「学歴コンプレックスで恋愛する勇気が持てない…」救ってくれた彼とは?

女子SPA!

2019/4/16 08:47

 最近は「昔ほど学歴が重視されなくなってきた」なんて言われていますが、だからといって学歴コンプレックスを抱える人がいなくなったわけではありません。

◆最終学歴は大卒だが、いじめが原因で高校を中退

昨年秋に結婚し、現在は優しい夫とラブラブ新婚生活真っ只中の水沢綾さん(仮名・27歳/機械メンテナンス会社)ですが、彼女も以前は学歴コンプレックスで悩んでいたひとり。

「人に自分の学歴が知られるのが怖くて、大学時代も社会人になってからも自分のプライベートなことは極力話さないようにしていました」

実は、同級生からのいじめが原因で通っていた高校を中退。ただし、そこで自暴自棄にならずに高卒認定を取得して大学に進学。卒業後に今の会社に就職しています。

辛い経験をされているとはいえ、彼女が通っていた大学は上位グループに属する有名私大。いくら高校を中退していてもコンプレックスを抱くほどではないと思うのですが…。

「おっしゃる通りです。けど、以前は高校中退という過去を過剰なまでに重くとらえていたんです。うわべだけは取りつくろっていましたけど、コミュ障だったんだと思います。だから、大学時代の友達や職場の人にも中退歴があることは、ほぼ隠していて、高校時代の話題になっても適当に合わせていました」

そんな彼女ですが3年前の春、ある男性と出会います。現在の夫である直行さん(仮名)です。

◆学歴コンプレックスのせいで恋愛に踏み出す勇気が持てない

「取引先の会社の新しい担当者として紹介されたのが彼でした。そのときは運命的なものを特に感じるわけでもなかったですけど、しばらくして地元のショッピングモールで偶然彼と会ったんです。休日で私は1人で買い物していたのですが彼からお茶に誘われ、そこからプライベートで連絡を取り合うようになりました」

何度か食事やデートを重ねた後、直行さんから正式に交際を申し込まれますが、綾さんは返事を保留。このときすでに彼を好きになっていたそうですが、高校中退のことを打ち明けておらず、どうすればいいか悩んでいたといいます。

「大学時代に付き合っていた彼氏には、途中で中退歴があったことを伝えたんです。その人は交友関係が広く、あるとき私との約束より飲み会を優先させようとしたので文句を言ったら『高校中退で友達の少ないお前と違って付き合いがあるんだよ』って反論されたんです。それがすごくショックでトラウマにもなっていました。

もちろん、そんなことを決して言う人じゃないとは思いましたが、高校中退だと知ったら嫌われるんじゃないかとかネガティブなことばかり考えちゃって……」

◆意を決して打ち明けると彼にもなんと高校中退の過去が!

友達に相談しようにも親しい友人で、彼女の高校中退のことを知る相手はごくわずか。しかし、その友人から「隠し事をすると後が辛いよ。それに人はアンタが思ってるほど、中退かどうかなんて気にしないから大丈夫!」と背中を押され、秘密を打ち明けることに。

「本当はLINEで済ましたかったですけど、ちゃんと言うべきだと思って直接彼に伝えました。すると、『高校中退? 本当に?』という返事で、しまった! 引かれたと一瞬感じました。

ところが、それは私の誤解で、直後に『実はさ、俺もなんだよね』という予想外の一言。彼も私と同じで、高校中退歴があったんです」

なんと直行さんも綾さんのように高校中退後、高認を取って大学進学と同じステップ。学歴コンプレックスを理解してくれる人物としてはこれ以上ない相手です。

「まさかこんな偶然が! とは思ったけど、よくよく考えてみると高校中退者って年間5万人くらいいますし、そこまで珍しいってわけでもないんですよね。ただ、彼のおかげもあって付き合い始めてからは昔のように中退のことを気にすることはなくなりました。

まあ、彼が中退したのは素行不良という私とはまったく違う理由で、今の真面目な姿からは想像できずにビックリしましたけど(苦笑)」

長年のコンプレックスが解消できただけでなく、その相手が伴侶となるわけですから人生何があるか分からないものです。

-出会いと別れ、良くも悪くも人生激変-

<文/トシタカマサ イラスト/ただりえこ>

【トシタカマサ】

一般男女のスカッと話やトンデモエピソードが大好物で、日夜収集に励んでいる。4年前から東京と地方の二拠点生活を満喫中。

当記事は女子SPA!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ