志尊淳、初ベッドシーンに挑んだ主演作『潤一』携えてカンヌへ!「沢山の人へ届けたい」

7月にカンテレで放送予定の6話連続ドラマ『潤一』で主演を務める志尊淳が現地時間7日、フランス・カンヌ国際シリーズフェスティバル「CANNESERIES=Cannes International Series Festival」に参加し、ピンクカーペットに登場した。

本作は、直木賞作家・井上荒野による第11回島清恋愛文学賞受賞作「潤一」が原作。女性たちを瞬時に魅了するミステリアスな青年・潤一と、様々な背景を持った16歳から62歳までの女性たちとの刹那の愛を描いた連続短篇集を映像化したもの。主人公の潤一を演じる志尊は、「気まぐれな不良」をエロティックに演じ、本作で初のベッドシーン・オールヌードに挑戦。潤一と一瞬出会って、そして別れていく孤独な女たちを演じる女優陣たちには、藤井美菜、夏帆、江口のりこ、蒔田彩珠、伊藤万理華、そして原田美枝子と国内外で活躍する6名が集結した。

「CANNESERIES」は、連続ドラマを対象とする国際的ドラマの祭典。世界中から応募されたドラマ作品の中から選ばれた作品のみが、4月にカンヌで開催される「カンヌシリーズ」でノミネート作品として上映され、その中から作品賞・主演賞・脚本賞・音楽賞・特別賞が選出される。全世界から応募された作品の中からノミネートされた10作品が、6日間に渡りカンヌ映画祭と同じ会場で上映され、現地時間4月10日の夜に授賞式が執り行われる。

そんなカンヌからの熱烈なラブコールを受け、今回、志尊、藤井、北原栄治監督、広瀬奈々子監督、河村光庸プロデューサーが上映会に参加し、満員の観客から大きな拍手で出迎えられた。

今回、初めてカンヌを訪れた志尊は、「日本の作品として初めてカンヌシリーズに招待を受けたことを大変光栄におもいます。まさかこのような形でカンヌに来れるとは、思ってもいなかったので、今はまだ地に足がついていない感じですが、カンヌの空気を吸い、さまざまな方とふれあい、この作品を沢山の人に届けたいという気持ちが強いです」と興奮した様子で話した。

当記事はテレビドガッチの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ