14 in NY Issue : Mai Noguchi

NeoL

2019/4/11 18:00



2MaiNoguchi_Pages

3MaiNoguchi_Pages

4MaiNoguchi_Pages

5MaiNoguchi_Pages

オトナになるという境界線は、公的には"20歳(もうすぐ18歳に引き下げ)"となっているけれど、もちろんその年齢になったからといって突然に精神が成熟するというわけではない。なんなら、20歳を超えてもまだオトナになりきれていな人はたくさんいるようだ。じゃあ一体”オトナ”ってなんなのか。確固とした定義は難しいけれど、自分だけの換えのきかない毎日をしっかりと歩むことの延長線上に、自分なりの答えが見つかるかもしれない。進路が少しずつ重きを増してきて、身体も気持ちも毎日少しずつ変化する14歳の頃、いま楽しく仕事したり生活している先輩たちはどんなことを考えて、どんなことをしていたんだろう。そんなファイルを作りたいと始まった「14歳」特集に、NYのクリエイターたちが登場。ファッションを学びながら、その夢と別れ、フォトグラファーとして活動するMai Noguchi。本が好きで、気に入ったものにいつまでも囲まれていたいという願望から切り抜きなどを収集し、ノートに好きなものを好きなように貼っていくコラージュとしてのアートを作っている彼女の、あの頃。

ーー14歳の時の自分を振り返って、客観的にみてどんな人物でしたか。

Mai「内気で人見知り。周りからは、何を考えているかわからないとよく言われていました」

ーー14歳の時にどんな24時間を送っていたか円グラフに描いてみていただけますか。

life

ーーでは14歳の時に考えていたことは?

think

ーー当時の思い出で、自分でもなぜかわからないけれど覚えているような些細な日常の出来事があれば教えてください。

Mai「自分の通学路ではない道を通って家に帰った時、知っている地域なのになぜか冒険をしているような気分になって、周囲のものが新鮮に見えたこと」

ーー Would you please tell us about yourself when you were 14 years old?

Mai : I was shy and quiet. People used to say that they had a hard time getting to know me.

ーーWhat did you do in those days?

life_english

ーーWhat did you think about at age 14?

think_jp

ーーPlease tell us your most memorable moment at age 14.

Mai : I decided to walk down a different street when I was going back home from school. That made me feel like I was going on an adventure even though I knew the street and the neighborhood, but somehow everything looked so different and fresh.

6MaiNoguchi_Pages

7MaiNoguchi_Pages

8MaiNoguchi_Pages

9MaiNoguchi_Pages

ーー14歳の時になりたかった職業は?

Mai「ファッションデザイナーかスタイリスト」

ーー今のご職業についた経緯は?

Mai「自分のことを理解する手段として写真を撮り始めたことがきっかけです」

ーーそのためにおこなった努力はどんなものがありますか。

Mai「とにかく続けること。諦めず努力し続けること」

ーーその職業についてよかったことと、ちょっと辛いところがあれば。

Mai「よかったことは、自分の好きなことができていることと、まだまだ知らないことや世界がいっぱいあるんだなと写真を通して感じれること。辛いことは今のところありません」

ーー14歳の時に影響を受けていたり、大好きだったものや作品、人は?

Mai「TLC, Destiny’s Child, Lauryn Hill, Backstreet Boys, Britney Spears, 矢沢あいの漫画(『ご近所物語』と『天使なんかじゃない』)、ハリー・ポッター 」

ーーいま14歳を生きている人たちに知ってもらいたい、もしくは知っていると楽になったり、役立ったり、楽しかったり、寄り添ってくれたり、道しるべになるかもしれない作品や物があれば教えてください。

Mai「ハリー・ポッターの本。想像する楽しさを教えてくれました。あと何か困難なことに立ち向かう勇気も」

ーーWhat did you want to do when you were 14 years old ?

Mai : Fashion designer or wardrobe stylist.

ーーHow did you start your carrer?

Mai : I started taking pictures because I thought it might help to figure out my own feelings. I have been really into photography since then.

ーーHow much effort did you put into your work?

Mai : I just kept shooting and making an effort to achieve my goal. I didn't give up on my dream.

ーーWhat good and bad things have happened to you?

Mai : The good thing is that I can do what I love as my job, and also I can see the world from different perspectives through photography and feel that there are still so many things I need to know. I don’t have any problems so far.

ーーWhat inspired you at age 14?

Mai : TLC, Destiny’s Child, Lauryn Hill, Backstreet Boys, Britney Spears, Ai Yazawa’s manga, especially “Neighborhood Story” and “Tenshi Nanka Ja Nai”, Harry Potter

ーーAre there anything you would recommend to the people who are 14 years old?

Mai : Harry Potter’s books. They gave me pleasure to imagine and encouraged me to face something difficult.

10MaiNoguchi_Pages

11MaiNoguchi_Pages

12MaiNoguchi_Pages

13MaiNoguchi_Pages

Mai Noguchiフォトグラファー/Photographerhttps://mai-noguchi.tumblr.com

当記事はNeoLの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ