『紺青の拳』とのつながりも?『名探偵コナン』歴代劇場版おすすめ5選

「おたスケ」。それはオタクのスケジュールであり、あなたのお助けとなるスケジュール。ハシビロコ流・オタクの休日スケジュール、教えます。

こんにちは!アニメ大好きライターのハシビロコです。本コラムではオタクライフを満喫したい方のお助けとなるような時間の過ごし方を、私・ハシビロコがお伝えしていきます。

2019年4月12日(金)、いよいよ公開される『名探偵コナン』の劇場版最新作『紺青の拳(フィスト)』。

2018年に大ヒットした『ゼロの執行人』をはじめとして、『名探偵コナン』劇場版は名作だらけですよね。公開が待ちきれず、休日の時間を使って歴代作品を見返していました。

そこで今回は『名探偵コナン』劇場版22作品の中から、とくにおすすめしたい5作品の萌えポイントや、『紺青の拳』との関連性を語っていきます!

『紺青の拳』より先に海外を舞台に?
『名探偵コナン ベイカー街の亡霊』(2002年)

(出典:Amazon

まずおすすめしたいのが、2002年に公開された第6作目『名探偵コナン ベイカー街の亡霊』。

今年の『紺青の拳』はコナン映画では初めて海外を舞台にした作品……ということですが、実は『ベイカー街の亡霊』ではすでに海外を舞台にしています。ただし、仮想世界の19世紀末ロンドンですが。

「ジャック・ザ・リッパー」、「ホームズ」、「モリアーティー」、「ライヘンバッハの滝」、という単語にピンときたらぜひ見ていただきたい!

また、新一の両親が出演している貴重な作品。コナンと工藤優作の、言葉を交わさなくても伝わる信頼関係にぐっと親指を立てたくなります。

★萌えポイント
17年前の作品とは思えないディテールに感嘆!

この映画の物語の鍵を握るのは、天才少年ヒロキ(CV. 折笠愛さん)が作り出した人工知能、ノアズ・アーク。

暴走したノアズ・アークはとある目的のために、50人の子どもたちを命がけのVRゲームに参加させます。その中にはコナンたち少年探偵団や蘭の姿も。

注目したいのがゲストキャラクターの子どもたち!

緒方恵美さんや斎賀みつきさんなど、少年ボイスを得意とする女性声優が集結しています。ちなみに緒方さんは2003年からアニメ版『探偵学園Q』の主人公・キュウを演じており、今見ると名探偵の夢の競演です。

現代では実用化しつつあるVRや人工知能などをいち早く扱った作品で、今見ても携帯電話の機種やネットの電話回線以外はあまり古さを感じません。ラストのノアズ・アークのセリフには、人工知能ゆえの切なさや人間の在り方など、さまざまなことを考えさせられました。

ところでコナンが作中でやっている、椅子に体育座りをして両手を口の前で合わせるあのポーズ、当時真似しませんでしたか?

京極さんの名前がこんなところにも!
『名探偵コナン 迷宮の十字路』(2003年)

(出典:Amazon

『紺青の拳』で劇場版初登場となる京極真ですが、名前だけなら歴代劇場版にも登場しています。

第7作目の『迷宮の十字路』では、蘭と園子のセリフの中に何度か「真さん」や「京極さん」という単語が!ED後に蘭が口にした「園子もいつか京極さんに会えるよ」というセリフは、2019年劇場版への伏線だったのか……!(違)

桜が美しい春の京都を舞台にしている作品なので、今の季節にもぴったり。倉木麻衣さんが歌う主題歌『Time after time ~花舞う街で~』はいまだに一番好きなコナン主題歌です。

★萌えポイント
平次と和葉の関係に悶絶!新一も出てきます!

音楽つながりでは、作中に登場する手まり歌も印象的。当時必死に覚えたので、やたらと京都の通りの名前について知識がつきました。公開から数年後、修学旅行で初めて訪れた京都はどこをめぐっても聖地だったことは言うまでもありません。

見どころは、やはり平次や和葉の幼少期。2人ともかわいすぎる。平次の初恋の相手は誰だったのか、というファンにとっては嬉しいエピソードもあります。新一と蘭の関係も、一言では語りつくせないような奥ゆかしさや、幻想的な演出が用意されていて萌え死にました。

ちなみに個人的に注目していただきたいのはラストバトルのときの白鳥警部です。戦い方がとてもかわいい。不覚にも白鳥警部にきゅんとくるのでぜひ見てください。

そして妖刀・村正が登場するので刀剣女子は盛り上がること間違いなし!安心してください、脱がないので。

キッドの美学が光る!
『名探偵コナン 探偵たちの鎮魂歌』(2006年)

(出典:Amazon

『紺青の拳』にも登場する怪盗キッドは、『名探偵コナン』の中でも初期から人気のキャラクター。劇場版にも何作か出演していますが、とくにおすすめしたいのが第10作目『探偵たちの鎮魂歌』。

ほとんど山口勝平さんのセリフはありませんが、とにかくキッドがかっこいい!「人殺しはしない」、「予告状なしに盗みはしない」などキッドの美学が堪能できます。

★萌えポイント
周りを見れば、耳をすませば……登場人物と声優が、豪華すぎる!

10作目となる記念作だったこともあり、登場キャラクターがとにかく豪華。警察も東から西まで勢ぞろいです。

とくにレアキャラ白馬探(CV. 石田彰さん)が出てくる劇場版はこれだけ。当時はキッドよりも白馬さん目当てで劇場に足を運んだように記憶しています。

声優さんに注目すると、少年探偵団の1人・円谷光彦の声が今作のみ折笠愛さんになっているのもポイント。当時大谷育江さんは休養中だったので……。折笠愛さんの声を聴くと『ベイカー街の亡霊』のヒロキを思い出して切なくなる。

そして古谷徹さんが初めて劇場版に参加した作品は、実はこの『探偵たちの鎮魂歌』!安室さん役ではありませんが。今作でコナンに「最低の人間」呼ばわりされている古谷さん。2018年には安室透として再会し、最強コンビを組むことになります。

かなりマイナーかと思われる見どころは、物語の終盤に登場するひったくり(CV. 小野坂昌也さん)。

蘭や和葉など『名探偵コナン』の女性キャラクターは腕っぷしが強いことで有名かと思います。彼女たちの技をひとりですべて受けたのが、今作のひったくりです。

これだけ豪華な面々に相手にしてもらえたので彼も本望だったことでしょう。

赤井さんと安室さんをすれ違わせるための観覧車『名探偵コナン 純黒の悪夢』(2016年)

ここからは『紺青の拳』とはあまり関係ありませんが、どうしても語りたい大好きな作品を紹介させてください。

劇場版20作目にあたる『純黒の悪夢』は赤井さんと安室さんがタッグを組んだ貴重な作品。そして安室さんのスーツ姿は今作が初登場だったはず。

推理ものというより、もはやアクション映画ですが……そこがいい。

冒頭のカーチェイスが今作の構図をすべて物語っています。黒ずくめの組織オールスターズとFBI勢と公安という豪華すぎる面々を1作で堪能できます。

★萌えポイント
謎解きというより、アクション映画!だがそれがいい。

作中で何度も登場するのが、東都水族館の二輪式観覧車。片方が時計回り、もう片方は反時計回りで稼働する独特の構造をしています。これは赤井さんと安室さんを出会わせるためにつくられたといっても過言ではないでしょう。観覧車の頂点で2人がすれ違い、そこから始まるアクションがとにかくかっこいい!この演出を考えた人に表彰状を贈りたい気持ちになります。

この観覧車、物語のラストでは黒ずくめの組織の仕業で片側が崩壊し、そのまま転がっていきます。(パンジャンドラムだと思ったヘタリアクラスタは私だけではないはず…)
被害を食い止めるためにコナンをキャッチボールする赤井さんと安室さんがどことなく楽しそうです。

個人的に大好きなセリフが赤井さんの「落ちろ」。劇場で初めて耳にしたときには鳥肌が立ちました。そして終盤の「よくやったな、坊や」。一日の終わりに聞きたいセリフナンバー1です。

ところで安室さんが黒ずくめの組織に処刑されそうになるときのセリフが2018年公開の『ゼロの執行人』への伏線のように思えて仕方ありません。

カウントダウンをするウォッカの「ゼロ」というセリフと同時にジンが「バーボン!」と言うのは反則です。

語らずとも見ればわかる。『名探偵コナン ゼロの執行人』(2018年)

昨年公開された劇場版22作目。やはりこの作品は外せないでしょう。

★萌えポイント
おそらくみなさんの方が詳しいはず。語るだけ野暮というものです。

ちょうど2019年4月26日に金曜ロードショーで放送されるので未見の方はぜひ。見れば誰もが安室さんの恋人になります。

今作で改めて安室さんの魅力に気づかされた私は、その後足を運んだ日本科学未来館の企画展「名探偵コナン 科学捜査展~真実への推理(アブダクション)~」で喫茶ポアロのボウルをお買い上げしました。

今度発売されるキャラソルの喫茶ポアロ貸し出し傘もほしい……。

『紺青の拳』ではどんな萌えポイントが……?

今回は5作品を選びましたが、他の作品を含め本当はまだまだ語りたいことだらけです。阿笠博士って実は天才なんじゃないか、とか、哀ちゃんとコナン君の関係性が好きすぎる、とか……!!

ぜひ最新作公開を機に歴代劇場版も振り返って、改めて『名探偵コナン』の世界にひたってみてはいかがでしょうか。

『紺青の拳』も萌えるシーンや燃えるシーンがたくさんあると信じています。とくに京極さんやキッドの活躍に期待!

それではみなさん、公開初日は共に楽しみましょう!!

劇場版『名探偵コナン 紺青の拳(フィスト)』あらすじ

19世紀末に海賊船と共にシンガポール近海に沈んだとされる、世界最大のブルーサファイア“紺青の拳(こんじょうのフィスト)”。

現地の富豪が回収を目論み、表舞台にその姿を現した時、マリーナベイ・サンズ近郊にて殺人事件が発生。現場には、怪盗キッドの血塗られた予告状が残されていた。そしてその頃、シンガポールで開催される空手トーナメントを観戦する為、蘭と園子は現地を訪れていた。

パスポートを持っていないので海外渡航できないコナンは留守番のはずだったが、彼を利用しようとするキッドの奇術的な方法により、強制的にシンガポールへ連れてこられてしまう。従わなければ日本に帰ることすらできないコナンは、メガネ、腕時計、服などすべて奪われ変装することに。

その正体に気づいていない蘭に名前を聞かれ、とっさに「アーサー・ヒライ」と名乗る。

キッドはある邸宅の地下金庫にブルーサファイアが眠っているという情報を得る。

いとも簡単に侵入成功したと思われたが、危険すぎる罠がキッドを待っていた。

立ちはだかったのは、400戦無敗の最強の空手家・京極真。キッドの命運は……!?

そして不吉な何かを予兆するかのように、シンガポールの象徴・マーライオンから真紅に染まった水が放出される!

公式サイト
https://www.conan-movie.jp/

(C)2019 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

WRITER

  • ハシ ビロコ
  •        

  • アニメとドイツ語とハシビロコウを愛するフリーライター。アニメ好きの両親のもとに生まれたオタク2世で、幼少期はCCさくらとガンダムSEEDを見て育った。趣味でハシビロコウブログを運営中。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ