マーベルからLGBTQのヒーローが生まれるかも?

190412_mcu
Image: Alberto E. Rodriguez/Getty via Disney

現代的な多様性をどこまで採り入れるのでしょうか?

マーベル・スタジオが制作するらしい『エターナルズ』について、とある噂が囁かれています。それはマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)に初めて、同性愛者であることをオープンにしているキャラクターが登場する、というもの。

これについては誰もそうなると認めていませんし、『エターナルズ』そのものの制作も、正式に認められていません。しかしながら、最近行われた『アベンジャーズ/エンドゲーム』のイベントにて、io9がスタジオのケヴィン・ファイギ社長に噂がどこまで正しいのか? そしてファンたちは将来のマーベル映画に、LGBTQのヒーローを望んでいるのか? と尋ねてみました。

えぇ、これについて我々はずっと議論を重ねているという意味で、正しいですよ。『キャプテン・マーベル』と『ブラックパンサー』の成功をご存知ですよね。私たちは映画に聴衆の姿を反映させ、世界中の視聴者すべての人たちが、スクリーンの中に自分自身を重ねるようにして欲しいのです。そしてそれこそが、我々がずっと続けてきたことで、確実に前進するために注力することなのです

ちょっと分析してみる


なるほど、このコメントにはいろんな含みがありますね。

まずファイギ社長は、『エターナルズ』の噂について肯定も否定もしていません。ただマーベルがLGBTQの表現についてずっと話し合っていると言っているだけです。『キャプテン・マーベル』は女性の活躍を、そして『ブラックパンサー』は黒人の描きましたが……“我々がずっと続けてきたこと”については、最低でも去年までの話、社長のコメントにはいろいろと議論の余地がありそうです。

もしそれら指摘した点を乗り越えたら、それがファンたちにとって真摯な反応となり、『エターナルズ』の制作に疑問も生まれないかもしれません。

マーベルは“すべての人たちが、スクリーンの中に自分自身を重ねるようにして欲しい”という姿勢のようですが、LGBTQ層は含まれているのでしょうか? THATHASHTAGSHOW.COMがいうように、今回の噂は正しいかもしれませんし、MCUにX-MENが参加しないかも? なんて噂も含めて、フタを開けてみるまでわかりません。

制作については信憑性が高い


マーベルとディズニーは『エターナルズ』の制作を公式に認めていないものの、ほぼ確実にプロダクションに向かうようです。監督はクローイ・ジャオで、アンジェリーナ・ジョリークメイル・ナンジアニのふたりが出演するだろうといわれています。

まずは4月26日公開の『アベンジャーズ/エンドゲーム』でフェイズ3が終わったあと、何が始まるのか期待したいですね。

Source: THATHASHTAGSHOW.COM

当記事はギズモード・ジャパンの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ