第3回働きたい店舗アワードを発表 従業員満足度が高いのは?

OVO

2019/4/7 06:00


 MS&Consulting(東京)は、従業員満足度(ES)が高い店舗を表彰する同社主催のイベント「第3回 働きたい店舗アワード」の結果を発表した。

「働きたい店舗アワード」は、同社が提供するソリューションの一つである従業員満足度調査「サービスチーム力診断」の診断項目のうち、従業員の定着において重要となる「働きがい」「帰属意識」「改善意識」3項目の結果をスコア化し、高スコアの組織を「働きたい店舗」として、1スターから3スターまでの3ランクに分けて表彰するもの。第3回目となる今回は、2018年1月~12月の1年間で診断を実施し、アワードにエントリーした約1万5,492店舗(施設・チーム含む)が審査対象となった。

同社では、給与や福利厚生といった待遇面だけではなく、仕事そのものに対するやりがい、上司や同僚との関係性、会社や店舗の方針への共感といった、さまざまな要素から成る従業員満足(ES)を高めていくことが、人材の定着率を高め、その結果としてサービス品質の向上、ひいては売り上げの向上につながるとの考えのもと、2011年から従業員満足度調査「サービスチーム力診断」を提供している。回を追うごとに同アワードへのエントリー数が増加。「従業員満足」を重視する意識が多くの企業に浸透しているようだ。

1位はなんと6店舗あり、「コスモ石油」の大谷地流通センターとカーケアステーションセルフ今里町、「隠れ菴 忍家」の越谷駅西口店、「鳥貴族」四谷三栄通り店、そして「熱中屋」の摂津富田LIVEと赤煉瓦通りLIVEだった。詳しいランキング結果はWebサイトを参照。

当記事はOVOの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ