引退も? 松本人志、自身の今後に言及「俺もあと5年やから……」

※画像は、『ワイドナショー』公式サイトより

3月31日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)で、還暦引退を発表した森昌子の話題が取り上げられ、松本人志が「俺もあと5年。先輩方の流れを汲んでと考えると、俺もそこまで長くない」と自身の今後に言及する場面があった。

松本人志「芸能人という首輪キツい。リードも短くなって来た」

東野幸治が「60歳ってやっぱそういう(節目の)年齢……考えるもんですか?」と聞くと松本は「もちろん考えるでしょ。全然考えるんじゃない?60ってやっぱり。俺もあと5年やから」と答え、「(先輩芸人の)上岡龍太郎さん、(島田)紳助さんが60(歳)手前くらいで辞めてらっしゃるんで、俺もちょっとその流れを汲んでいる感じで。自分で勝手に思ってるんですけど、そう考えると俺もまぁそこまで長くないんじゃないかなとは思ってますよ」と告白。

これに東野が「何するかとは別にして、何となく自分の現役の?」と聞くと松本は「森さんと全然理由が違いますけどね」とし、「ただ芸能界にいてどうすか?皆さん。芸能人というこの首輪がキツくないですか?リードもどんどん短くなってきてるし」と問いかける。

「世間の目とかいう意味のリードの短さ?」という東野に松本は「前もうちょい長かったし、もうちょっと散歩も連れて行ってもらえた感じがするんですけどね。全然ノミもどんどんわいてくるし」と続け、「犬の例えもういいですか?」と笑いを誘う。

次に松本は「ちょっと最近テレビが少し変わりだしたでしょ。世帯視聴率重視じゃなくなって来たじゃないですか」と話し、「僕の中で言うと、今まで本当にやりたかったことというか、面白いことだけをもっと追及できる番組ができやすくなってるような気がするんで、そこでもうちょっとやってみようかなぁ?ってここ1~2年逆に思えた。ソレなかったら俺もうホンマにエエかなって思ってた時もあったね」と明かした。

そして「今辞めても別にテレビじゃなくてもネットとかでもできるし。それこそユーチューバーにもなれるしさぁ」と話し、「『マツサック』としてやってみようかなと」とボケてスタジオを笑わせていた。

(めるも編集部)

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ