EXILE TAKAHIROが初のちょんまげ姿 映画『3人の信長』で市原隼人&岡田義徳と共演

クランクイン!

2019/4/15 07:00

 EXILE TAKAHIRO、俳優の市原隼人と岡田義徳の3人がそれぞれキャラクターの異なった“織田信長”を演じる映画『3人の信長』が、9月20日より全国公開されることが決まった。

【写真】「TAKAHIRO(EXILE)」フォトギャラリー

本作は、3人の自称・織田信長と、主を討たれ復讐心に燃える元今川軍の侍たちとの攻防を描く時代劇エンターテインメント。永禄13年、金ヶ崎の戦いにより敗走中の信長の首を狙って廃村に潜んでいた元今川軍の蒲原氏徳たちがついに捕らえたのは、いずれも「我こそが信長」と称する3人。うち2人は影武者に間違いないが、万が一、影武者の首を討ち取ってしまっては、今川家はいい笑いものになってしまう。蒲原たちはあの手この手で本物をあぶりだそうとする。

3人の中で最も“頭がキレるかぶき者”の信長・甲を演じるのは、初の長編単独主演映画『僕に、会いたかった』に続き主演を務めるTAKAHIRO。初の時代劇映画主演にして、ちょんまげ姿を披露する。また、“うわさ通りの貫禄はあるが、ときどき天然”な信長・乙を市原、“うわさ通りのうつけ者だが、まったく読めない”信長・丙を岡田がそれぞれ演じる。

このほか、3人の信長たちに翻弄される今川軍残党の蒲原氏徳役に高嶋政宏、今川義元の元家臣・瀬名信輝役に相島一之、蒲原の家来・半兵衛役に前田公輝、信長への恨みを抱く戦国大名の妻・朽木ハル役にE‐girls/Flowerの坂東希が決まった。

メガホンを握るのは、ドラマ『ラストマネー ‐愛の値段‐』『タンブリング』、映画『HiGH&LOW』シリーズなどの脚本を手がけてきた渡辺啓。3人の信長と今川軍との攻防を喜劇的に描き、滑稽な姿を見せる新たな信長像を生み出している。

映画『3人の信長』は9月20日より全国公開。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ