梶浦由記×LiSA「鬼滅の刃」エンディング主題歌「from the edge」で初タッグ

アニメハック

2019/4/15 22:00

 放送中のテレビアニメ「鬼滅の刃」のエンディング主題歌が決定し、本作の劇伴を手掛ける梶浦由記とオープニング主題歌を歌うLiSAによる「FictionJunctionfeat. LiSA」の「from the edge」となることがわかった。

「鬼滅の刃」は、「週刊少年ジャンプ」(集英社刊)で連載中の吾峠呼世晴氏による同名漫画が原作。大正時代を舞台に、鬼に家族を殺された竈門(かまど)炭治郎が、鬼に変貌してしまった妹の禰豆子(ねずこ)を人間に戻すため、そして家族を殺した鬼を討つために、鬼狩りを目的とする裏の組織「鬼殺隊」に身を投じ、鬼との死闘を繰り広げる。

梶浦とLiSAのタッグは今回が初となり、アニメスタッフ側の「ひとりのアーティストがオープニング&エンディングの両方を歌うことで、映像作品としての完成度を高めたい」という熱烈なオファーによって実現したのだという。ふたりからコメントも寄せられており、梶浦は「LiSAさんの歌が主人公たちを見えない道の先へ導いてくれる、そんな曲にできればと願いながら作りました」、LiSAは「梶浦由記さんとの音楽制作はとても緊張するものでしたが、一生懸命に声を重ねさせていただきました」と、それぞれが楽曲に込めた思いを語っている。

当記事はアニメハックの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ