見た目じゃない!男子が「女を捨ててる」と思う女子

愛カツ


「この人、男を捨ててる」という表現って、ぜんぜん一般的じゃないですよね。男はなにをしても、なにを言っても、「男を捨てている」とは揶揄されません。

がしかし、女子は大変ですよね。あらぬことをしちゃったら「この子、女を捨ててる」と陰口をたたかれてしまって。

さて、今回は男性が「この子、女を捨ててる」と思う女子の言動について、一緒に見ていきたいと思います。

髪の毛がボサボサとか、すっぴんで出勤するとか、ムダ毛の処理をしていないなど、当たり前なことではないので、少しは新鮮味をもって読んでいただけるかなと思います。

女を捨ててる

■ 女どうしで激しいケンカをしているのを見聞きした時

たとえば姉妹でケンカをして、そのケンカが兄弟におけるケンカより激しい時ってありますよね。

ケンカしてる最中に「今、彼氏から家に電話がかかってきたらヤバいな」みたいな激しいケンカ。

で、そういう時に限って、彼氏から家電に電話がかかって、母親が電話に出て、後ろでケンカしている超激しい声が彼の耳にもれなく届くと。

彼は思います。男より激しく罵り合う彼女は、「女を捨てる」を超えて、もともと男だったんじゃないのだろうか、と。

■ 権力者の側についたとき

たとえば会社で絶大な権力を持っている事業部長から栄えあるポストに抜擢された女子が、抜擢されるやいない、物言いが部長同様えらそうになった、など、権力者の側についた女子を見て「この子も女を捨てたなあ」と思う男もいます。

男が権力を握っているのだから、女が権力の側について何が悪いの?ということではありません。

男の中にも、権力が好きな人と、嫌いな人がいます。男全員が権力を愛し、権力を欲しがっているわけではないんですね。

権力が好きではない「男女」から、権力を愛する女子を見たら、「この子、とうとう女を捨てておっさんみたいになったな」と思うのです。

これは、男として、とか、女として、という話以前に、人としてどういう価値観を持っているか?どういう生き様をよしとするか?という問題でしょうね。

■ 自分よりエロい女子を見た時

あきらかに、男をとっかえひっかえエッチしている(したいと思っている)女子を見て、男は「この子、女を捨てている」と直感します。この場合の「女を捨てる」は、捨ててそうに見える、ということです。

男は自慢じゃないけど、俺のほうがエロいと思っています。つまり、女子は男より弱い性欲しか持っていないと思っています。

いえ、頭では分かっているんですよ。俺よりスケベな女子がこの世にいると。でもそれは情報として知っているだけであって、その情報に実感が追いついていないものだから、結局、男は「男の俺のほうがスケベだ、俺はどうしようもないアホ猿だ」と思っているのです。

そういう男が、自分より性欲の強い女子を見たら「女を捨てているように」見えるのです。あくまでも「そう見える」というお話ね。

■ おわりに

男って、女子のことを、常に3割増しで良く見ています。簡単に言うと、女子に憧れているのです。

だから、付き合っている彼女が彼に隠れて浮気をしたとか、ある日急に心変わりして彼を振るとかということになれば、彼は彼女のことを「汚い女」だと思います。

もともと、彼が彼女のことを「人間くさい汚いところも持っている、いわば男と似たような性質も持っているふつうの人間」と思っていれば、話は簡単なのだけど、彼は彼女に憧れている(彼女のことを美化して見ている)から、彼は激しく裏切られたと思ってしますのです。

ホント男子って、むかしから「アイドルはウ●コをしない」神話を、心のどこかで大真面目に信じているのだから困ったものです。人間誰しも出すものは出してるのにね。

「この子、男を捨ててる」も同じです。そもそも憧れという「プラスの地点」から、女子を見ているから、女子がなにかをした時「この子、女を捨ててる」と思うのであって、憧れ抜きにふつうに女子を見たら、男女ともやることなすこと、だいたい同じなんですけどね。

(ひとみしょう/作家)

(愛カツ編集部)

当記事は愛カツの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ