浅野温子の現在と昔 息子の正体に、ネット騒然!

grape

2019/4/6 10:45

女優として活躍している浅野温子(あさのあつこ)さん。

バブル時代を駆け抜けた女優として、男女問わず多くの人から支持されています。

そんな浅野温子さんの出演作や家族、新しく始めた『よみ語り』についてといったさまざまな情報をご紹介します!

浅野温子という人物 出演ドラマ

東京都に生まれた浅野温子さんは、1976年の映画『エデンの海』に出演した後、ドラマ『文子とはつ』で正式なデビューをしています。

初めて主役を演じたのは1981年公開の映画『スローなブギにしてくれ』。私生活も順調で、1983年にコピーライターである魚住勉さんと結婚しています。翌年に子供を授かりました。

浅野温子といえば『あぶない刑事』

1980年代を代表する刑事ドラマの1つ、『あぶない刑事』(日本テレビ系)で浅野温子さんは真山薫役を演じています。明るく元気で、すこしちゃっかりした役回りの真山薫を浅野温子さんは好演しました。

作中で披露される浅野温子さんのファッションも注目の的。2016年に映画『さらば あぶない刑事』が製作されるまで、30年間にわたって愛され続けるシリーズとなりました。


『W浅野』浅野ゆう子と一世を風靡

浅野温子さんの代表作としては、『抱きしめたい!』(フジテレビ系)が挙げられます。主人公の池内麻子を演じた浅野温子さんと、早川夏子役の浅野ゆう子さんの『W浅野』が話題となった作品でもありました。

浅野ゆう子さんについて詳しくは、こちらの記事をご覧ください。

浅野ゆう子は57歳で結婚! 秘密のデート相手がとんでもない人物だった

『あぶない刑事』も息の長いシリーズでしたが、1988年放送の『抱きしめたい!』も続編が4作制作されたシリーズとなりました。

浅野温子さんの活躍はこれだけにとどまらず、2000年代に入ってドラマ『沙粧妙子-最後の事件-』(フジテレビ系)や『平成夫婦茶碗~ドケチの花道~』(日本テレビ系)などの出演があります。

2018年にはトレードマークだった長い髪を切ったことをブログで報告。ボブカットの髪型を披露していました。


バブルという時代のアイコンであったこともあり、芸人のミラクルひかるさんからものまねをされることも。

『浅野温子 よみ語り』

2003年から浅野温子さんは『よみ語り』の活動を始めています。『よみ語り』とは、日本に伝わる神話・伝説といった題材の物語を、浅野温子さんが1人で朗読するというもの。

脚本家の阿村礼子さんが手がけた物語を読み上げる浅野温子さんの『よみ語り』は伊勢神宮や出雲大社といった名だたる神社をはじめ、100以上の場所で公演されています。

朗読劇『キミに贈る物語~観て聴いて・心に感じるお話集~』の公開けいこを行う浅野温子朗読劇『キミに贈る物語~観て聴いて・心に感じるお話集~』の公開けいこを行う浅野温子

浅野温子の息子はNHKのアナウンサー 魚住優

NHKの魚住優アナウンサーが、浅野温子さんの実子だったということが2018年11月15日放送の情報番組『あさイチ』(NHK)で明かされ、話題となりました。

魚住優アナウンサーは2008年にNHKに入り、岡山・盛岡を経て東京に着任しています。『あさイチ』で浅野温子さんが母親だと明かされた時にはスタジオがざわめきました。

「いまの若い子は知らないのか」 浅野温子さんの『息子』にネット民騒然

浅野温子 『ヒルナンデス!』で暴走!?

2018年4月16日に放映されたバラエティ番組『ヒルナンデス!』に出演した浅野温子さんの振る舞いが話題となりました。

番組では『酒ジュレ』を紹介。スタジオで試食することになった浅野温子さんでしたが、『酒ジュレ』をこぼしてしまうことに。

「こぼれたー」と驚く浅野温子さんに、慌てる出演者。スタジオは騒然としていました。

「こぼしたの気になって(酒ジュレの)味分かんなかった」と続けた浅野温子さんでしたが、この様子を見たネット上では次のような意見があがりました。

・大丈夫か浅野温子。

・やっぱり浅野温子は自由だ。

・浅野温子って昔からそういう人。

浅野温子さんは自身が出演する舞台『雲のむこう約束の場所』を番組内で紹介し、「若手を中心に中高年の私たちも頑張っています」と話していました。

浅野温子の現在・これから

病気のため舞台『銀河鉄道999 さよならメーテル~僕の永遠』を降板

浅野温子さんは、所属事務所から2019年3月27日に出演予定だった舞台を降板すると発表しています。舞台は『銀河鉄道999 さよならメーテル~僕の永遠』で、プロメシューム役にキャスティングされていました。

4月7日には出演したドラマ『大全力失踪』(NHK)が放映に。また4月11日にもドラマ『緊急取調室』がオンエアされます。


バブルの時代から女優としてドラマに欠かせない存在であった浅野温子さん。少しのお休みを経てからの浅野温子さんの活躍から目が離せませんね。

浅野温子プロフィール

生年月日:1961年3月4日

出身地:東京都

血液型:A型

所属事務所:生島企画室

『警視庁いきもの係』に出演した浅野温子(一番左)『警視庁いきもの係』に出演した浅野温子(一番左)

浅野温子 主な出演映画

・『エデンの海』岩井昌子 役
・『スローなブギにしてくれ』さち乃 役
・『化石の荒野』雪江千沙 役
・『陽暉楼』珠子 役
・『汚れた英雄』緒方あずさ 役
・『姉妹坂』喜多沢茜 役
・『薄化粧』地所テル子 役
・『幕末青春グラフィティ・Ronin坂本龍馬』おうの 役
・『あぶない刑事』真山薫 役
・『天と地と』乃美 役
・『赤んぼ少女』南条夕子 役
・『チェッカーズ SONG FOR U.S.A』永瀬涼子 役

浅野温子 主な出演ドラマ

・『抱きしめたい!』池内麻子 役
・『沙粧妙子-最後の事件-』沙粧妙子 役
・『平成夫婦茶碗~ドケチの花道~』金本節 役
・『警察庁特別監察官 氷の女・氷室透子』氷室透子 役
・『救急救命士・牧田さおり』牧田さおり 役
・『なるようになるさ。』長島綾 役
・『37.5℃の涙』杉崎富美子 役
・『学校のカイダン』誉田蜜子 役
・『警視庁いきもの係』田丸弘子 役
・『この世にたやすい仕事はない』正門 役
・『ハッピー・リタイアメント』樋口佳子 役
・『孤独のグルメ Season5』スーさん 役


[文・構成/grape編集部]

当記事はgrapeの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ