好みの濃さの麦茶が10秒で作れる!? アレンジレシピも楽々な「濃縮タイプ」登場

しらべぇ

2019/4/16 10:00




だんだん気温が上がってくると、飲みたくなるのが冷たーい麦茶。ペットボトルで買うのは手軽でいいけれど、お金がかかってしまう。でも家で作るとなると時間と手間がかかる…そんな悩める人にぴったりな商品がサントリーから登場したのだ。

■こんな小さな缶が…


それが、この180g缶。



いやいやいや、180gとか一瞬で飲んじゃうでしょ! と思うなかれ、これは濃縮タイプなのだ。



1リットル~2リットルの水と混ぜるだけで、好みの濃さの麦茶が作れてしまう。



容器に缶の中身を全て入れて、好きな量の水で薄めるだけ!



ベットボトルと比べて場所を取らないため、家に常備しておけば「今すぐ麦茶が飲みたい!!」瞬間に美味しい麦茶が飲めるようになる。



濃いめも薄めも思いのままなので、「気持ち濃いかな?」の量から少しずつ味見をしつつ水を足していくのがおすすめだ。もちろん普通に麦茶を作るのもいいのだが、「濃縮」タイプだからこその使い方も。

(1)そのまま凍らせて水筒へ


缶からそのまま製氷皿に入れ、冷凍庫へ。



たったそれだけで「濃縮麦茶の氷」が出来上がり!



あとは水筒やコップなど、飲みたい時に水と一緒にぽいっと入れるだけ。



使い切れなかったり、1回分づつに分けたい…という時はこれが便利。残っているからと缶のまま凍らせてしまうと、破裂する恐れがあるのでNGだ。

(2)麦茶ラテ


マグカップに濃縮麦茶と牛乳を適量入れるだけ。



マグカップ1杯に缶1/2~1/3と、かなり濃いめでも香ばしくておいしい。



冷たいままでもいいのだが、温めるとより「ラテ」っぽさが上がるのでおすすめだ。カフェインはとりたくない、でもラテが飲みたい時にぴったり。

(3)炭酸割り


濃縮麦茶を水で割るところ、炭酸で割るだけ。



しゅわしゅわっとした喉越しの後に、麦茶の風味が広がってくる。



ここに少しアルコールを混ぜてもいいかも。

(4)麦茶ゼリー


少し濃いめに作った麦茶に、ゼラチンを加えて冷やすだけ。



所定時間待てば、「麦茶ゼリー」の完成だ。



そのままでもほろ苦くて美味しいのだが、ここにきな粉や黒蜜、砂糖を少量かけると一気に和菓子に変身。



濃いめにできるからこそ、しっかりした味が楽しめる。

水と混ぜてすぐに美味しい麦茶が飲める「やさしい麦茶 濃縮タイプ」。濃縮だからこそアレンジも簡単なので、この夏は家に常備してみては。

・合わせて読みたい→みやぞん、ノンスタ石田らの貧乏エピソードに衝撃 「キャベツがケーキ」「麦茶パック9回使う」

(取材・文/しらべぇ編集部・たつき あつこ

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ