アンジュルム、“公式 アッチャアッチャ応援隊”のMVに唖然「本家はこっちなんで!」

GirlsNews

2019/4/12 07:06


ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「アンジュルム」が11日、最新シングル『恋はアッチャアッチャ / 夢見た 15年』の発売記念イベントを池袋サンシャインシティ噴水広場で開催した。

1月に7期メンバーの太田遥香さんと伊勢鈴蘭を迎えたアンジュルムだが、リーダー・和田彩花さんが6月18日の日本武道館公演をもって卒業することを控え、現体制で最後のシングル。

『夢見た 15年』は2015年11月にグループを卒業した福田花音さんが作詞を手がけており、改名前のスマイレージ時代に発表された『夢見る 15歳』のオマージュが散りばめられた楽曲となっている。

インド映画のテイストを匂わせる『恋はアッチャアッチャ』は、新作MVが急きょ会場のスクリーンで公開されたが、アンジュルムのメンバーがほとんど出演していないばかりか、元の歌唱音源が使われていないという前代未聞のMV。“公式 アッチャアッチャ応援隊”として、シャ乱Qのたいせいさんや、カントリー・ガールズの山木梨沙さんらハロプロメンバーが多数登場し、B級グルメの集まる下町として知られている戸越銀座商店街をジャックした大掛かりな撮影が行われている。

メンバーの竹内朱莉さんは「なんのために作ったか判らない」と呆れ、記者から「こっちのほうがバズるかも」と言われると、「評判になるなら便乗したい。でも、本家はこっちなんで!」と訴えた。

卒業が間近に迫った和田さんは、「今は新曲のPRとツアーのことでいっぱい」とコメント。また、新メンバーの伊勢さんは新元号が自分の名前の「“レイラ”だと思った」と明かして記者らを笑わせ、「令和は自分が輝いていける時代にしたい」と誓っていた。



あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ