GWに絶対行きたい!日本初ムーミンのテーマパークが楽しすぎる~!「メッツァ」で日帰りデート♪

■ムーミン&北欧の魅力が詰まったレジャー施設/メッツァ
メッツァ


「メッツァ」へは、西武鉄道・飯能駅からメッツァ行きバスに乗って約13分。バスを降りると、そこはフィンランド語で“森”という意味の「メッツァ」の名前の通り、まさにフィンランドの森のようなロケーションが広がっています。

バスを降りて湖の方へ進むと見えてくるのが、北欧雑貨や埼玉の名産品を扱うショップが入居する「マーケット棟」や「レストラン棟」などが集まる「メッツァビレッジ」です。

さらに湖畔に沿って左奥へ進んでいくと、ムーミンの物語をイメージしたテーマパーク「ムーミンバレーパーク」があります。

■2019年3月16日オープン!ムーミンのテーマパーク/ムーミンバレーパーク
ムーミンバレーパーク_ウエルカムゲート


ムーミンバレーパークのウェルカムゲートに到着!ムーミンの物語を思わせる、大きな絵本のオブジェがかわいいですよね♡来場記念に、彼と一緒に写真を撮っておきましょう。

入場料は、中学生以上が1,500円、4歳以上小学生以下は1,000円、3歳以下は無料。チケットを買ったら早速中に入りましょう!敷地内の一部アトラクションは、別料金で体験することができます。


メッツァ_林道


ムーミンの生まれ故郷、フィンランドのような湖と自然に囲まれた道は、散歩するだけでもウキウキ気分に♪自然と彼との距離も縮まりそう。


ムーミンバレーパーク_エンマの劇場


まず目に飛び込んできたのは、大きな屋外型の劇場。

こちらはムーミンの物語のエピソードの一つ、ムーミン谷が洪水に見舞われたときに流れてきた「エンマの劇場」です。1日3回、ムーミンとその仲間たちによるステージ(無料)が行われるので、お楽しみに♪


ムーミンバレーパーク_ムーミン屋敷


続いて見えてきたのは、青い壁と赤い屋根が印象的な「ムーミン屋敷」!ムーミンに詳しくない彼でも、きっとこれは見たことがあるはず。

「ムーミン屋敷」は、ガイドツアー(1人1,000円、3歳以下無料)に申し込むことで中に入ることができます。


ムーミンバレーパーク_ムーミン屋敷


「ムーミン屋敷」の内部は、地下1階から地上3階、さらに屋根裏まで、忠実に再現されています。

ムーミン一家が大好きなキャラメルが随所に置いてあったり、ご先祖様が登場したり……、物語の中に登場するエピソードが満載!


ムーミンバレーパーク_ムーミン屋敷


ガイドによるツアー形式なので、ムーミンの物語のエピソードが分からなくても大丈夫。一部の展示物は実際に触れることもできるので、彼と一緒にいろいろな仕掛けを探してみるのも楽しいはず。


ムーミンバレーパーク_ムーミン屋敷


屋敷の中には、ムーミンパパとムーミンママの寝室も。窓際には二人のラブラブな写真が飾ってあって、仲の良さを実感しちゃいますね♡


ムーミンバレーパーク_海のオーケストラ号


次は、「海のオーケストラ号」(1人1,000円、3歳以下無料)。これは、若かりし日のムーミンパパたちの冒険の世界を再現したアトラクションです。


ムーミンバレーパーク_海のオーケストラ号


体感モーフィングという技法で作られた映像の世界は、船が本当に動いているような美しい映像と仕掛けがいっぱい!思わず童心に帰って二人で夢中になってしまうこと請け合いです。


ムーミンバレーパーク_海のオーケストラ号


映像だけでなく、実際の乗り物が登場したり、風が吹いてきたりと、海を航海している気分に!途中、本物の水しぶきがかかるのでご注意を。ハンドタオルが1枚あると安心ですよ。


ムーミンバレーパーク_リトルミイのプレイスポット


「リトルミイのプレイスポット」(1人700円、3歳以下無料)では、いたずらが大好きなリトルミィの世界が思いっきり楽しめます。


ムーミンバレーパーク_リトルミイのプレイスポット


実は、リトルミィには姉妹がたくさんいること、なぜムーミン屋敷に一緒に住むことになったのか……など、知らないエピソードがあれば、さらに夢中になってしまいそう!


ムーミンバレーパーク_リトルミイのプレイスポット


リトルミィのいたずらが随所に散りばめられたストーリーも必見です。見ている側が思わず笑顔になってしまう、そんな驚きの仕掛けもあるので、ぜひ一番前の席に座って彼と楽しんでみて♪


ムーミンバレーパーク_コケムス


そろそろお腹が空いてきた……、そんなときは「コケムス」へ。こちらは、カフェ・レストラン、ショップ、ムーミン谷のジオラマのある、展示施設です。


ムーミンバレーパーク_ムーミラークソ ルオカラ


カフェ・レストランの「ムーミン谷の食堂」は、ムーミンバレーパークのメインレストラン。幻想的な夜の森でのパーティーをイメージした空間は、雰囲気たっぷり!


ムーミンバレーパーク_彗星ハンバーグ


テラス席もあり、心地よい風を感じながら、二人で食事を楽しめます。
メニューは、パスタなどしっかりしたものから、軽いデザートまで様々。オススメは、ムーミン谷の彗星のワンシーンをイメージした「彗星ハンバーグ」(写真左)。

また2階のショップ&カフェでは、トゥーティッキの帽子を思わせる「青い帽子のシトラスタルト」(写真右)などが登場。写真映えもバッチリなので、二人で撮り合って♪


ムーミンバレーパーク_コケムス


食後は、ショップへGO!ここだけの限定品など、ムーミングッズがたくさん。今日の記念に、二人でお揃いのグッズを購入してはいかが?


ムーミンバレーパーク_コケムス


「コケムス」内を歩いていると、通路の壁に、“隠れムーミン”を発見!こういった遊び心もたまりません♪


ムーミンバレーパーク_ショップ


「コケムス」を出て、パーク内に点在したショップもチェック。グッズ販売のほか、ゲームもあり、ゲームで成功すればレアなぬいぐるみをゲットできちゃいます(景品は変更になる場合あり)。ここは彼に頑張ってもらいましょう!


ムーミンバレーパーク_ヘムレンさんの遊園地


そして坂の上にある、「おさびし山エリア」へ。

自然の中で元気いっぱい遊べる、アスレチックやツリーハウス「ヘムレンさんの遊園地」などがあります。


ムーミンバレーパーク_タイクリン セイッカイルパイッカ


こちらが、この日一番のドキドキ体験!おさびし山の頂上から、宮沢湖面を往復約400メートルも滑空するジップライン「飛行おにのジップラインアドベンチャー」(1人1,500円、3歳以下無料)です。

小説『たのしいムーミン一家』に登場する“飛行おに”になって、ルビーの王様を求め、森の中や湖上で風を感じましょう!ちなみにパンツスタイルを推奨しているので、チャレンジしたい女子は服装に気をつけてくださいね。


ムーミンバレーパーク_レットゥラ


めいっぱい楽しんだら、パークの入口に戻り、カフェ・レストラン「レットゥラ」でティータイム。

白木を基調とした空間は、ほっこりとして癒しあふれる雰囲気です。


ムーミンバレーパーク_パンケーキ


こちらでは、北欧をイメージしたフォトジェニックなパンケーキを、二人で仲良くシェアしてはいかが?甘くスイートな味を楽しみながら、これまでの体験の話で盛り上ること請け合いです♪

■北欧の魅力が詰まったエリアで、一日の思い出をたどる/メッツァビレッジ
メッツァビレッジ_広場


「ムーミンバレーパーク」を大満喫したら、「メッツァビレッジ」へ。

夕暮れ時間の芝生エリアは、デートの終わりにふさわしいロマンチックな表情に。寝転べるイスがあるので、ここでまったりするのもいいですね♪


メッツァビレッジ_マーケット棟


「マーケット棟」では、雑貨から食品まで、様々な北欧のアイテムを販売。より一層、北欧の魅力を知れて、北欧好きになってしまうはず!

■まとめ
メッツァビレッジ_ムーミン屋敷


ムーミンの世界観を思い切り楽しめ、北欧の知られざるよさについて体験できる、「メッツァ」。

一日居ても飽きず、話題がいっぱいだから、デートにもピッタリ♡ぜひ今度のお休みに、二人で訪れてください。これまでにない、楽しくて新しい体験が待っていますよ!

メッツァ
住所:埼玉県飯能市宮沢湖327-6 メッツァ
定休日:不定休 ※臨時休業やメンテナンスによる一部施設の営業時間変更等については公式HPで確認を
最寄駅:飯能/東飯能

ムーミンバレーパーク
営業時間:10:00~20:00
入園料:大人(中学生以上)1,500円、子ども(4歳以上小学生以下1,000円)、3歳以下無料 ※一部有料アトラクションあり

メッツァビレッジ
営業時間:10:00~21:00 ※マーケット棟は20:00まで
入園料:無料

© Moomin Characters™

※2019年4月10日時点の情報です。価格は税込。情報、内容等は変更になる場合があります。

当記事はレッツエンジョイ東京の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ