【禁断の味】ローソンのバスチーに砂糖ぶっかけてガスバーナーで炙ったら後戻りできない美味さの食べ物になった 『バスチーブリュレ』



ああ、ウマイ。ウマイ。なんてウマイんだ、ローソンで売ってる濃厚なめらか新食感チーズケーキ「バスチー(BASCHEE)」はよォ~っ!! もはやコンビニスイーツのレベルを超えている。バカ売れしているのも当然だ。

さて、そんな超絶おいしいバスチーだが、大の甘党にして調理師免許も所持する私としては、さらなる高みへ……そう、究極至高のバスチーを作り出したいと前々から独自の研究を始めていた。そして今、ついに完成した。

究極にして禁断のバスチー『バスチーブリュレ』が!!

準備するものは、バスチーと、砂糖(グラニュー糖)と、ガスバーナーだけ。作り方も、いたって簡単。

バスチーの紙を取りまして……

皿に載せて砂糖ぶっかけて……

ガスバーナーで……

炙る!!

シュゴォォォオ!

カラメルの良い香り~~~!!

すると、すぐに……

カチカチに!

カッチカチやぞ! カッチカチやぞ!!

ナイフを入れたら……

バッキバキやぞ! バッキバキやぞ!!

どんな状態なのかというと、「カチカチの飴の板」が「まったりバスチー」の上にかぶさっている感じであり、いわゆるひとつの「ブリュレ(※フランス語で「焦がした」の意味)状態」だ。

そんなブリュレッたバスチーの味は……

っかぁ~~~っ……!!

何度食べても……

っかぁ~~~~~っっっ……!

──と、思わず叫びたくなるほどの神がかった美味さなのである。あえて食感に効果音を付けるとしたら「パリしと~(パリパリしっとり)」といった感じだろうか。

レアでもベイクドでもないチーズケーキ「バスチー」の上に「パリパリ食感」と「香ばしさ」と「ほろ苦さ」が加わるのだから、新食感&新食感で電撃的な美味さを感じるのだ。

しかし少し危険な調理法なうえ、一度でも食べたらノーマルバスチーには戻れなくなるほどの美味さということもあり、あえてオススメはしないでおく。絶対やっちゃダメだぞ!! ちなみに私はもう、戻れない。いいや、戻る気もない!

参考リンク:ローソン「バスチー ‐バスク風チーズケーキ‐」
Report:GO羽鳥
Photo:RocketNews24.

画像をもっと見る
Related Stories

当記事はロケットニュース24の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ