ドイツ軍が認めたチョコレート――愛される缶の贈りもの特集

TABILABO

2019/4/11 15:00


目が覚めるほど鮮烈。1935年にベルリンで誕生したカフェイン入りチョコレートです。ショカコーラという名前は、ドイツ語で、チョコ、コーヒー、コーラを意味しています。発売当初はアスリートの栄養補給用としてオリンピックで利用されたり、第二次世界大戦時はドイツ軍の糧食として採用された歴史もあります。ビターなテイストの赤缶がオリジナルですが、甘めが好みならミルクテイストの青缶を。

かわいい色にポケットサイズ。応援の意味を込めたプレゼントに向いています。ただし、1缶のカフェインは、青缶230mg、赤缶290mg、と要注意。


カカオ、コーヒー、コーラの実を使用した、カフェイン入りのチョコレート。エネルギーチョコレートと呼ばれることも。2種類揃えて贈るとより鮮烈な印象になります。
ショカコーラ 標準小売価格 ¥648(税込)
三菱食品株式会社:03-3767-6556

おすすめ記事



»いつか全部揃えたい定番「資生堂パーラーの洋菓子シリーズ」

»北海道から届く、ミルク缶入り洗濯洗剤

»英国の老舗が作るバターとレモンとシュガーのお菓子

»ベルギー王室御用達のバタークリスプ

»ヨーロッパの王室気分を味わえるチョコレート缶「ベル・ブルー」

»銀座の名店カフェ・ユーロップのバウムクーヘン

»手のひらにフィットするオリーブオイル缶

»1964年の大ヒット商品

»金沢の老舗佃煮屋がつくるおやつ「くるみの飴煮」

»結婚のお祝いにマリアージュ フレールの紅茶缶を

»頼れるポップなドロップス

» ハートウォーミングなスペキュロス缶の物語

当記事はTABILABOの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ