黒髪は「美しさのバロメータ」とも 30代男性は染めた髪を戻したい人が多い?

しらべぇ

2019/4/17 10:30

(itakayuki/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)
「髪は烏の濡れ羽色」「みどりの黒髪」など、美しい髪を褒める言葉があるように、昔から日本人は黒髪を好んでいた。今では茶髪や金髪など、ヘアカラーの発達もあり、染めたことのない人のほうが少ないようにも思われる。

しかし、髪の毛の傷みや、年齢、環境など弊害が出てくる場合も。茶髪から黒髪に戻したいと思う人はいるのだろうか。

■黒髪に戻したい人はわずか2割弱


そこで、しらべぇ編集部が、全国10~60代の現在髪を染めている男女637名を対象に調査したところ、「黒髪に戻したいと思う」人は、全体の16.5%。ほとんどの人が茶髪のままでいいと思っているようだ。



男女別では、男性は25.2%、女性は14.2%と、11ポイントの差がひらいた。もしかしたら、男性のほうが社会に出た後、髪の色に厳しく言われるなど、理由があるのかもしれない。

■30代男性は黒髪に戻したい人の割合が高め


さらに男女年齢別で見ても、「戻したいと思う」と答えた人は、全体的に男性の割合が高めで、とりわけ30 代男性は32.0%と高ポイント。



昨今では、女性にはおしゃれの一環として、茶髪をはじめ色々な髪色が容認されているように思えるが、男性は茶髪だとまだまだ「チャラい」「遊んでいそう」と見られがちだ。30代は会社の都合もありそうだが、そういったことも影響しているのかもしれない。

■容姿に自信のある人は素の髪色で勝負したい?


一方、容姿に自信がある人で「戻したい」人は、26.0%。自信がない人は15.2%と、自信がある人のほう11ポイント近くも高いことが判明。



髪色というのは、その人の印象を大きく左右するもの。茶色であれば、顔の色を明るく見せたり垢抜けることも。しかし黒髪だと素の美しさが問われる部分もあるように思う。そのため容姿に自信がある人のほうが、黒髪に戻したいという回答が多かったのかも。

現代では、様々な髪色を試せる状況の人も多い。それならば、自分にあった髪色を楽しみたいものだ。

・合わせて読みたい→やっぱり黒髪が一番? 「似合っていれば何色でもいいでしょ」と反論も

(文/しらべぇ編集部・ヨザワ マイ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2019年3月22日~2019年3月27日
対象:全国10~60代の現在髪を染めている男女637名 (有効回答数)

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ