に、にじみ出てます! 浮気にハマってる男のバレバレLINE




浮気相手に気持ちがいっているときの男性って、「バレないようにしよう」としてもどうしても態度に出てしまうもの。浮気にハマっている男性が本命彼女に送るときにじみ出てしまうLINEについて元女探偵が見抜き方を解説します。

浮気男のバレバレLINE

先の予定に対して歯切れが悪くなる



彼氏とLINEで「○○にいきたい」「夏休み海外いこうよ」など旅行の計画を立てるなど、先の話をすることがあると思うのですが、浮気している男性はこのときに明らかに歯切れの悪い対応になります。
浮気相手への気持ちがいっているとき、彼が考えることは「本命彼女と数か月後にどうなっているか分からないから約束したくないな」ということなんです。
「GWは浮気相手と旅行にいくかも」「夏休みはあの子と過ごしたい」という気持ちが背景にあるので、本命彼女からのお誘いに対してはノリの悪い返事や誤魔化してはっきりした約束を避けようという態度になります。

返信が来ない時間が増える

女性の浮気が男性の浮気よりバレにくいのは、「こういう変化があったら怪しいよね」と雰囲気で察せられる内容を自分で考えて避けられるからなんです。その代表的なものが「アリバイ作りの上手さ」。
浮気をする女性は、浮気相手と会っている間もマメに彼氏にLINEして怪しまれないようにするズルさを持っていますが、男性はそれほど器用ではありません。
浮気相手と会っている間は、「電話に出ない」「LINEが既読にならない、返ってこない」などの怪しい空白の時間になります。そういった時間が多ければ多いほど、浮気相手と会っている時間が多い目安になるでしょう。

スタンプが増える



浮気をしているときの男性の本命に対する態度は、不機嫌になるか機嫌がよくなるかのどちらかで、全く変わらない人は稀です。とくに浮気相手と盛り上がっている時期は、「気づくと鼻歌を歌っていた」「LINEを見てニヤニヤしていた」など機嫌がよくなることが増えます。
浮気相手が使っているLINEと同じものを購入し、やり取りすることも多くなるので、「見慣れない有料スタンプが増えた」「これまで絵文字なども使わなかったのに、絵文字やハート、スタンプが増えた」などの変化があったら女性の影響の可能性が限りなく高いです。

「変だな」と思ったら世間話から見抜く

「浮気してない?」と直接聞いた場合、嘘をつけない男性は正直に話すこともありますが、多くの男性は「してないよ」と自分に不利な情報は隠そうとします。また、自分が疑われていると思うと警戒するので、その後結局どうなのか分からなくなることが多いです。
怪しいなと思ったら「来年旅行にいきたいから貯金しておかない?」「友達に彼と一緒に遊びにおいでって言われたんだけどいかない?」などの聞き方をしてみましょう。その返事に違和感を感じたら多分当たっています。でも、聞く前は「知ってどうしたいのか」を自分でもよく考えてみてからにしましょうね。

当記事は女子力アップCafe Googirlの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ