セクシーにみられるのがイヤ」と、鈴木とは逆に大きなことに悩んでいると語った。

■視聴者も興奮


大きさだけでなく、形や色など、女性にとって悩みが尽きないバストの話題に切り込んだ同番組。鈴木やみちょぱらの赤裸々な告白に、視聴者からは大きな反響が起きている。









■胸を手術したいのは…


しらべぇ編集部で全国20~60代の女性676名を対象に「整形するならどこをしたい?」という調査を実施。多くは「したくない」と回答しているなか、4%が「胸」の手術を希望していた。



鈴木やみちょぱは胸に強いコンプレックスがあったように、理想のバストとの違いに悩む人は多い。それでも手術するほどでもなく、エステやケアで充分と感じている人が大半なのかもしれない。

・合わせて読みたい→高橋真麻が「バストのカップ数」を告白 気さくなコメントにも反響

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2016年6月24日~2016年6月27日
対象:全国20代~60代の女性676名(有効回答数)

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ