寝ている最中は至福のときだけど… 若者が昼寝したことを後悔する理由とは

しらべぇ

2019/4/17 11:00

(maroke/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)
夜にしっかり寝ていても、疲れなどから昼寝したくなるときがあるだろう。ただ昼寝中は気持ちがいが、大切な休日を無駄にしてしまうなどのデメリットもある。

■「昼寝を後悔」は約2割


しらべぇ編集部では全国10~60代の男女1,732名を対象に、「昼寝について」の調査を実施。



「昼寝をした日は後悔してしまう」と答えた人は、全体で21.2%だった。

■休みの日は遊びに行きたいのに…


性年代別では、若い世代が比較的高い割合になっている。



若い頃は、休みの日にも予定を入れたいのだろう。

「昼寝できるのは、基本的に会社が休みな日だけ。でもやっぱり休みの日は遊びに行くなどして、有効的に使いたい。そんな大切な休日を昼寝で台無しにしてしまうと、ものすごく残念な気持ちと罪悪感にさいなまれる」(20代・女性)

■休みの日は体力温存


年を重ねると、若い頃と比べて体力もなくなる。休みの日も出かけずに、家にいたいと考える人も増えるのだ。

「休みの日に出かけると疲れが取れないままになるので、土日のどちらかはなにも予定を入れないまったくのオフにしている。

その日は昼寝するなど、できるだけ体力を消耗せずに体を休めるだけ。もったいないとも思うけれど、年を取ると若い頃とは体力も違うのだから仕方ない」(40代・男性)

■昼寝でパフォーマンスアップ


近年、昼寝を推奨する会社が増えている。適度な睡眠により、仕事のパフォーマンスが向上すると言われているのだ。

「休みの日に資格の勉強をするけれど、1時間くらい昼寝の時間を設けている。がっつり打ち込むより、昼寝を挟んだほうが集中できている感じ。

ただ、たまに疲れているのか、昼寝のつもりが夕方頃まで寝てしまって…。そんなときにはさすがに後悔する」(30代・男性)

短時間の昼寝は、パフォーマンスの向上につながる。しかし長時間寝てしまうと夜に眠れなくなってしまうので、注意しておいたほうがいいだろう。

・合わせて読みたい→昼寝から起きてびっくり! 夕方なのに朝と間違え出勤準備をする人たち

(文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2019年3月22日~2019年3月27日
対象:全国10代~60代の男女1,732名(有効回答数)

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ