【TDR】新花火「ディズニー・ライト・ザ・ナイト」がスタート! 本家ディズニーランドの名曲が夜空を彩る

ウレぴあ総研

東京ディズニーリゾートでは新しい花火「ディズニー・ライト・ザ・ナイト」が2019年3月26日よりスタートしました。

■15年ぶりの新作レギュラー花火

東京ディズニーランドと東京ディズニーシーの夜空を彩る華麗な花火。

東京ディズニーランド開園当初から公演されてきました。

様々な演目が公演されてきて、2003年からは「ディズニー・マジック・イン・ザ・スカイ」が公演されていましたが、2018年4月に35周年の「ブランニュードリーム」公演に合わせて終了。

2019年3月26日より新たに「ディズニー・ライト・ザ・ナイト」がスタートしました。

イベント期間中の特別な花火を除くレギュラー花火としては、15年ぶりの新作となります。

■新たな演出で夜空を彩る

「ディズニー・ライト・ザ・ナイト」が今までと大きく異なるのはオープニング。

「間も無く始まります」という直前アナウンスの後、スピーカーからBGMが流れ始め、そのまま開始時刻になると音楽に合わせて花火が打ち上がり始めます。

公演時刻前からBGMが流れる今までにない仕様です。

ファンファーレと共に、再びテーマソング「Live the Magic」が流れ、東京ディズニーシーのメディテレーニアンハーバーには色付きのサーチライトの演出が登場。

「Live the Magic」に続き、様々なディズニー映画の名曲とともに花火が上がります。

そして再びテーマソングに戻り、フィナーレ。

終演後にも「Live the Magic」のバラードバージョンが流れます。

■曲目リスト

Live the Magic

右から2番目の星(ピーター・パン)

きみもとべるよ! (ピーター・パン)

ユール・ビー・イン・マイ・ハート(ターザン)

リメンバー・ミー

輝く未来(塔の上のラプンツェル)

美女と野獣

Live the Magic

「ディズニー・ライト・ザ・ナイト」で使用される音楽は以上の通り。

東京ディズニーランド2020年オープンの『美女と野獣』エリア、東京ディズニーシー2022年オープンの『ピーター・パン』『塔の上のラプンツェル』エリアの音楽もたっぷりと流れます。

テーマソングは「Live the Magic」(リブ・ザ・マジック)。

カリフォルニア ディズニーランド・リゾート60周年の花火「ディズニーランド・フォーエバー」(Disneyland Forever)で使用されていた曲です。

■春に観るのがおすすめ!

「ディズニー・ライト・ザ・ナイト」は、期間が決められていないレギュラーの花火。

ただ、毎晩観られる訳ではありません。

例年、ハロウィーン期間は「ナイトハイ・ハロウィーン」、クリスマス期間は「スターブライト・クリスマス」などイベント毎の花火もあり、その期間レギュラー花火はお休み。

東京ディズニーリゾートと東京ディズニーシーのアニバーサリー期間もアニバーサリー限定の花火があり、レギュラー花火はお休み。

さらに夏のイベント期間中も花火はお休みになります。

そして、冬季の閉園時間が早い日も花火はお休み。

意外とレギュラー花火が観られる期間は少ないのです。

3月~6月がレギュラー花火を見やすい期間となります。

この期間は風向・風速も安定しており、花火が中止になりにくい期間。

東京ディズニーリゾートの1日を締めくくる新たな花火「ディズニー・ライト・ザ・ナイト」。

新たな花火をこの春に観ておきたいですね。

※公演日はショースケジュールでご確認ください

※上空の気流・強風によって中止になる場合があります

※写真はイメージです

当記事はウレぴあ総研の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ