SMAP再結成や新しい地図の地上波、ジャニーズ事務所は本当に「邪魔しない」のか?

wezzy

2019/4/10 09:25


 稲垣吾郎草なぎ剛香取慎吾による月イチ生放送番組『7.2新しい別の窓』(AbemaTV)が4月7日に放送され、「ホンネトーク」のコーナーに爆笑問題太田光と田中裕二がゲスト出演した。

爆笑問題は一昨年放送の『72時間ホンネテレビ』(AbemaTV)にも出演。特に太田光と彼らの縁は浅からぬものがあり、2010年にはSMAPのオリジナルアルバム『We are SMAP!』の収録曲である『We are SMAP!』の作詞を太田が手がけたほか、SMAP解散後の稲垣・草なぎ・香取が出演した昨年公開のオムニバス映画『クソ野郎と美しき世界』でも監督の1人として参加している。

何にでもズバズバ切り込むのが太田光の持ち味だが、『7.2新しい別の窓』でも太田は“ホンネ”を炸裂。SMAP解散後の3人の活躍ぶりについて「地上波全滅らしいけど、活躍はすごいよね」「もっと干されると思ってた?」と尋ねる場面もあった。

「こんなにお仕事させてもらえるとは思わなかった」としみじみ語る3人に、太田は「でもどうなの? 地上波とかやってっていいんじゃないの? 別にジャニーズだって邪魔なんかしないだろ?」とさらに深く突っ込む。先日、ジャニーズ事務所社長であるジャニー喜多川氏からの招待でKing & Prince(キンプリ)の舞台を観劇したという太田は、初めて対面したジャニー氏から「これからもよろしくお願いします、あの3人を」と言われたという。「でもメリーさんはどうかは知らないよ」と付け加える毒も忘れないところが、太田らしい。それを聞いた稲垣・草なぎ・香取は「ほんとですか?」と驚きつつも「嬉しいですね」と答えていた。

ただ、太田はキンプリの舞台のテーマからして「事務所間の揉め事なんて全然超えてしまうんじゃないか」と感じたという。

その後も太田は「またSMAPやるだろ? どうせ」とストレートに質問。3人は無言だったが、太田は「そんな慌てることない。時間が解決する」と、平成時代の国民的グループSMAPの再結成を信じているようだ。

中居正広木村拓哉の意味深な呼応
 明らかに理不尽な分裂をしてしまったSMAPの再結成は、ファンの悲願だろう。今年2月には、中居正広が稲垣・草なぎ・香取の3人と沖縄で密会しているのではないか、とファンの間で話題になった。中居は番組のロケで、3人はCM撮影で沖縄入りしたと見られ、SNSに目撃情報が出回り、4人が同時期に沖縄の地を踏んでいたことから、そのような噂が出回ることとなっていた。

ただ前出『7.2新しい別の窓』で、田中が「中居くんとは会っているの?」と直球の質問を投げかけると、3人の答えは「会ってないですね。テレビ見たりとか、活躍は……」と、密会説も否定するものだった。

それでも“SMAP再び”の声はまださめやらないだろう。3月は、中居と木村拓哉の意味深な呼応も見られた。

3月27日に最終回を迎えた中居の冠番組『ナカイの窓』(日本テレビ系)だが、エンディングで中居は、あからさまに意味深な言葉を述べた。

「再会を切に思うこともあります。何やってるのかなぁ、どうしてるのかな。長い長い付き合いをした仲間っていると思う」

「このメンバーだけじゃなく、僕には切に思う再会っていうね、僕にとっては、あるんです」

「僕はこの再会を切に願うために、僕の口から言うのもすごくアレですけど、そんな乾杯でもいいですか?」

「たぶん、見てると思うんですよね」

共演者の山崎弘也および陣内智則の元相方に向けた言葉だというオチをつけたものの、エンディングで流れた曲はSMAPの『オレンジ』。こういった演出から、SNS上では、中居がSMAPのメンバーたちとの“再会”を望んでいるのではないかと予想し涙するファンの声が続出した。

さらに放送終了直後に、木村拓哉がWeiboに「Yes!!!! I was so sweat」と投稿しており、中居の発言「たぶん、見てると思うんですよね」に応じたものではないかと話題になった。

中居は3月10日放送の『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)では香取の、3月29日放送の『中居正広のキンスマスペシャル』(TBS系)では草なぎの名前を出してトークを展開。SMAP解散後、テレビ局の忖度により地上波放送ではSMAPの話題はタブー視されているといわれ、事実、地上波放送では不自然なほど「SMAP」の存在はなかったかのように扱われていたが、中居の発言はカットされることなく放送された。

ちなみに3月28日深夜に最終回を迎えた稲垣の冠番組『ゴロウ・デラックス』(TBS系)でも『オレンジ』が流れ、稲垣はゲストでノンフィクション作家の沢木耕太郎氏に尋ねられ、SMAP時代について語っていた。もはやSMAPがタブーでなくなるのも時間の問題……なのだろうか。

解散から3年が経過したが、今もなおその動向が注目される“元”SMAP。太田光の言うように「ジャニーズ事務所が邪魔なんかしない」のであれば、再結成もあり得ない話ではない、というのは希望的観測が過ぎるだろうか。ジャニー氏の意向がどうであれ、ジャニーズ事務所からテレビ局への圧力や、テレビ局から事務所への忖度がこれまであったことは確かだ。くだらないしがらみでタレントたちを縛り付けるべきではない。

当記事はwezzyの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ