ボカロエモーショナルロックの名曲。実はラブソング。「天ノ弱」の魅力を語る!

UtaTen

2019/4/7 20:01

僕から君への切ないラブソング


「天ノ弱」というタイトルからはちょっと想像しづらいかもしれませんが、実はこの曲、ラブソングです。
恋人への切ない思い、願いが詰め込まれた歌詞が聴く人の心に刺さります。

ハードロックなサウンドとはギャップがありますが、逆にその音の激しさが溢れだす感情を表現しているように思えます。
今、恋をしている人、付き合っている人、必聴の作品と言えます。

「天ノ弱」とは?





「天ノ弱」は2011年5月28日に公開されたボカロ曲です。
ボカロP、164の24作目にあたります。

ハードなギターロック調のサウンドとセンチメンタルな気持ちになる歌詞が話題になり、すぐさま人気曲の仲間入り。
2019年3月現在、ニコニコ動画では約632万再生、YouTubeでは約484万再生を記録しています。合計すると1000万再生以上!とんでもない数字ですね。

使用VOCALOIDはGUMI。
「GUMIの曲と言えば?」という質問があれば、「天ノ弱」を真っ先に答えたくなる、という方も多いでしょう。それぐらいの有名曲です。

2011年リリースのコンピレーションアルバム「EXIT TUNES PRESENTS GUMitive from Megpoid (Vocaloid)」などに収録されています。
また、曲を原作にしてノベライズ化もされています。
気になる方はぜひ調べてみてください!

 画像引用元(Amazon)

ボカロP、そしてプロミュージシャンとして人気のある作者164


では作者である164をご紹介。

山口県出身で、ボカロP、ギタリストとして活躍中。
ボカロPとしては、2008年9月に公開された「shiningray」でデビュー。
エモーショナルなロックサウンドを軸に、数多くの楽曲を発表しています。

2009年にはメジャーデビューも果たしました。
有名歌い手への楽曲提供やアニメのキャラクターソングも手がけており、プロのミュージシャンとしてその活動の幅を広げています。

2018年にはボカロPデビューから10周年という区切りで、通算8枚目のアルバム「」をリリース。
長期に渡って活躍し続けている、人気コンポーザーの1人です。



では曲の中身を見ていきましよう!まずはかっこいいロックサウンドについて!



最初に耳につくのは、やっはりがっつり歪んだギターの音色ですね。
ハードロック系の、キメ細かい音作りがされています。

作者の164はギターの種類の1つ、レスポールが好き。
それを知った上で聴いてみると確かに、中音域がふっくらとしている印象を受けます。

イントロには疾走感がありますが、Aメロに入ると急ブレーキ、ファンキーなスラップベースが聴こえてきます。
また、Bメロではおしゃれなワルツ調に変化する曲展開。そしてサビでまた、ガッ!とスピードが上がるようなアレンジ。
曲展開に緩急をつけ、飽きさせない工夫がされているのが分かります。

そんなサウンドと全体的に切ないメロディーとが合わさって、かなりエモーショナルな仕上がりですね。
細かいギターフレーズを追うと、さすがギタリスト。
ギターを最近始めた、という人にとっては良い練習になるかもしれません。特に曲の冒頭、バッキングとハンマリング、プリングが混じり合った部分です。

なぜタイトルは「天邪鬼」じゃないの?歌詞について


今度は歌詞の内容を見ていきましょう。

「天ノ弱」はラブソングです。
そしてタイトルである「天ノ弱」。「天邪鬼」の当て字ですね。

「天邪鬼」という言葉は素直じゃない人、という意味があります。
ということで「天ノ弱」は素直じゃない男の子が主人公の歌です。

「友達に戻れたら」これはすでに、友達以上の関係ということですね。
で、諦めに似た「君がそれでいいなら僕だってそれで構わないさ」という発言。
別れ話のように聞こえます。

主人公には恋人がいて、その関係が壊れそう…そんな状況が歌詞に綴られています。

「こっちの地方は」と書かれている辺り、遠距離恋愛でしょうか。
「昨日もずっと暇で一日満喫してました」おや。この曲の主人公は天邪鬼な性格でしたね。
そう考えると「別に君のことなんて考えてないさ」という言葉に説得力がありません。

それが分かっているからか「いやでもちょっと本当は考えてたかもなんて」なんて。なんて!そんなこと言って!
もう!

考えが頭の中をぐるぐる回っています。
主人公の葛藤が見えてきますね。さて、葛藤とはどういうことでしょうか。

「君に貰った愛は」「要らないよ」とあります。
おやおや。本音でしょうか。
分かりますよね。本音じゃないですよ、こんなもの。

このフレーズが最大のポイント!
「進む君と止まった僕」恋人は前に進んでいるのに自分は止まってしまっている。
これが別れ話をされた男の子の歌なら、吹っ切りたい彼女と未練が残る彼氏、という構図です。
そう考えると「縮まらない隙を何で埋めよう?」相手との距離感が感じられるような表現にも納得がいきます。

そして引き止められない自分。
思っていることとは違うことばかり言ってしまう自分。
「まだ素直に言葉に出来ない僕は 天性の弱虫さ」。

素直な言葉を言えない、天邪鬼。「天性の弱虫」つまり「天ノ弱」。
これでタイトルの回収が出来ましたね。

まっすぐな気持ちを吐き出したくても吐き出せない主人公。
それが前述した、葛藤です。
恥ずかしさからでしょうか?でもそんなことは言っていられない状況です。

好きな人が遠くに言ってしまうかもしれない。
だからこその、冒頭の「僕がずっと前から思ってる事を話そうか」です。
肝を据えて、話す決意をしたのです。

話したから、君の答えを待つよという最後の歌詞。
でも焦っているのか、すぐに「もういいかい」と聞いてしまっています。
最初からもっと素直なら…なんて思ってしまいますね。

ラブソングではありますが、歌詞を追っていくと切ないですね。
こういう恋の経験がある方もいらっしゃるのでは。
このメッセージ性が、「天ノ弱」の人気の理由のひとつです。

「天ノ弱」を歌ってみたのオススメ動画を3つご紹介!


では「天ノ弱」の歌ってみた動画のオススメを3つご紹介させて頂きます!

SymaG

Umi Kun

蛇足


使用されているVOCALIDは女性ボイスのGUMIですが、歌ってみた動画は男性が多い印象。
エモーショナルな曲調が理由かもしれませんね。

カラオケなどで挑戦する場合は、フレーズごとに歌い方を変えるような意識を持つといいかもしれません。
Aメロは抑え気味にして、サビで爆発させるような、そんなイメージ。
ちなみに姿勢を正したり、まっすぐ前を向いたり(顎を上げない)した方が、無理やり声を張り上げるよりもしっかりとした音程が取れますよ。

歌ってみただけじゃない!演奏してみたにも注目!


この曲の魅力の一つに、演奏してみた動画の多さが上げられます。
ちょっとご紹介してみましょう。

ギター:Knight D

ベース:tmsw

ドラム:フルコン


このように、演奏されている動画がたくさんアップロードされています。
楽器をやっているのであれば自分のプレイの参考になるかもしれませんよ。

また上にも書きましたが、ギター初心者の方にもオススメ!
ギターをやっていく上での基礎的な技術が身につく楽曲です!

歌詞の中身をしっかり理解すれば、自分なりの弾き方、表現の方法を思いつくかもしれませんので、ぜひもう一度、歌詞をチェックしてみてください!

▼もう一度「天ノ弱」の歌詞を読む

TEXT 荒木若干

当記事はUtaTenの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ