月にかわっておしおきよ!『 美少女戦士セーラームーン』あるある25連発

1990年代を代表する少女マンガ『美少女戦士セーラームーン』。原作コミックの連載が完結したのは1997年。すでに20年以上が経過しているのにもかかわらず、今なお多くのファンがいる作品ですよね。

セーラームーンあるある25連発

今回のあるあるは『美少女戦士セーラームーン』にありがちなことをまとめてみました。25周年企画やミュージカル化で盛り上がるセーラームーンの魅力の秘密を知ることができるかも……?

1. 自分で「美少女」と言ってしまう
たしかに美少女ですが、自分で自分のことを「美少女」と名乗ってしまう中学生。冷静に考えると……。

2. 変身シーンが長い
セーラー戦士がセーラームーンだけだったときはまだいいですが、5人揃ってから全員同時に変身すると、変身シーンだけで3分くらい尺を取っていました。毎回のことなので、録画で見るときは早送りしていたと言う人もいるのでは。

3. 変身シーンで気まずくなる食卓
変身時のカラダのシルエット、体に絡みつくリボン、レオタード姿からのセーラー服。夕飯時に食卓が微妙な空気になることも……。

4. 中学生には見えないスタイル
中学生にしては発育がよすぎ! うらやましく思っていた人も多かったのでは? 内容も徐々に大人っぽくなっていきました。

5. なぜか正体がバレない
変身前後でコスチュームが変わるだけなのに、なぜか正体はバレません。特にうさぎは特徴的な髪型で即バレしそうなのに……。

6. セーラームーンで太陽系を覚える
月がムーン、水星はマーキュリー、火星はマーズと、英単語の小テストもばっちりでした。

7. セーラームーンを見ている男子がからかわれる
変身シーンには女子でもドキドキしましたし、男子にはたまらなかったのでしょうか。

8. 敵の幹部は美形かつナルシスト
敵の幹部は美男美女揃い。やたらと自分に自信がある女王様&オレ様キャラが多かったですよね。

9. 「ルナ」と名づけられる飼い猫急増
白猫なら「アルテミス」。本当の名前は違うのに飼い猫を「ルナ」に見立てて、無理やりセーラームーンごっこに参加させた人もいたはず。

10. トラウマ最終回で号泣
初代のセーラームーンは、銀水晶の力で蘇るとはいえ、セーラー戦士が続々と死んでいくショッキングなラストシーンが。学校を休んでしまう子どもも少なくなかったそうです。

11. 大学生と中学生の恋愛に誰も疑問も抱かない
前世からの運命の2人ですからね。前世、現世、来世と長い年月で考えれば大した年の差ではありません。

12. 「今よ!セーラームーン!」
敵にトドメを刺すのは主人公の役目なのです。

13. うさぎの髪型に憧れ
髪の長さが全然足りないのに、同じお団子にして欲しいとお母さんにお願いして困らせたり。「金髪にしたい」とさらに困惑させたり。

14. 初めての料理は炊き込みご飯
まこちゃんのお弁当に入っていた炊き込みご飯のおにぎりが美味しそうでしたよね。

15. タキシード仮面の投げるバラの硬さにびっくり
地面に突き刺さっていましたよね。子ども心に「それはないだろ」とつっこみたかったです。

16. 役の取り合いで大ゲンカ
セーラームーンごっこで揉めがちな配役。みんな好きなキャラになりたすぎたんだ……!

17. 変身セットを投げて壊して泣く
せっかく買ってもらった変身セット。セーラームーンの真似をしてティアラを思い切り投げ、すぐに壊してしまった悲しい思い出。

18. 中学校の制服がセーラー服じゃなくてがっかり
セーラー服の中学校に進学する子がうらやましくて仕方ありませんでした。

19. 初恋の人はタキシード仮面様
キザな台詞やバラをくわえるシーンにときめいていましたよね。

20. みちるとはるかの関係にドキドキ
はるかの中性的な魅力には視聴者も魅了されていたはず。今でも君臨し続けるカリスマの2人です。

21. 三石琴乃の声を聞くとうさぎを思い浮かべてしまう
月野うさぎ(セーラームーン)役の声優・三石琴乃さん。『新世紀エヴァンゲリオン』では葛城ミサト役、『ドラえもん』ではのび太の母・野比玉子役を演じていました。

どのアニメを見ても、三石琴乃の声を聞くと「セーラームーンの声だ!」と反応してしまうのがセーラームーン世代。

22. レイが好きで巫女さんのアルバイトに応募
念願叶って、巫女姿でこっそり「悪霊退散!」をしたという人もいるのでは。

23. セーラー戦士の名前を覚えられない
だんだんと増えていったセーラー戦士。実はセーラー戦士の名前は5人しか知らないという人も多そうです。

24. カラオケで『ムーンライト伝説』を合唱
セーラームーン世代なら歌えない人はいませんよね。世代が違っても女子なら間違いなく盛り上がれる一曲。

25. コラボ商品をつい買ってしまう
お金を自由に使えるようになった今だからこそ、憧れのセーラームーングッズを集めてしまいます。

ほかの少女マンガにはない世界感が最高!

セーラームーンは少女マンガには珍しいバトルマンガであり、美男美女が多数登場。そして、今考えるとBLや百合の要素も。まさに唯一無二世界観を誇る伝説の作品なのです。

コミックスは全18巻と一気読みもしやすいので、まだセーラームーンを未読という女子はぜひ読んでみてください!

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ