1964年の大ヒット商品――愛される缶の贈りもの特集

TABILABO

2019/4/9 15:00


売りに回る営業部のスタッフが奪い合うように持っていった。そんな逸話もあるのが、長崎銘菓クルス缶。これはその復刻版です。クルスは十字架という意味です。温泉街として知られる雲仙市小浜町(おばまちょう)で誕生。小浜町の名産品であった、生姜の微粉末をブレンドした爽やかな風味のホワイトチョコレートを、オリジナル生地でサンドしたお菓子です。

東京オリンピックが開催された1964年に発売され、景気の良さも後押ししてか、作ったそばから売り切れる大人気商品だったとか。

角が丸く、黄色と赤のコントラストがポップな缶。イラストは、洋画家の鈴木信太郎画伯によるもの。レトロなデザインが好きな人へのプレゼントにオススメです。イメージキャラクター「シスタークルス」の素朴な表情も魅力的です。


2014年に、クルス50周年を記念して作られた復刻版クルス缶。パリッとした小麦粉生地、ホワイトチョコレート、生姜の風味がおいしいハイカラなお菓子です。復刻缶専用のショッパー付き。
【復刻版】クルス缶 10枚入 ¥1,080(税込)
小浜食糧株式会社:0120-75-0134

Top image: (C) 2019 TABI LABO

おすすめ記事



» いつか全部揃えたい定番「資生堂パーラーの洋菓子シリーズ」

»北海道から届く、ミルク缶入り洗濯洗剤

»英国の老舗が作るバターとレモンとシュガーのお菓子

»ベルギー王室御用達のバタークリスプ

»ヨーロッパの王室気分を味わえるチョコレート缶「ベル・ブルー」

»銀座の名店カフェ・ユーロップのバウムクーヘン

»手のひらにフィットするオリーブオイル缶

» 金沢の老舗佃煮屋がつくるおやつ「くるみの飴煮」

»頼れるポップなドロップス

»結婚のお祝いにマリアージュ フレールの紅茶缶を

»ドイツ軍が認めたチョコレート

» ハートウォーミングなスペキュロス缶の物語

当記事はTABILABOの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ