渡辺麻友×小嶋陽菜×加藤玲奈 AKB48ファミリー共演にファン「1ミリも乱れのないアイドルパフォーマンス」

東京・渋谷ヒカリエで4月13日に開催されたファッション雑誌『sweet』創刊20周年記念イベント『sweet collection 2019』にて、元AKB48の小嶋陽菜、渡辺麻友及び現役メンバーの加藤玲奈によるコラボが実現した。小島がランウェイでダンサーと踊っているところにAKB48の『ハート型ウイルス』が流れ、シークレットゲストの渡辺と加藤が登場したのである。

『ハート型ウイルス』と言えば2008年10月19日に始まった『AKB48 チームA 5th Stage「恋愛禁止条例」公演』で披露されたユニット曲で、オリジナルは小嶋陽菜、大島麻衣、川崎希が歌っていた。

その後も他のメンバーによって引き継がれ、ノースリーブス(小嶋陽菜・高橋みなみ・峯岸みなみ)も『ハート型ウイルス(no3b ver.)』としてアルバム『ノースリーブス』(2011年)に収録するほどの人気曲だ。

今回のイベントを終えて、渡辺麻友が自身のTwitterで「小嶋さんとれなっちとハート型ウイルスを」とステージ衣装で並ぶスリーショットを公開したところ、「ハート型観たすぎて泣いた想像しただけで最高すぎ 赤いお衣装の麻友ちゃんかわいい」、「ね~可愛すぎ! 私も現場でまゆゆ型ウイルスにやられてしまいたかった」などの反響があった。

なかには、「凄い声援でしたね 久しぶりの共演で見ている私が緊張しましたが流石元アイドル 1ミリも乱れのないアイドルパフォーマンスでした またみたーい!」という声も寄せられている。

また、加藤玲奈も「そして小嶋さんとまゆさんと3人でハート型ウイルスを歌わせていただきました めちゃくちゃ緊張したぁぁ」とツイートしており、会場で観たファンは「とっても素敵だったよ ランウェイを自信もって歩いてる姿に嬉しくて泣きそうになりました! ハート型ウイルスも偉大な先輩たちと楽しそうに歌って踊ってる姿一生忘れないよ」と目に焼き付けたようだ。

画像は『渡辺麻友 2019年4月13日付Twitter「今日は、シークレットゲストとしてsweet collection2019に出演しました」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ