NAOTO、MANDYら所属・HONEST BOYZ(R)が『名探偵ピカチュウ』世界版EDに


5人組ヒップホップグループHONEST BOYZ(R)が、ハリウッド実写映画『名探偵ピカチュウ』(5月3日 日本先行公開)のエンディングソングを担当することが16日、わかった。

同作は2016年に任天堂より発売された、同名のニンテンドー3DS用ゲームソフトをベースに、ハリウッドが映画化。人間とポケモンが共存する街・ライムシティを舞台に、青年ティム(ジャスティス・スミス)が、かつてティムの父親でハリーの相棒だった自称”名探偵”のピカチュウ(ライアン・レイノルズ)とともに、失踪したハリーを探しに大事件へと立ち向かうミステリーアドベンチャーとなる。

HONEST BOYZ(R)は、VERBAL(m-flo、TERIYAKI BOYZ、PKCZ)、NAOTO(EXILE、三代目J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE)、NIGO(TERIYAKI BOYZ)、MANDY(EXILE、GENERATIONS from EXILE TRIBE)、SWAY(DOBERMAN INFINITY)によるユニットで、エンディングソングに起用されるのは、同グループの新曲「ELECTRICITY featuring Lil Uzi Vert」。ビヨンセやアリアナ・グランデなどを手掛け、グラミー賞11冠の米アーティスト ファレル・ウィリアムスがプロデュースした。さらに、全米チャート1位の米・ラッパー、リル・ウージー・ヴァートも客演で参加する。

今作の起用に、同作のプロデューサーを務めるケール・ボーイターは「VERBALから今回のHONEST BOYZ(R)とファレルのコラボについて聞いたとき、映画との繋がりを即座に感じた。なぜなら彼らもまた、日本から世界へと乗り込んでいる、才能溢れるフュージョングループで、私たちの映画にとってもHONEST BOYZ (R)のもつワールドワイドなオーディエンスへリーチする、素晴らしい取り組みになると思う」と、期待を寄せた。

ハリウッド映画デビューとなる今作は、日本のみならず、欧米、アジア、アフリカなど、世界各国で配給される”オリジナル版”での起用。リリースも海外メジャーレーベルからの配信を予定しており、今作が事実上の世界デビューとなる。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ