横浜流星、男子チア挑戦で撮影前に怪我も…「痛み止めで乗り切りました」


俳優の横浜流星と中尾暢樹がW主演を務める、映画『チア男子!!』(5月10日公開)の完成披露試写会が15日に都内で行われ、横浜、中尾、瀬戸利樹、岩谷翔吾、菅原健、小平大智、浅香航大、風間太樹監督、SHOCKERSが登場した。

同作は朝井リョウによる累計17万部の同名青春小説を実写映画化。朝井が大学在学中に、男子“SHOCKERS”をモデルに執筆し、漫画化、テレビアニメ化、舞台化など様々な分野で話題を集めてきた。幼い頃から柔道を続けてきた大学1年の晴希(横浜)が怪我をきっかけに柔道をやめ、親友の一馬(中尾)とともに男子チアチームの結成をめざす。

実際にSHOCKERSの指導を受け、チアに励んだキャスト陣。中尾は「3カ月ずっとみんなでやってて。年齢近かったんですけど初対面が多くて、今ではめちゃめちゃ仲良くて」と笑顔を見せた。「最後のチアを発表するシーン」が印象深かったという浅香は、「これは言おうか迷ってたけど、言った方がいいじゃん。流星がチアの撮影の予定の前日に大怪我したんですよ」と告白。どよめく観客に、横浜は「たいしたことないです」と苦笑するが、「たいしたことあったわ!」と周囲からはツッコミが入る。

浅香は「これ、(作品が)飛んだなって思ったもん。お蔵入りかなって」と振り返り、岩谷も「まじで、焦りましたね」とうなずくと、横浜は「そうだね」としみじみ。浅香は改めて「撮影日はちょっと長くなったけど、ちゃんとやれたチアのシーン」を印象深いシーンとして挙げ、横浜も「3カ月間みんなが一生懸命やったことを無駄にしたくなかったし、痛み止めをめちゃくちゃ飲んで、乗り切りました」と語った。

また、令和に入り始めたいこととしては「生活習慣を見直す」(横浜)、「車の免許がとりたい」(中尾)、「もうちょっとみんなに賢く見られたい」(瀬戸)、「筋トレ」(岩谷)、「お菓子を作れるようになりたい」(菅原)、「ダイエットを始めようかと」(小平)と、個性が出る回答に。最終的に浅香が「決めたんですけど、令和になって一発目に、映画館で見る映画は、『チア男子!!』です」とまとめていた。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ