BMW「3シリーズ」全面改良版を徹底解剖!度肝を抜く加速感&フットワークに感動


 まだ春先だというのに、自動車業界が色めき立った。というのも、1975年に誕生し、これまで6世代にわたって伝統を守り続けてきた独BMWの「3シリーズ」がフルモデルチェンジを敢行し、新たなステップを踏んで日本市場に投入されたからである。

3シリーズのこれまでの世界販売累計は1500万台以上。世界各地で愛されてきた、BMWの屋台骨である。そのため、BMWの力の入れようは半端なレベルではない。新型は基本性能を高めながらも、先進技術を余すことなく投入。世界自動車業界のベンチークの座に君臨にすべく、大幅な進化をして誕生したのだ。

基本的なフォルムは、これまでを踏襲している。デザイン細部には新しい試みが散見されるが、紛れもなく3シリーズであることは、見た瞬間にわかる。

だが、サイズは大幅に拡大した。全長が70mmも伸びた。全幅も25mm拡大。その内訳は、前後のタイヤ間の距離、つまりホイールベースは40mm延長した。左右のタイヤ間の距離、つまりトレッドはフロントが43mm、リアが21mm広がっているのだ。ちょっと前の「5シリーズ」を思わせる体格となった。

ただ、ホイールベースが長くなったことで懸念される運動性能は、悪化していない。というより、さらに磨きがかかった印象なのだ。前後に長くなった分、左右にも広がっている。それによって、ホイールベースとトレッドの比率は、1.75に抑えられている。運動性能を悪化させる懸念はない。

ボディの拡大は、ボディを構成する金属やガラスを多用することになりがちだが、3シリーズは、逆に55kg(欧州仕様設計値)のダイエットに成功しているというのだから恐れいる。

そのため、パフォーマンスも秀でている。搭載されるエンジンは2タイプ。といっても、直列4気筒2リッターツインターボの「B48B20B型」ユニットのみの設定。その1ユニットをベースに、大小のパワーに分けているのだ。

「320i」に搭載されるエンジンは、最高出力184ps、最大トルク300Nmである。一方の「330i」には、それぞれ258psと400Nmのユニットが積み込まれる。一般的にグレードの高低は、排気量の大小とイコールであることが多い。だが3シリーズは、パワーの大小で差別化を図っているのが特徴だ。

●感動するほどの加速性能

筆者が試乗したのは、「330iMスポーツ」だ。加速感は感心するほど素晴らしかった。2リッターという比較的小排気量のエンジンの欠点は、低回転トルクがか細いことである。加速したいその瞬間に、期待する加速が得られないことがある。その絶対的なトルク不足を補うために、ターボチャージャーの助けを借りる。だが絶対的なトルクは確保できても、わずかなアクセル開度でのレスポンス不足は否めない。各メーカーは必死に、大小のターボチャージャーを組み合わせたツインターボ化でしのごうともがくものの、まだ少し低回転トルク不足と反応の鈍さからは逃れられない。

だが、330iでは、そんなイライラするような加速感は霧散していた。アクセル開度の1mmが、エンジンの1Nmとして確かに反応するのだ。ピークパワーの上がり代はわずかだが、常用回転域のトルクは大幅に厚くなっているからだ。スペック表によると、それぞれピークトルクは1350rpmで達するという。交通に流れに乗っている限り、ほとんどの場合、ピークトルクに達する1350rpm付近で走行しているはずだ。つまり、いつでもどこからでもパワーゾーンなのである。感動した。

フットワークも素晴らしい。前述したように、前後重量配分は、BMW得意の「50:50」をキープしているから、コーナーリング特性は整っている。フロントノーズがアウトにはらむような見苦しいアンダーステアは皆無だ。試乗車は標準設定から2インチアップの大径タイヤを履いていたこともあり、コツコツと路面に乱れを拾う傾向にあった。乗り心地はかなり硬い。

そう、新型3シリーズはまず運動性を磨き込み、スポーツフィールをまったく犠牲していないのだ。多少乗り心地が悪化したとしても、フットワークを優先する。そんな頑固な思想を感じた。

累計1500万台を誇るBMWの主力モデルは、これからもBMWらしいスポーツ性能で勝負していくということか。

実は、3シリーズはさらにさまざまな先進的な魅力を秘めている。それはまた改めて紹介しようと思う。
(文=木下隆之/レーシングドライバー)

当記事はビジネスジャーナルの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ