平野綾「声優紅白」でトップバッター、ハルヒ劇中歌を熱唱

dwango.jp news

2019/4/14 19:58


声優の平野綾が14日、千葉・舞浜アンフィシアターで開催された「声優紅白歌合戦2019」に出場。トップバッターを飾り、涼宮ハルヒ役で出演したテレビアニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」の劇中歌『God knows...』を歌唱した。

イントロのギターが会場に流れると、約2000人集まった会場は冒頭からボルテージが一気に上昇。サイリウムはすぐさま“紅色”へと変化した。平野は黒ジャケットとパンツでクールに決め、ファンの掛け声に応えるようにしっかりと歌い上げた。

対抗する白組トップバッターは武内駿輔で、歌唱曲は『銀河鉄道999』。平成生まれの武内が、昭和の名作のテーマソングを歌うとあって会場はどよめきに包まれた。武内は自身が憧れていたという曲をハスキーボイスで聴かせた。



また、平野はコラボコーナーにて岩男潤子とともに「創聖のアクエリオン」を歌唱。異色のコラボで大いに沸かせた。

「声優紅白歌合戦」は声優による、声優ファンのための祭典。発起人はアニメ「巌窟王」のモンテ・クリスト伯爵役や「Fate」シリーズの言峰綺礼役で知られる声優の中田譲治が務める。2017年12月末、中田がツイッターで「これだけ声優さんの仕事範囲が拡っているご時世だからいっそ『声優紅白歌合戦』を作っちゃう?」と発信したことから実現に至った。今回が初開催で、紅組9人、白組9人が出場。司会は諏訪部順一と植田佳奈が務める。

(C)2018 「声優紅白歌合戦」実行委員会

当記事はdwango.jp newsの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ